いっこうに下がらないベンツGクラスの中古車最新事情 狙い目はこの年式 このグレードだ!


 ゲレンデヴァーゲンことメルセデスベンツGクラスの人気が依然、沸騰中である。

 新車が高額なのは当然として、先代の中古車であっても高年式モデルの売価は軽く1000万円を超え、いざ売却するとなっても、値落ち幅は極端に小さい。

 また人気の限定車だと、「買った値段より高く売れてしまった!」というケースもあったりする。とにかく大人気であり、「大人気ゆえ高額である」ということなのだ。

 しかしGクラスというのは長い歴史を持つクルマであり、特に先代モデルは、デザインを大きくは変えないまま30年近く生産された。そのため末期型の1000万円オーバー物件も、300万円ぐらいから探せる初期型も「素人目にはほぼ見分けがつかない」というのも事実ではあろう。

 そもそも先代メルセデスベンツGクラスという車は年式によって、また中古車の価格帯に応じて何がどう違っているのか? 300万円ぐらいの(Gクラスとしては)格安な物件でも意外と満足できるのだろうか?

 そのあたりの情報を整理しつつ、極力わかりやすく解説していこう。

文/伊達軍曹、写真/メルセデスベンツ

【画像ギャラリー】250万円から買える! 価格帯別今狙い目のGクラスの中古車は?


最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ