新型発表直前!! 買いか? 待ちか?? ノア/ヴォクシー中古車最前線

新型発表直前!! 買いか? 待ちか?? ノア/ヴォクシー中古車最前線

 ベストカーwebでもすでに取り上げているが、2022年1月13日に売れ筋ミニバンであるトヨタヴォクシー/ノアのティザー広告が公開されている。

 さらに、新車価格はノアが267万~389万円。ヴォクシーが309万~396万円とシステムが刷新されたハイブリッド車に4WD車が設定されることもあり、現行モデルより大幅な値上がりとなっている。

 ただし、人気車ゆえに気がかりなのは新車の納期。現在の新型コロナウイルス感染症拡大による半導体不足などの影響を考えると、早くても半年。人気のハイブリッド車となると1年ということもあり得る話だ。

 そこで、俄然注目が高まるのが現行型の中古車。新型発表直前のタイミングで買いかそれとも待ちかジャッジする。

文、写真/萩原文博

【画像ギャラリー】中古車が買い時の現行型 ヴォクシー/ノアの詳細画像(17枚)画像ギャラリー

Toyota Safety Sense Cを装着した2016年式以降が狙い目

現行型ヴォクシー/ノアのフロントスタイル
現行型ヴォクシー/ノアのフロントスタイル

 まずは現行型ヴォクシー/ノアの歴史を振り返る。2014年1月現行型ヴォクシー/ノアは登場した。5ナンバーサイズという制約のあるボディの中で、「EMOTIONAL BOX」をデザインコンセプトに、個性豊かな表情と魅惑的な印象を備えた力強いハコ(箱)を追求したのが特徴だ。

 また、新開発の低床フラットフロアを採用することで、クラストップレベルの広々空間やノンステップによる子供・高齢者にも優しい乗降性、使い勝手の良い荷室を実現。リアのステップの低さはライバルのセレナやステップワゴンを上回る。

 搭載するパワートレインは、2L直列4気筒ガソリンエンジン+CVTに加えて、WLTCモード燃費で19.0km/Lを実現した1.8L直4エンジン+モーターの本格ハイブリッドシステムを搭載。駆動方式は2Lガソリン車が2WDと4WD。ハイブリッド車は2WDのみとなっている。ヴォクシーとノアのガソリン車には3ナンバーサイズのエアロモデルを設定。

 2016年1月に一部改良を行い、衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームをセットにした「Toyota Safety Sense C」を採用。また、ハイブリッド車に3ナンバーサイズのエアロモデルを追加した。

 2017年7月にマイナーチェンジを行い、外観の変更に加えて、ボディ剛性の見直しやショックアブソーバーの改良により静粛性や乗り心地を向上。
インテリアでは、センターコンソールボックスや助手席シートバックテーブル、充電用USB端子など使い勝手の良い室内装備を充実させると同時にスライドドアにシールを追加し遮音性を向上させて、質感の高さを追求している。

 そして、2019年1月の一部改良では、搭載している衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」が、昼間の歩行者も検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ)を採用。

 また、駐車場などでのアクセルとブレーキのペダル踏み間違い時における衝突被害軽減に寄与する先進の安全機能インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を新たに設定するなど安全性を向上させた。

次ページは : 流通台数は少ないが割安感はノアの方が高め

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ