人気沸騰中のテスラの中古車は買っても大丈夫なのか?

人気沸騰中のテスラの中古車は買っても大丈夫なのか?

 2030年から2035年にかけて、日本のみならず世界では純ガソリン車の新車販売を禁止し、電動化の時代へ舵を切った。

 こうしたなかで俄然、さらなる存在感を増しているのがEVの自動車メーカー、テスラモーターズである。

 時価総額はトヨタを超え、約24兆円とされるが、数日までには株価が暴落し、1日で152億ドル(約1兆6000億円)が吹っ飛び、さらに2月17日にはエントリーモデルのモデル3の価格を最大156万円も値下げを行うなど、なにかと話題の多いテスラである。

 そこで、今回はテスラの中古車にスポットを当て、今いくらで買えるのか、テスラの中古車を買って大丈夫なのか、中古車事情に詳しい伊達軍曹が徹底レポート。

文/伊達軍曹
写真/ベストカー編集部 テスラモーターズ

【画像ギャラリー】プレミアムEVの先鞭をつけたテスラの歴代モデルとこれから発売されるモデル


テスラのモデルラインナップは?

イーロン・マスクCEO就任後、テスラの顔となったモデルS。ボディサイズは全長4970×全幅2180×全高1450mm
イーロン・マスクCEO就任後、テスラの顔となったモデルS。ボディサイズは全長4970×全幅2180×全高1450mm
マイナーチェンジ以前の前期モデル。フロントに大型グリルが装着されていた
マイナーチェンジ以前の前期モデル。フロントに大型グリルが装着されていた

モデルSの中古車情報はこちら!

 EVへの関心が高まっている今、気になるのは、スタイリッシュにして超高性能な「テスラ」の各モデルである。

 しかしテスラはスタイリッシュで超高性能であるだけにお値段も高く、モデルS(高級セダンタイプのモデル)のロングレンジが車両本体価格1069万9000円で、モデルX(クロスオーバーSUV)のロングレンジは1169万9000円。

 テスラのエントリーモデルであるモデル3はなんと2021年2月17日、最大156万円の値下げされた。

 今回値下げになったのは、WLTP航続距離448kmのスタンドレンジモデルと、同580kmのロングレンジモデルの2モデル。それぞれ、511万円→429万円、655万2200円→499万円という価格設定だ。

 航続距離567km(WLTP)、最高速度261km/h、0~100km/h加速が3.3秒というパフォーマンスモデルは717万3000円のまま据え置きだ。クリーンエネルギー関連の40万円の補助金が適用されると、300万円台でモデル3が手に入ることになる。

次ページは : テスラの中古車購入に際しての不安点

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!