「今年のクルマ」決定!! …でも選ばれると売れないという声も…過去5年のイヤーカー中古車事情

「今年のクルマ」決定!! …でも選ばれると売れないという声も…過去5年のイヤーカー中古車事情

 2021年12月10日、2021年に発表・発売された新車のNo.1を決める2021-2022日本かー・オブ・ザ・イヤーの発表が行われた。29台のエントリーの中から10ベストと呼ばれる10台が選ばれ、その中からイヤーカーが決定した。

 2021年は激戦が繰り広げられ、335点を獲得した日産ノート/ノートオーラ/ノートオーラNISMO/ノートAUTEC CROSSOVERが栄冠を手にした。

 2位のGR86/スバルBRZが264点、ホンダヴェゼルが227点そして三菱アウトランダーが206点と近年希に見る少ない点数差だった。また、インポート・カー・オブ・ザイヤーには輸入車で最高得点を獲得したVWゴルフ/ゴルフヴァリアントが輝いた。

 日産ノートファミリーの受賞理由は、新開発のプラットフォームと第2世代e-POWERの組み合わせにより、走りの質感が大幅向上。従来のコンパクトカーの概念を大きく変えたこと。優れたシリーズハイブリッドシステムを搭載していながら、より手頃な価格で体感できること。

 そして、基準車のノートに加えて、質感を向上させたノートオーラをはじめ、合計4つの個性を用意し、選択肢を広げた点でも支持を集めたとされている。

 2021年のNo.1カーが決まったところで、過去5年のイヤーカーを振り返り、中古車としてどのような魅力を放っているのかを調べてみた。

文、写真/萩原文博

【画像ギャラリー】過去5年のCOTY受賞車を写真で紹介(21枚)画像ギャラリー

レヴォーグはアイサイトX搭載車を中心に狙いたい

現行型レヴォーグの走行シーン
現行型レヴォーグの走行シーン

 2020年のイヤーカーに輝いたのは、スバルレヴォーグ。受賞理由はSGPと呼ばれる「スバルグローバルプラットフォーム」とフルインナーフレーム構造の組み合わせで、類稀な操縦性と解析性を高次元で両立したこと。

 日常域での扱いやすさを重視した新開発の1.8L水平対向4気筒直噴ターボエンジンはリーン稀少という新しい技術を取り入れたこと。インテリアでは、大型センターインフォメーションディスプレイや、フル液晶メーターで構成された先進的なデジタルコクピットを採用するなど大きく進化したこと。

 さらに3D高精度地図データと、GPSや準天頂衛星「みちびき」などの情報を活用した高度運転支援システム「アイサイトX(エックス)」を設定しながら、当時317万円スタートというコストパーフォーマンスの高さが評価されている。

 先日、2.4Lターボエンジン搭載車を追加したばかりの現行型レヴォーグの中古車は、現在、約100台流通している。平均価格は約388万円。中古車の価格帯は約279.8万~約461.7万円だ。

 中古車のグレード構成は1.8STIスポーツEXが約51台。1.8GT-H EXが約28台、そして1.8GT EXが約9台とアイサイトX搭載車が上位を独占。中古車におけるアイサイトEX装着率は約90%となっている。

 アイサイトEX装着車でまだ200万円台の中古車はないが、グレードによる価格差が小さくなっているので、上級グレードを積極的に狙うのが良い。

次ページは : RAV4は2Lエンジンのアドベンチャーが狙い目

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ