人生には2度、ロードスターに乗る機会がある!! 中古で買うなら今が好機

 マツダと聞くとアラフィフの筆者にとっては、FC3S型サバンナRX-7、FD3S型アンフィニRX-7(のちにマツダRX-7に改名)が搭載した13Bターボ。

 そして、ユーノスコスモに搭載された3ローターの20Bターボといったロータリーエンジンを真っ先に思い浮かべてしまう。

 しかし、そんなマツダの代名詞だったロータリーエンジンも2012年6月に生産終了しすでに7年が経過した現在でも市販車は登場していない。

 そんな現在、色々な意見はあると思うが、マツダの代名詞と言えるモデルは個人的にはロードスターだと思っている。1989年9月に初代ロードスターが販売開始されて以来、1度もその火を絶やすことなく平成を越えて令和の時代でも4代目となるND型が販売されているからだ。

 初代デビュー以来30年、本来オープン2シーターのスポーツカーを指す「ロードスター」という言葉も、少なくとも日本においてはマツダのこのモデルの代名詞となった。

 一生に一度は、マツダロードスターのオーナーになってみたいというクルマ好きも多いのではないだろうか。

 今回は歴代モデルの中から、2005年に登場したNC型と2015年に登場した現行型であるND型の中古車事情について紹介します。

 文:萩原文博/写真:マツダ、ベストカー編集部


先代モデルであるNC型ロードスターを振り返る

 歴代ロードスターの中で異端ともいえるモデルが3代目のNC型ロードスターだ。それは4ドアクーペのRX-8と共通のアーキテクチャーを使用し、3ナンバーボディとなり、ライトウェイトスポーツ感が少々薄れたことが挙げられる。

 しかし、徹底的に軽量化を施し、その高い走行性能によって2005-2006日本カー・オブ・ザ・イヤーのイヤーカーに選ばれた。

3代目ロードスター 日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞記念車
2005~2006日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞を記念して製作された記念車

 また、RHT(リトラクタブルハードトップ)と呼ばれる電動開閉式のハードトップ車が設定されたのも特徴だ。開閉時間は約12秒で、ルーフを格納してもトランクの容量が変わらないというユーティリティの高さが魅力といえる。

NC型ロードスターの中古車相場はいくら? 

 現在、ソフトトップそしてRHTを含めたNC型ロードスターの中古車の流通台数は約278台と歴代ロードスターの中で最も多く、ロードスターの中古車の中心はこのモデルと言える。中古車の平均価格の推移を見てみると3カ月前は約94万円で、現在は約97万円とやや値上がり基調となっている。

 それではソフトトップ、RHTそれぞれの中古車の価格帯や流通台数、そしてグレード分布を見てみる。

 NC型ロードスターのソフトトップ車の流通台数は約151台で、価格帯は約18.6万~約217.5万円とスポーツカーらしく年式や走行距離、トランスミッションによって価格差が大きくなっている。

3代目NC型ロードスター

 グレード分布を見てみると、最も多いのが、走行性能に磨きを掛けたグレードのRSで約69台。続いてチューニング用のベース車としてリーズナブルな価格だった標準車の約44台、そして装備が充実したVSの約16台となっている。

 珍しいグレードではモータースポーツ用のベース車であるNR-Aが約9台流通している。走りのグレードともいえるRSのトランスミッションはMTのみで、標準車は約44台のうち約7割がMT車、約3割がAT車となっている。

 AT車でのんびりとオープンエアを楽しむなら標準車やVSがオススメだが、やはりMTで操る楽しさを味わいたいという人はRSか標準車がオススメだ。

 最も流通台数が多いRSの価格帯は約40万~約205万円となっており、半数以上の約37台が100万円以下で購入できるようになっている。100万円以下の中古車は走行距離5万km以上でサスペンションなどがチューンされている物件が多くなっている。

 したがって、購入後は自分の好みに合わせてパーツを交換して楽しみたいという若者向け。一方、100万円以上の中古車になると走行距離のノーマル車が多いので、こちらはNC型オリジナルの走りを楽しみたいという人にピッタリだ。

 続いてはNC型ロードスターに設定されたRHTだ。現在RHTの中古車の流通台数は約127台で、価格帯は約39.8万~約225.8万円とソフトトップ車とかなりクロスオーバーしている。RHTのグレード分布は最も多いグレードはRSというのはソフトトップと同じだが、次いで多いのがVSそして標準車という。

ロードスター 特別仕様車プレスレージエディション

 レアモデルでは、2007年10月に設定された特別仕様車の「プレスレージエディション」の中古車が8台流通している。最も多いグレードのRSのトランスミッションはMTのみだが、VSはAT車の比率が約94.5%、標準車でも約54.5%とRHTはソフトトップと比べるとAT車の比率が高いのが特徴だ。

 やはりハードに走るユーザーは重量バランスの良いソフトトップを選ぶほうが良いと言える。

ND型ロードスターの中古価格はどうなっているのか?

 一方、4代目となるND型ロードスターはスカイアクティブテクノロジーによってライトウェイトスポーツへと原点回帰。そのドライバーと一体感が味わえる走行性能が評価され、先代モデルに続き、日本カー・オブ・ザ・イヤーのイヤーカーに輝いた。

 搭載するエンジンはソフトトップ車が1.5L直4エンジンへとダウンサイジングされ、2016年に追加されたファストバックスタイルのオープンモデルRFは2L直4エンジンを搭載し、キャラクターが異なっている。

現行モデルND型ロードスター

 現行モデルND型ロードスターの中古車の流通台数は、ソフトトップ車が約199台、RFは約68台となっている。中古車の平均価格の推移を見てみると、ソフトトップ車は3カ月前が約215万円、今月は約218万円と値上がり基調が続いている。一方のRFは3カ月前が約279万円で今月は約282万円とこちらもやや値上がり基調を示している。

 続いて各モデルの価格帯とグレード分布を見てみる。ソフトトップ車の中古車の価格帯は約139万~約308万円で、150万円以下の中古車は修復歴ありもしくは走行距離10万kmオーバーというクルマなので、コンディションなどを考えると予算200万円は用意したい。

 グレードはデビュー時から設定されているスペシャルパッケージが約55%と最も多く、次いでレザーパッケージ、標準グレードが続く。最も多いスペシャルパッケージでは約7割がMT車となっており、先代モデル同様にソフトトップはMT車比率が高い。

 そして最後はRFだが、登場からようやく3年と新しいモデルなので、中古車の価格帯は約214万~約379万円と高値をキープしている。グレード分布は豪華装備が特徴のVSが約58.6%と最も多く、次いでRSが続く。

 最も多いVSの中古車のトランスミッションを調べてみるとMTとATがほぼイーブンとなっており、パワーのある2Lエンジンの特性を活かして、こちらも先代モデル同様にドライビングプレジャーを楽しむ人が多いことがわかる。

オススメなロードスターはこれ!!

 ロードスターの中古車は先代のNC、現行型のNDともにハードな走りを求める人はソフトトップドライビングプレジャーそしてオープエアを手軽に楽しみたいという人はRHT、RFがオススメといえる。

 多くの人にとってオープンカーは人生の中で2回手にするチャンスがあると考えられる。1回目は独身の若者のとき、そして2回目は子育てを卒業した時。

 ロードスターの中古車で言えば、1回目は価格の安いソフトトップを手に入れてガンガン走ってクルマを操る楽しさを知る。そして2回目は色々なクルマに乗って、やはりクルマ本来の操る楽しさをもう一度味わいたいと思う時だ。

 そんな素敵なカーライフをロードスターは演出してくれるクルマなのだ。

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rファイナル登場か!?】ガソリンエンジンの逆襲!!|ベストカー 2020年1月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!    最新号では、 巻頭スクープで『ガソリンエンジンの逆襲』と題し、GT-Rファイナルエディション、レクサスLC Fなど注目車の存在をキャッチ。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。  そ…

カタログ