ハリアーも射程内! これなら買える! 高値が続く中古車で絶対お得なクルマ5選

ハリアーも射程内! これなら買える! 高値が続く中古車で絶対お得なクルマ5選

 新車の納車遅れで下取り車が出回らず、中古車相場はまだまだ高値圏。とはいえ諦めることはない。強気の値付けが当たり前の中、意外な割安感があるクルマも存在するのだ。ここでは人気も高くて絶対得する中古車を5台紹介しよう。

文/萩原文博、写真/トヨタ、スバル、ホンダ、日産、ベストカーWeb編集部、AdobeStock

■海外からも注目度が高い日本の中古車

新車の納期遅延や海外からのニーズの増加を受けて高騰気味だった中古車価格も、2022年末からは若干下落傾向となっている(xiaosan@AdobeStock)
新車の納期遅延や海外からのニーズの増加を受けて高騰気味だった中古車価格も、2022年末からは若干下落傾向となっている(xiaosan@AdobeStock)

 半導体不足やコロナ禍の影響で、新車の納期が長期化。その結果、すぐに乗れる中古車に注目が高まった。その結果、中古車相場が高騰し、カーオークション大手のユー・エス・エスの平均落札価格が2022年6月以降11月まで100万円を上回り、9月には過去最高の122万円を記録している。

 一部の国産自動車メーカーでは、新車の納期遅延も短くなっている車種もあるが、全体的には見通しは暗い。人気の高い車種では納車が2025年になるとも言われている。

 そもそも中古車は新車への乗り替えによって発生するものであり、新車がユーザーにデリバリーされなければ、中古車は市場に出回らない。

 自動車メーカーはこの循環を確保するため、サブスクリプションや個人リースを展開している。こういった所有方法を提供すれば、3年もしくは5年後に履歴のしっかりとした中古車が手元に戻ってくる。それに保証という付加価値を付けて販売する。これが自動車メーカーの展開している認定中古車制度だ。

 ところが新車の納期遅延が解消されないと優良な中古車も枯渇し、遠くない未来に市場に出回っている中古車は、コンディションがイマイチのクルマばかりということになる。そうなれば中古車相場は暴落する可能性もある。

 しかしやっかいなことに、その可能性を中古車のグローバル化が妨げている。価格の安いクルマは海外にどんどん輸出されているのだ。

 中古車販売店もビジネスなので、日本で価格が安くても海外が高く購入してくれるのなら輸出しない手はない。とにかくこういった状況を好転させるためには、新車の安定供給は欠かせないといえる

 こうした背景を踏まえて、中古車相場をチェックしてみよう。ユー・エス・エスの平均落札価格は「11月までは100万円を超えていた」と述べたが、年末から中古車相場はわずかに下落傾向となっている。

 その理由の一つには年式が1年進んだことも影響しているが、プレミアム価格となっていた未使用車の相場が落ち着きを見せたことも大きい。

 中でもお得感があって絶対見逃せないのが、以下の5車種だ。

次ページは : ■トヨタ ハリアー(3代目):2017年のマイチェン前を狙え!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!