空飛ぶレンガの再来! 四角いボルボ850エステートが欲しい!

空飛ぶレンガ! 四角いボルボ850エステートが欲しい!

 XC40やXC60など現在のボルボは大人気だが、50代以上のクルマ好きは、ボルボといえば、四角いボルボがすぐに頭に浮かぶはず。

 1980年代から1990年代初めは240ワゴンが人気となった。この頃は740、760、940、960もラインナップしていたが、四角いボルボを印象づけたのが850だろう。

 当時、輸入車ワゴンの代名詞としてボルボ850は大ヒットし、レガシィツーリングワゴンやステージアにも影響を与えた。特に限定車の850T5-Rは1995年の発売時(MTモデル)のセダンが585万円、エステートが605万円(ATは10万円高)だったのにもかかわらず、数週間で完売した。

 そこで今回は、四角いボルボ、850エステートの中古車は今いくらで買えるのか、中古車事情に詳しい萩原文博氏が解説する。

文/萩原文博、写真/ボルボ

【画像ギャラリー】今どきのワゴンとは趣がまったく異なる850エステートの内外装を見よ!


最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ