空飛ぶレンガの再来! 四角いボルボ850エステートが欲しい!


 XC40やXC60など現在のボルボは大人気だが、50代以上のクルマ好きは、ボルボといえば、四角いボルボがすぐに頭に浮かぶはず。

 1980年代から1990年代初めは240ワゴンが人気となった。この頃は740、760、940、960もラインナップしていたが、四角いボルボを印象づけたのが850だろう。

 当時、輸入車ワゴンの代名詞としてボルボ850は大ヒットし、レガシィツーリングワゴンやステージアにも影響を与えた。特に限定車の850T5-Rは1995年の発売時(MTモデル)のセダンが585万円、エステートが605万円(ATは10万円高)だったのにもかかわらず、数週間で完売した。

 そこで今回は、四角いボルボ、850エステートの中古車は今いくらで買えるのか、中古車事情に詳しい萩原文博氏が解説する。

文/萩原文博、写真/ボルボ

【画像ギャラリー】今どきのワゴンとは趣がまったく異なる850エステートの内外装を見よ!


■四角いボルボといえば850!

ボルボ850エステート。荷室容量を確保するために切り立ったリアエンドを採用するなど、ボルボらしさを感じさせつつも、そのデザインには新しさを感じさせた

 スウェーデンはEUのなかでも最大級の金属供給国となっている。スウェーデンのキルナ鉱山で採掘される良質な鉄鉱石により、鉄の生産が行われてきた。

 そんなスウェーデンを代表する自動車メーカーがボルボだ。頑丈なボディで知られたボルボだが、1959年に3点式シートベルトを搭載。1972年には後ろ向きシートベルト、1998年のインフレータブル・カーテン(頭部側面衝撃吸収エアバッグ)、2008年衝突回避・被害軽減ブレーキシステム。

 そして2020年の最高速度制限など、常に交通事故による死亡者または重傷者をゼロにするために、様々な取り組みを行ってきた。このボルボの大きなターニングポイントとなったモデルが1993年に登場したボルボ850だ。

 この850以前の駆動方式はFR(後輪駆動)だったが、この850はブランド初のFF(前輪駆動)を採用。現在のボルボ車のルーツといえるモデルだ。

 そこで今回はボルボの歴史を変えたモデルである850にスポットライトを当てて、最新の中古車事情を紹介していこう。

 1993年10月に登場したボルボ850は4ドアセダンとエステートと呼ばれるステーションワゴンの2つのボディタイプを設定し、販売開始された。

 当時日本市場は初代レガシィツーリングワゴンによって巻き起こったステーションワゴンブームのまっただ中で、850もエステートに注目が集まり人気モデルとなった。

■フライングブリック(空飛ぶレンガ)の再来として注目を集める

ヨーロッパで最も権威あるツーリングカーシリーズである英国ツーリングカー選手権にステーションワゴンのエステートで参戦したことで、大いに注目を集めた

 また、それまで頑丈で安全というボルボのイメージを覆すために1994年に850エステートで英国ツーリングカー選手権(BTCC)参戦。ステーションワゴンながら大健闘し優勝こそ逃したが、入賞を果たしたのだ。

 この挑戦を見たメディアは1985~1986年に欧州ツーリングカー選手権(ETC)でチャンピオンに輝いたボルボ240ターボの「Flying Brick(空飛ぶレンガ)」の再来と賞賛した。こういったレースシーンでの健闘により、「安全なクルマ」だけでなく「早くてスポーティなクルマ」という強い印象を与えたのだった。

 1993年~1997年まで販売されたボルボ850エステートは、ステーションワゴンの美点であるラゲッジスペースを最大化するためにボルボ伝統のリアが切り立ったスクエアなボディデザインを踏襲している。

縦長のテールライトも850エステートの特徴の一つだった

 そして、ボディの骨格にSIPSと呼ばれる側面衝撃吸収システムを採用し安全性を向上させている。また1994年には量産市販車として世界で初めて全モデルにサイドエアバッグを標準装備。

 1995年にはエントリーモデルにもトラクションコントロールを搭載するなど安全装備を充実化させているのが特徴だ。エンジンは横置きとなり、駆動方式は2WD(FF)が中心となった。最小回転半径は先代モデルとなる240ワゴンの5.0mから850エステートは5.4mへと小回りが利かなくなった。

 搭載するエンジンはデビュー当初、最高出力170psと140psという2つの仕様がある2.5L直列5気筒DOHCエンジン、そして最高出力225psを発生する2.3L直列5気筒DOHCターボエンジンの2種類。両エンジンともにトランスミッションは4速ATが組み合わされている。

 1994年9月にはターボエンジン搭載車に5速MTを設定。1996年7月には最高出力193psを発生する2.5L直列5気筒ライトプレッシャーターボエンジンを追加。

 このエンジンは4速ATのみが組み合わされた。ライトプレッシャーターボエンジンを搭載する2.5Tが追加されたことにより、2.3Lターボエンジンを搭載したグレードをターボからT-5へと名称変更している。

1994年の850ターボ。850は横置き直列5気筒エンジンを搭載した前輪駆動モデルとして登場し、後に4WDモデルも設定された

 また、850がビッグマイナーチェンジして1997年2月に登場したV70にはボルボ初となるビスカスカップリングを採用した4WDシステム搭載車を追加。この4WDシステムは自動的に前後輪にトルクを配分するフルタイム4WDで、これは現在主力となっているXCシリーズのルーツとなっている。

次ページは : ■240psのスポーツワゴン、850T-5Rは即完売

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ