空飛ぶレンガの再来! 四角いボルボ850エステートが欲しい!

空飛ぶレンガの再来! 四角いボルボ850エステートが欲しい!

 XC40やXC60など現在のボルボは大人気だが、50代以上のクルマ好きは、ボルボといえば、四角いボルボがすぐに頭に浮かぶはず。

 1980年代から1990年代初めは240ワゴンが人気となった。この頃は740、760、940、960もラインナップしていたが、四角いボルボを印象づけたのが850だろう。

 当時、輸入車ワゴンの代名詞としてボルボ850は大ヒットし、レガシィツーリングワゴンやステージアにも影響を与えた。特に限定車の850T5-Rは1995年の発売時(MTモデル)のセダンが585万円、エステートが605万円(ATは10万円高)だったのにもかかわらず、数週間で完売した。

 そこで今回は、四角いボルボ、850エステートの中古車は今いくらで買えるのか、中古車事情に詳しい萩原文博氏が解説する。

文/萩原文博、写真/ボルボ

【画像ギャラリー】今どきのワゴンとは趣がまったく異なる850エステートの内外装を見よ!


■四角いボルボといえば850!

ボルボ850エステート。荷室容量を確保するために切り立ったリアエンドを採用するなど、ボルボらしさを感じさせつつも、そのデザインには新しさを感じさせた
ボルボ850エステート。荷室容量を確保するために切り立ったリアエンドを採用するなど、ボルボらしさを感じさせつつも、そのデザインには新しさを感じさせた

 スウェーデンはEUのなかでも最大級の金属供給国となっている。スウェーデンのキルナ鉱山で採掘される良質な鉄鉱石により、鉄の生産が行われてきた。

 そんなスウェーデンを代表する自動車メーカーがボルボだ。頑丈なボディで知られたボルボだが、1959年に3点式シートベルトを搭載。1972年には後ろ向きシートベルト、1998年のインフレータブル・カーテン(頭部側面衝撃吸収エアバッグ)、2008年衝突回避・被害軽減ブレーキシステム。

 そして2020年の最高速度制限など、常に交通事故による死亡者または重傷者をゼロにするために、様々な取り組みを行ってきた。このボルボの大きなターニングポイントとなったモデルが1993年に登場したボルボ850だ。

 この850以前の駆動方式はFR(後輪駆動)だったが、この850はブランド初のFF(前輪駆動)を採用。現在のボルボ車のルーツといえるモデルだ。

 そこで今回はボルボの歴史を変えたモデルである850にスポットライトを当てて、最新の中古車事情を紹介していこう。

 1993年10月に登場したボルボ850は4ドアセダンとエステートと呼ばれるステーションワゴンの2つのボディタイプを設定し、販売開始された。

 当時日本市場は初代レガシィツーリングワゴンによって巻き起こったステーションワゴンブームのまっただ中で、850もエステートに注目が集まり人気モデルとなった。

次ページは : ■フライングブリック(空飛ぶレンガ)の再来として注目を集める

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!