ニンジャもZもEVに!バイクに迫る電動化のビッグウェーブ【EICMA注目125cc特集①】

ニンジャもZもEVに!バイクに迫る電動化のビッグウェーブ【EICMA注目125cc特集①】

 世界最大級の二輪見本市であるミラノショー(EICMA)が11月8日~13日、イタリアで行われた。

 今年は特に125cc以下のモデルが豊作。カワサキは大手バイクメーカーで初の電動スポーツバイクを発表し、ホンダは一般ユーザー向けで初の電動モデルを公開した。今回はこれら電動バイクを中心に紹介しよう!

文/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】カワサキとホンダEVの詳細をジックリ見てみる!(10枚)画像ギャラリー

オートマ小型限定で乗れるカッコイイEVスポーツ誕生!

 他社が内燃機関のバイクを発表する中、カワサキは大々的に電動バイク(EV)とハイブリッドをメインに打ち出した。

 中でも注目を浴びたのがNinja(ニンジャ)とZのEVだ。ともに同社の柱となっているブランドで、前者はフルカウルスポーツ、後者はネイキッドのスタイルを持つ。スクーターではないモーターサイクルのEVは、大手バイクメーカーでは初となる。

 8月の鈴鹿8耐でデモランを行ったZに加え、ニンジャもEICMAで初めて発表された。ともに試作品だが、完成度は高く、ほぼ市販版と言ってよさそうだ。

EV ninja z
Z EV(左)とニンジャEV。2車は基本設計を共有しており、トレリスフレームは新設計。外装や足まわりは現行のニンジャ250、Z250と同様だ。出力区分は原付2種(51~125cc)相当

 外観は普通のバイクにしか見えないが、通常はエンジンの部分にバッテリー、スイングアーム手前に電動モーターを搭載。スペックなどの詳細は未発表だが、欧州のA1免許(~125cc、15ps以下)に対応する。

 バッテリーは着脱式で2個搭載。単体重量は約12kgとかなり重いが、駐車場に停めた後、室内まで運んでの充電も可能だろう。なお、共通規格バッテリーのシェアリングサービス「Gachaco(ガチャコ)」(後述)に使用されるホンダモバイルパワーパックe:とは規格が異なるようだ。

 2019年のミラノショーで初公開された研究用の電動ニンジャは4速ミッションを備えていたが、今回発表されたEVは、クラッチレバーとシフトペダルがなく、オートマと見られる。欧州では2023年中に発売されるものの、日本導入は不明。日本で発売された際は、オートマ限定小型二輪免許で乗車できるだろう。

 既にZ125プロが生産終了になり、カワサキの国内ラインナップで125cc以下のクラスはゼロ。欧州では125cc単気筒エンジンを搭載するNinja125、Z125がリリースされているが、国内には導入されていない。

 カワサキは125クラスに電動スポーツバイクを投入し、いち早く新時代を切り開くに違いない。

次ページは : カワサキの世界初ストロングハイブリッドは400cc相当か

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!