中古の価格差1000万円? スポーツカーはやはりMTじゃないとダメなのか?

うっそ~ ATとMT 中古の価格差1000万円? スポーツカーはやはりMTじゃないとダメなのか?

 中古車販売の検索サイトを眺めていたら、とある異常があることに気付く。ATもラインナップされているスポーツカーの中古車相場を見ていると、MTの価格が異常と思えるほど相場が高くなっているのだ。

 そういえば、新型ZにMTを搭載した理由を日産田村CPSは、中古車市場で販売されているスポーツカーのMT車の価格が高騰していて数が少ないということ、Zファンの間ではMTのファンが多いのでZにMTを残したと聞いた。

 そう、国産、輸入車のスポーツカーのMTは、やはり自分の意志でクルマを操れるMTのほうがいいという人が多く、そして一度買ったら長く所有する人が多いせいか、なかなか市場に出回らないのだ。

 ATはしっかり価格が出ているのに、MTの中古車はASK、価格応談となっていて、ASK=高騰していて手が出ない価格ですよと暗示しているかのようだ。

 そこで国産スポーツカー、RX-7(FD3S)、初代NSX、80スープラと、輸入スポーツカー、フェラーリF355とポルシェ911カレラ2(964型)の5車種で、MT車とAT車の価格差がどれぐらいあるのか? また国産車についてはAT車をMTに換装する費用についても調べてみた。

文/柳川洋
写真/マツダ、ホンダ、トヨタ、フェラーリ、ポルシェ

【画像ギャラリー】格好良い中古スポーツカー5選(FD3S、初代NSX、80スープラ、フェラーリF355とポルシェ964)を写真でチェック!!


■マツダRX-7(FD3S型)/MTとATの価格差なんと500万円以上

2002年4月、RX-7最後の限定車「スピリットR」が発売された。写真は2シーター5速MT仕様のタイプA
マツダRX-7スピリットRタイプA。5速MT車のインパネ周り

 2002年3月に発表されたRX-7「スピリットR」はRX-7史上、最も走行性能を極めた最後の限定車。5速MT、280ps、2シーターのタイプA、同じく4シーターのタイプB、4速AT、255ps、4シーターのタイプCの3つの仕様があり、1500台が発売された。

FD3S型RX-7の中古車情報はこちら!

 当時の価格はタイプAとBが399.8万円、タイプCが339.8万円。

 全車にBBS17インチアルミホイール、レッド塗装のブレーキキャリパーとストラットタワーバーが装着されるレーシーな仕様。

 加えてタイプAとBには大型のドリルドベンチレーティッドディスクブレーキやステンレスメッシュブレーキホース、ビルシュタインの専用ダンパーが奢られ、なかでもタイプAはレカロのフルバケットシートが装着されるという「超走り屋仕様」。タイプCは本革のバケットシートが装着される。

 当然このようなクルマで低走行、ノーマルに近い車両で修復歴なしという個体を探すのは大変なのだが、それぞれ1台ずつありました。

■5速MT
・タイプB、2002年式、走行距離5.3万キロ、外装色ピュアホワイト、マフラーとアルミホイールのみ社外品のほぼノーマルに近い個体、支払総額1090万円。

■4速AT
・タイプC、2002年式、4速AT、走行距離5.8万キロ、外装色はスピリットR専用色のチタニウムグレーメタリック、支払総額590万円。

 なんとその差500万円以上!

 ちなみにMTのタイプBは、山陰地方のショップが極上車をオークションで仕入れ、Webに掲載してわずか数日で、他県のお客さんが実車も見ずに「お金今すぐ振り込みますので絶対売ってください」と連絡してきてあっという間に売れてしまったそうだ。

 またATのタイプCは委託販売のクルマだそうで、もしかするとオークションにかかればこの値段では済まないかもしれない。

 これだけ値段の差があれば、ATからMTに換装してしまえばいいかと思うが、そうもいかないらしい。純正のMTメーターを見つけるだけでもひと苦労、仮に見つけられても30万円から50万円はするだろうとのこと。

 またCPUも機能させるにはMT車のものを持ってくるのが確実だが、それもほとんど見つからず、さらにはハーネスその他も全然出回っていないという。ノーマルに近い形でMTに換装するのはもう現実的ではなく、値段の問題ではないそうだ。

■ホンダ初代NSX/MTとATの価格差は500万円近い!

1990年9月に発売された初代NSX。1997年のマイナーチェンジで6速MTになり2005年まで16年間販売された
1990年式ホンダNSX。5速MT仕様のインパネ周り

ホンダNSXの中古車情報はこちら!

 プロストとセナがF1マクラーレンホンダで大活躍し、日本GPがフジテレビ地上波のゴールデンタイムで放送されて視聴率が20%を超えるF1ブームのなか、「ホンダのF1技術を結集させた」を売り文句に日本初のスーパースポーツカーとして1990年9月に発表になった初代NSX。

 MTが860.3万円、ATが830.7万円のプライスタグにもかかわらず、発売当初は納車3年待ちといわれ、1991年の国内販売台数は3800台を超えていた。今の若い人にこう話したら嘘つき呼ばわりされそうだが、全て本当の話。

 5速MTは280ps /6800rpm、4速ATは265ps/6800rpmを発生。CPUのセッティングがMTとATで異なるうえ、MTのVTECのハイリフトカム(高回転時にバルブ開閉量を大きくして吸気量を大きくする機構)のほうがより高回転型の仕様になっているため、15psの差が生まれている。レッドゾーンもMTが8000回転からなのに対し、ATは7500回転から。

 それではNSX3.0のMTとATの価格差を見ていこう。いずれも車庫保管、低走行の無事故車だ。

■5速MT
・1991年式、走行距離2.4万キロ、外装色フォーミュラレッド、支払総額1590万円
・1991年式、走行距離2.9万キロ、外装色フォーミュラレッド、支払総額1600万円

■4速AT
・1991年式、走行2.6万キロ、外装色セブリングシルバー、支払総額1110万円
・1993年式、走行1.8万キロ、外装色ベルリナブラック 、支払総額1110万円

 MT車は一番人気の外装色フォーミュラレッドということもあるが、こちらもMTとATの価格差は500万円近い。

 発売当時はバブル景気絶頂期で、納車が3年待ちと聞いて並行輸入車が2000万円で売られていた、と言われるぐらいだったので、クルマ好きではない人たちでも運転できるAT車も相当量流通していた。

 そのため状態がいいAT車が比較的多く残っており、価格差を考えるとMTへの換装を考えたいところ。だが、こちらもミッション本体やワイヤースロットルなどメーカー純正部品が欠品しており、納期未定のものも複数あるため、現実的には相当難しいそうだ。

 MT仕様のハイリフトカムも入手が難しいとのこと。実際にノーマルに近い形で換装できたとしても、500万円以上かかる可能性もあるという。

次ページは : ■トヨタ スープラ(JZA80型)/MTとATの価格差は400万~600万円