空前の「タマ不足」到来中!! アルファード、クラウン、5年後に高く売れるクルマは?


 いま、中古車価格が急騰しています。なかには新車以上の価格がついているものもあるとのこと。こんな光景を目の当たりにして「あの頃、新車を買っておけばよかった」なんて後悔している人もかなりいるんじゃないでしょうか。では「いま買っておいたらあとで高く売れるクルマ」というのはどういうクルマなのでしょうか。今回は中古になっても5年後に高く売れるクルマについてレポートしました。

文、図表/松崎隆司、写真/トヨタ、ホンダ、スズキ

【画像ギャラリー】売るならいまか!?? 中古車市場で高騰中の国産車たち(14枚)画像ギャラリー

■人気の高いグレードや特別仕様車が下取り高額化

 中古市場で人気のあるクルマというのは、基本的には新車時の販売台数の多いクルマです。別表にも中古になっても人気のあるクルマ(図1)についてまとめましたが、今ならミニバンやSUVなどが人気の車種です。

 ミニバンやSUVなど、ほしいクルマのタイプが決まっていれば、同一タイプのなかから「中古になっても人気のあるクルマ」から選ぶというのもひとつの方法です。

 同一車種ならやはり人気の高いグレードのほうが需要があるようです。たとえばランドクルーザーならZX、ランドクルーザープラドならTX-L。アルファードなら2.5SCパッケージなどが今人気の高いグレードです。

 もちろん廉価グレードであってもリセールバリューの高いクルマもありますが、予算が許せば、標準グレードよりも高いもののほうがいいようです。予算的に廉価版のグレードしか買えない場合でも、残価設定ローンを活用してワングレード上のクルマを買うという方法もあります。

 また、中古市場での人気を決めるのはグレードだけではありません。

 特別仕様車は希少価値が付きますから大きなプラス評価につながるようです。ちなみに2022年5月13日にはトヨタのアルファードとヴェルファイアの特別仕様車が発売され、7月28日から2か月限定でスバルのBRZが200台限定の特別仕様車が販売されています。さらに8月2日にはトヨタのランドクルーザープラドの特別仕様車が発売予定です。こうしたクルマは中古になってもプレミアム価格がつく可能性が高いといえます。

アルファード/ヴェルファイアはごく一部の在庫車、展示車を除きオーダーストップに。2023年春のフルモデルチェンジに向けて準備中。オーダーを入れて納車待ちの人も多数あり

■エアロパーツは「フルセット」がお得&絶版に注意

 装備品については、中古車買取ではあまり評価されないことが多いのですが、新車時しか装備できないメーカーオプションなどは、付加価値が増す可能性もあります。メーカー純正カーナビや(トヨタ車であれば)モデリスタ製エアロパーツ、アルミホイールなどが評価されやすく、(単品装備ではなく)フル装備のほうがより評価が高いといわれています。予算が許せばフル装備で購入したいところです。

 実はボディカラーも重要な要素です。

 ボディカラーは利用者の趣向が強く反映する部分ですが、一方で用途にもかかわってくる部分だからです。独身男性なら目立つレッドやイエローなど派手なクルマを買いたくなるかもしれませんが、ファミリーで利用するようなユーザーや商用などで使うユーザーは、目立たない色を好む傾向があります。

 特に日本人にはパールホワイトが人気で、続いて黒、シルバーなどのシックな色を好む傾向があます。中古車市場では奇抜なボディーカラーは人気が落ちる傾向にあるようです。

 販売終了モデルやモデルチェンジしたクルマは買取価格が安くなる傾向があります。

「買った時には人気車種だったのに……」とぼやくようなことはないようにしたいものです。

 ホンダは2021年内にはオデッセイ、レジェンド、クラリティの国内販売終了を発表。今年に入ってからもシャトル、インサイト、CR-Vなどの生産も終了しました。このほか、日産のフーガ、シーマ、スカイラインHVなども今年生産終了となります。売却は生産終了発表前にしたいところです。

 ここで「あれ」と思われた読者の方もいらっしゃるんじゃないですか。販売終了しても中古市場での価格がそれほど下がっていないクルマもあるんじゃないかと。

 そうです。中古車というのは「ナマモノ」といわれるくらい、時間と共にその価値が劣化するものなのですが、最近の中古車市場は必ずしもそうなっていないのです。

 その理由はいくつかありますが、円安による海外での需要拡大と半導体不足や上海のロックダウンなどで国内の新車の大幅な生産遅延が起こり、中古市場にも販売するためのクルマが不足しているのです。だからこれまで強い人気を誇ってきたクルマは今後生産停止になったとしてもしばらくは高値が続く状況にあるわけです。

 さらに中古車業界の事情通は次のような事情についても教えてくれました。

「モデルチェンジで発売される新型車も、最近では『出る出る詐欺』のようになっており、発売が次々に延期になっています。以前のようにモデルチェンジが決まっても明確に価格が低下するような状況ではなくなっていると思います」

 しかしこうした状況がずっと続くわけではありません。

 大手中古車関連企業の社長は「もちろんこうした状況が続くのは限定的。それでもだいたい3年ぐらいの間は続くのではないか」と話していました。5年後にクルマを売却することを考えると選択枝には入れにくいものであるといえるのではないでしょうか。

次ページは : ■「残価率」で5年後の人気がわかる

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ