【ロードスター ランエボがこの価格!!?】 厳選5台 200万円以下の傑作中古スポーツ

「【86/BRZ スイスポ ロードスター!!】 新車以上に魅力的!? 中古で楽しむ国産スポーツ!!」へのアクセスが好調だ。ありがたいことです。

 それだけ「スポーツカーは“高嶺の花”になってしまった」とお嘆きの方が多いということなのかもしれません。

 新車は高くてなかなか手を出せない! そんな時には中古車を狙いたい。

 前回は魅力あるモデルをピックアップしてご紹介しましたが、今回は予算に注目。200万円台で購入できる歴代の傑作スポーツカーの中古車最新情報を5車種厳選してご紹介します。

※本稿は2019年4月のものです
文:萩原文博/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年5月26日号


■トヨタ MR-S

 まず紹介するのが1999年10月に登場したトヨタ MR-S。

●トヨタ MR-S(1999〜2007年)/中古相場:17万〜218万円

 エンジンを運転席後方に搭載した、ミドシップ2シーターオープンカーで、軽い車両重量を活かした軽快な走りが特徴です。

 現在、MR-Sの中古車の平均価格は63万円で、やや値上がり傾向。

 流通台数は約180台で、最も多いグレードが1.8Sエディション。100万円以下で購入し、手を加えながら楽しんでいただきたい1台。

■オススメ度:★★★☆☆

■ホンダ S2000

 続いてはホンダが久しぶりに作ったFR2シーターオープンカーとして話題となったホンダS2000。こちらもMR-Sと同じ1999年に登場しました。

●ホンダ S2000(1999〜2009年)/中古相場:78万〜450万円

 現在、S2000の中古車の流通台数は220台で安定しており、平均価格も約235万円で横這いとなっています。

 扱いやすいのは排気量が2.2Lとなった後期型ですが、乗りこなす楽しさがあるのは2Lエンジンの前期型。

 流通している中古車の半数がベーシックグレードの2L。100万円以下もありますが150万円~200万円で探したい1台です。

■オススメ度:★★★★☆

■3代目ロードスター(NC型)

 2005年に登場した3代目ロードスター(NC型)もお薦め。

●3代目ロードスター(NC型・2005〜2015年)/中古相場:30万〜210万

 ソフトトップとRHTという電動ルーフを設定し、エンジンの排気量が2Lと拡大されたモデル。

 中古車の平均価格は98万円をキープしていましたが、ここにきて94万円まで値落ち。流通台数も約330台と豊富です。

 ソフトトップ、RHTともに走りを磨いたグレードのRSが多く、ソフトトップならば100万円以下で狙える1台です。

■オススメ度:★★★★★

■三菱 ランサーエボリューション・スバルインプレッサ WRX

「2Lターボ+4WDというパワートレーン」で、人気を誇る三菱ランサーエボリューションとスバルインプレッサWRXの2台。

●三菱ランサーエボリューションVIII/VIII MR(2003〜2005年)/中古相場:110万〜279万円

●スバル インプレッサ WRX STI ハッチバック(3代目)(2007〜2014年)/中古相場:70万〜428万円

 ランエボは2003~2005年に販売されたエボⅧとⅧ MRが狙い目。現在の平均価格は161万円で、GSRがお薦めです。

 一方、2007年に登場した先代のスバルインプレッサWRXは歴代モデルのなかで唯一5ドアハッチバックを採用。

 平均価格は153万円と、現在値落ち中で絶好の買いのタイミングを迎えています。

■オススメ度(ランエボ):★★★★☆

■オススメ度(インプレッサ):★★★★★

*   *   *

 こういったスポーツカーはディーラー系の販売店ではあまり扱っていません。

 したがって、購入時のアドバイスや選びやすさ、購入後のメンテナンスを考えると、専門店での購入がオススメです。

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ