僕らのシビックなぜこんなに変わった? 3代目~5代目までの中古価格はいくら?

なぜこんなに変わった? ワンダー/グランド/スポーツシビック…僕らのシビック今いくら?

 2021年6月24日にワールドプレミアされ、8月に正式発表・発売予定の新型ホンダシビック。そして2022年にはシビックタイプRの発売予定であることがアナウンスされた。

 日本市場にはハッチバックしか導入されないが、ハッチバックに先駆けて、シビックセダンが導入された北米市場では、2021年6月の販売台数が3万2677台と順調なスタートを切っている。

 1.5L、直4ターボエンジンに加えて、e:HEV(イーエイチイーブイ)と呼ばれる1.5Lエンジンと駆動・発電を行う2つのモーターを組み合わせたハイブリッドシステムの2つのパワートレインを搭載予定の新型シビック。先代同様にクーペのような流れるプロポーションを採用した外観デザインが特徴だ。

 アラフィフの筆者にとってシビックというと、空力性能と居住スペースを両立するためにルーフラインをできるだけ伸ばし、テールエンドで思い切ってカットする“コーダトロンカデザイン”を思い浮かべる。したがって新型のファストバックスタイルを見ると、1992年~1996年に発売されたアスコットイノーバを思い出してしまうのだ。

 やっぱり筆者をはじめとするアラフィフ世代はワンダー、グランド、スポーツシビックでしょ。ということで、現在これら3世代のシビックを懐かしみ、中古車市場ではいくらで販売されているか、徹底解説していきたい。

文/萩原文博
写真/ホンダ

【画像ギャラリー】ワンダーからスポーツシビックまで! ホンダコレクションホール秘蔵の歴代シビックを見る