なぜブランドイメージがここまで上がったのか? 中古車相場に見るレクサスの価値


 ここ数年、ブランドイメージが一段と向上していると実感するレクサス。実際、レクサスが売れているのだろうか?

 レクサスが発表した2020年1月~12月の全世界の販売実績は71万8715台。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で対前年比6%の減少となったが、7月~12月期では前年同期比102%と体勢を立て直している。

 RXやESのセールスが相変わらず堅調だったことに加え、2020年秋投入の新型ISおよびLSが勢いを後押ししたことが背景にあるという。

 地域別の販売台数を見ると北米約29.7万台(前年比91%)、中国約22.5万台(同111%)、欧州約7.1万台(同81%)、日本約4.9万台(同79%)、中近東約2.7万台(同82%)、東アジア約3.2万台(同92%)。前年比プラスを記録した中国では、年間累計販売台数も過去最高となった。

 中国以外は前年比マイナスとなったが、直近の2021年1~3月の販売実績では、北米では7万4253台、前年比31.8%増と2年ぶりに前年実績を上回った。

 一方、中国では、前年比75.6%増の19万5600台の一汽トヨタ、前年比62.7%増の20万6100台の広汽トヨタとともにレクサスは前年比2.3倍の6万4100台と大躍進。コロナ禍の影響があるとはいえ、持ち直している状況だ。日本では1万6063台と、前年の1万4766台に比べ、前年比108.8%と微増した。

 コロナ禍の影響があるとはいえ、販売好調であることはわかったが、はたしてブランドイメージは上がったのか? ここでは中古車相場から見たレクサスの価値を見ていきたい。

文/萩原文博
写真/ベストカーweb編集部 レクサス

【画像ギャラリー】国内市場投入から16年 レクサスのブランドイメージ向上に貢献した上級モデルたち


最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ