中古の価格差1000万円? スポーツカーはやはりMTじゃないとダメなのか?

うっそ~ ATとMT 中古の価格差1000万円? スポーツカーはやはりMTじゃないとダメなのか?

 中古車販売の検索サイトを眺めていたら、とある異常があることに気付く。ATもラインナップされているスポーツカーの中古車相場を見ていると、MTの価格が異常と思えるほど相場が高くなっているのだ。

 そういえば、新型ZにMTを搭載した理由を日産田村CPSは、中古車市場で販売されているスポーツカーのMT車の価格が高騰していて数が少ないということ、Zファンの間ではMTのファンが多いのでZにMTを残したと聞いた。

 そう、国産、輸入車のスポーツカーのMTは、やはり自分の意志でクルマを操れるMTのほうがいいという人が多く、そして一度買ったら長く所有する人が多いせいか、なかなか市場に出回らないのだ。

 ATはしっかり価格が出ているのに、MTの中古車はASK、価格応談となっていて、ASK=高騰していて手が出ない価格ですよと暗示しているかのようだ。

 そこで国産スポーツカー、RX-7(FD3S)、初代NSX、80スープラと、輸入スポーツカー、フェラーリF355とポルシェ911カレラ2(964型)の5車種で、MT車とAT車の価格差がどれぐらいあるのか? また国産車についてはAT車をMTに換装する費用についても調べてみた。

文/柳川洋
写真/マツダ、ホンダ、トヨタ、フェラーリ、ポルシェ

【画像ギャラリー】格好良い中古スポーツカー5選(FD3S、初代NSX、80スープラ、フェラーリF355とポルシェ964)を写真でチェック!!


最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ