「80点主義」とは正反対!?トヨタらしくない尖った車 5選

良い意味で尖っていた!?トヨタらしくない車

 突出していないけれどバランスが良い、そんな「80点主義」的なトヨタ車が多いなかで極めて異例!? トヨタ車の“幅”を拡げた尖ったクルマは?

 2020年に国内で販売された小型/普通車の内、トヨタ車が51%を占めた(レクサスを含む)。軽自動車を加えた市場全体では33%になる。

 トヨタは大量なクルマを販売しているから、商品も不特定多数のユーザーに受け入れられるものが多い。その結果、保守的なメーカーと見られやすい。しかしなかには、少数ではあるが、個性的な商品も見受けられる。

 本稿ではそんな良い意味で尖っていてトヨタらしくないクルマを紹介したい。

文/渡辺陽一郎 写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】ここまでやっちゃう!? 保守的なイメージのトヨタが生み出した超個性的な車たちを見る!!


■初代MR2/1984-1989

まさかトヨタがと誰もが思ったコンパクトミッドシップのMR2

 クルマ好きのユーザーが「トヨタもここまでやるのか!」と驚いたのは、1984年に登場した初代MR2であった。コンパクトな2人乗りのスポーツカーで、エンジンをボディの中央に搭載するミッドシップ方式を採用している。

 コンパクトなミッドシップスポーツカーとして、1973年に登場したフィアットX1/9がすでに有名だったが、それでも当時、ミッドシップは貴重なレイアウトであった。

 初代MR2が発売された時のボディサイズは、全長が今のコンパクトカーと同等の3925mmで、全幅は1665mmに収まる。全高は1250mmと低い。フロントマスクには電動で昇降するリトラクタブル式ヘッドランプが装着されて外観は鋭角的だ。

 エンジンは直列4気筒SOHC 1.5Lと、DOHC 1.6Lの2種類をそろえる。1.6Lは最高出力が130馬力(6600回転)、最大トルクは15.2kgm(5200回転)で、高回転域の吹き上がりが活発だ。

 車両重量は940kg(5速MT)と軽く、サスペンションは前後ともストラットによる4輪独立懸架になる。ややクセが強いものの、軽快に曲がる運転感覚が特徴だった。

 5速MTの価格(東京地区)は、1.5Lの「S」が139万5000円、1.6Lの「Gリミテッド」は179万5000円だ。

 1983年に登場した同じ1.6Lを搭載するカローラレビン3ドア「GTアペックス」が154万8000円だったから、MR2はミッドシップスポーツカーとして割安だった。トヨタらしくないスポーツ性と、トヨタならではの買い得感を両立させた。

■iQ/2008-2016

独創的でかわいらしい外見のiQ。小さなボディと実用性を両立させた

 革新的なトヨタ車として、2008年に発売されたiQも記憶に残る。独自のトランスミッションにより、前輪駆動車ながらもフロントオーバーハング(ボディが前輪よりも前側に張り出した部分)を短く抑えた。

 この構造により、狭いながらも後席を備えた4人乗りの3ドアハッチバックでありながら、全長は2985mm、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)も2000mmと短い。最小回転半径は3.9mで、小回りの利きも抜群だ。

 類似したクルマには、1997年に欧州で登場したスマートがあったが、エンジンを後部に搭載する2人乗りだ。荷室もきわめて小さい。その点でiQは4人乗りだから、後席の背もたれを倒すと荷室を拡大できる。全長が3m以下の短いボディと実用性を両立させた。

 外観とレイアウトは独創的でトヨタらしくないが、使いやすい車内の造りにはトヨタらしさを感じた。

 なおボディが極端に小さいこともあり、iQはエアバッグを9個装着する。運転席と助手席に加えて、左右席にサイド/カーテンエアバッグも備わる。

 さらに運転席のニーエアバッグ、助手席には衝突時に座面の前側を持ち上げて乗員を固定させるシートクッションエアバッグも採用した。世界初とされる後面衝突に備えたリアウインドウカーテンエアバッグも装着されていた。

 これらを装着したこともあり、発売時の価格は、最も安価な「100X」でも140万円と高めだった。売れ行きはいま一歩だったが、工夫の詰まった先進的なクルマであった。

次ページは : ■WiLLシリーズ