いっこうに下がらないベンツGクラスの中古車最新事情 狙い目はこの年式 このグレードだ!


■中古車価格1000万円~

2017年11月に発売された特別仕様車「G350d designo manufaktur Edition(デジーノ マヌファクトゥーア エディション)」

この価格帯のGクラスの中古車情報はこちら!

 Gクラスの中古車は800万円以下でほぼほぼ狙えることがわかったところで、最後に魅惑の「1000万円超級の世界」を少しだけ覗いてみよう。

 1000万円超の予算を用意できるのであれば、先代Gクラスの中古車は「カッコよくて程度のいいやつが選びたい放題」という状況に変化する。

 具体的には、車両1050万円ぐらいでG350dロングやG550ロングの超低走行物件を探すことができ、車両1100万円ぐらいからは、2017年11月に発売された特別仕様車「G350d designo manufaktur Edition(デジーノ マヌファクトゥーア エディション)」というかなりステキな一台も検討対象に入ってくる。

 AMGモデルでは、600万~800万円のゾーンでは無理だった5.5L、V8ツインターボのG63 AMGロングの低走行物件が、けっこう余裕で見つかるのもこの価格帯である。

 またそのほか実際に買う人がいるかどうかはさておき、究極のオフロード性能と究極の快適性を両立させた「G550 4×4スクエアード」も、2000万~3000万円付近で探すことができるだろう。

 1000万円超で販売されている末期型先代Gクラスの良質物件、特に希少限定車やデジーノ内装などが装着された個体は、さほど走行距離を延ばさずキレイに維持しておけば、リセール価格はかなり高い。

 それゆえ実は大いにお薦めなのである……って、そもそも1000万円超のクルマなんて筆者は買えないのですが……。

G550 4×4スクエアードは中古市場でも超高額をキープ。2016年4月4日~5月31日までの期間限定で、車両価格3510万円で販売された

【画像ギャラリー】250万円から買える! 価格帯別今狙い目のGクラスの中古車は?