新星タフト対王者ハスラー全10項目で見る「一長一短」 割り切りか基本性能か!? 

 人気の軽SUVにダイハツが殴り込み! 新星「タフト」と王者「ハスラー」、それぞれの長所と個性は?

 今人気の高いカテゴリーは軽自動車とSUVだ。この2つの要素を併せ持つタフトとハスラーは、注目度が抜群の2車種になる。ダイハツのタフトは6月10日に発売。先駆者であるスズキ ハスラーとともに軽SUVが盛り上がりをみせている。

 そこで、両車を真っ向から比べた。比較すると、同ジャンルながら意外にも個性が異なり、その長所は明確に異なる点も非常に面白く、またユーザには選びやすいともいえそうだ。

文:渡辺陽一郎/写真:池之平昌信、中里慎一郎

【画像ギャラリー】どちらを選ぶ!? 軽SUVの新星タフトと王者ハスラー! 両車の魅力を写真でチェック!!


■インテリアと居住性、荷室と収納では「王者」ハスラーが有利か!?

●内装のデザイン/質感/操作性/視認性比較

ハスラーのコンソール類。視認性や操作性もよく、運転が楽しくなるような秀逸なデザインだ

 軽自動車だから、全長3395mm、全幅1475mmは共通だが、全高は異なる。ただし床面とアンテナの形状が違うため、全高は異なるものの、室内高の数値は両車とも1270mmで等しい。車内の広々感に大差はない。

 内装の質も同程度だが、ハスラーはインパネにオレンジ/ブルー/ホワイトのフレームを3つ並べており、遊び心を感じさせる。

 ここはハスラーに軍配をあげたい。

前後席の居住性比較

タフト前席。余裕のあるサイズ感と両サイドのサポート性も良好。これはハスラーも同等だ

 前席の座り心地は両車とも同等だ。背もたれと座面のサイズに余裕があり、肩まわりを含めてサポート性も良い。座り心地にボリューム感を持たせた。

 後席は、ハスラーの場合、背の高い軽自動車では平均的な座り心地だ。タフトは座り心地が悪い。大腿部と座面の接する部分が短く(ハスラーを少なくとも30mmは下まわる)、座面の前端が硬めで角度を少し持ち上げたから、大腿部に違和感が生じた。

 後席の背もたれは、タフトでは角度が立ち気味になる。ハスラーはリクライニング機能を装着したから、着座姿勢を変えやすい。

ハスラー後席。リクライニング機能や足元空間の広さで、後席はハスラーに軍配があがるだろう

 足元空間の広さも違う。ハスラーは後席にスライド機能を装着したから、後端まで寄せるとスペースを拡大できる。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ3つ半だ。

 タフトの後席にはスライド機能が装着されず、膝先空間はハスラーと同じ測り方で、握りコブシ2つ少々にとどまる。タフトでも4名乗車は充分に可能だが、広々感は乏しい。前後席に座る乗員同士の間隔も、ハスラーは1035mmだが、タフトは900mmだ。

 このようにタフトは、シートアレンジを単純にして、車内の後部を荷室と割り切った。車内の色彩も前席はブラック、後席はグレーに分けられ、ドアハンドルのメッキも省いた。

 細部の機能や仕上げの差で、ハスラーの勝利!

荷室と収納設備比較

タフトの後席と荷室。スペースも地上高もハスラーと同程度だが、収納設備の充実はハスラーに分がある

 両車ともに荷室の広さは同程度だ。ハスラーが後席のスライド位置を調節して、タフトと同等に合わせると、似たようなスペースになる。路面からリアゲート開口下端部までの高さは、タフトが720mmでハスラーは710mmだ。これも同程度になる。

 ただしN-BOXの470mm、タントの580mmに比べると高めだ。最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)はタフトが190mm、ハスラーは180mmと余裕があり、デコボコを乗り越えやすい代わりに荷室の床が高まった。それでも700mmを超えると重い荷物を載せにくい。

 特にタフトは車内の後部を荷室と割り切ったので、荷室床面の高さはもう少し抑えたい。

 収納設備はタフトも豊富だが、フタの付いていないトレイが多い。前席の中央には、電動パーキングブレーキスイッチが収まるセンターコンソールを配置したが、上部のトレイは浅い。もう少し深さのあるボックスが欲しい。

 その点でハスラーは収納設備も充実する。売れ筋の「ハイブリッドX」であれば、助手席の前側に、上からフタの付いたアッパーボックス/トレイ/グローブボックスを装着した。助手席の下側にも大容量のボックスが備わり、ハンドルが付いているから車外に持ち出せる。

 割り切りのタフトに比べて、充実のハスラーの勝利。

■走行性能では「新星」タフトが一矢報いるか!? 乗り心地では互角?

●動力性能&加速フィーリング比較

タフトのエンジンルーム。市街地での走行に適した実用回転域の駆動力はハスラーよりも実用的だ

 ノーマルエンジンはタフトが優れている。街中の走りで多用する実用回転域の駆動力が高いためだ。

 ハスラーのエンジンは、高回転域の伸びは良いが、実用域はタフトに少し負ける。タフトのノーマルエンジン車場合、CVTが発する高音のノイズは少し耳障りだが、ハスラーも静かではない。

 ターボエンジンは、両車ともに最大トルクがノーマルエンジンの1.7倍に増強されるので、動力性能は十分だ。主にノーマルエンジンで差が生じた。

 実用面に重きを置いたタフトの勝利としておこう。

走行安定性比較

走行安定性は両車とも優れているが、曲がりやすさという面ではタフトが有利だろう

 両車とも全高が1600mmを超える軽自動車として、走行安定性は優れている。操舵感も自然な印象だ。

 その上で比べると、操舵に対する反応はタフトが少し上まわる。車両の向きが適度に変わり、峠道なども走りやすい。

 ハスラーは全高が50mm高いこともあり、操舵感は若干鈍い。後輪の接地性は、安定性を維持する上で重要だから両車とも満足できるが、曲がりやすさに違いがある。

 自然で軽快な操舵感を持つタフトの勝利だ。

乗り心地比較

タフトをドライブする。両車とも車高が高く、運転していても視界がよく安心感がある

 乗り心地は両車とも似ている。50km/h以下では、路上の細かなデコボコを伝えやすい。その代わり大きめの段差を乗り越えた時の突き上げ感は抑えた。

 タイヤサイズは、両車とも15インチだが扁平率は違う。タフトは165/65R15で、ハスラーは165/60R15だ。タイヤサイズでは、タフトが乗り心地で少し有利になる。

 試乗車が装着していたタイヤの銘柄は、タフトがヨコハマ・ブルーアースAE30で、ハスラーはダンロップ・エナセーブEC300+だ。指定空気圧は、両車の前後輪ともに240kPa。このあたりが今の軽自動車の標準的な仕様になる。

 甲乙付け難い。ここは引き分けとしておこう。

■安全・快適装備ではタフトに若干歩があるか? 燃費では王者ハスラーが勝利!

安全装備&運転支援機能比較

タフトは全車にLEDヘッドライトを装備。安全装備や運転支援に力を入れるのは後発車の強みだろう

 両車とも衝突被害軽減ブレーキを装着して、昼夜ともに歩行者も検知する。タフトは自転車も検知対象に含めた。

 ヘッドランプは、タフトでは全車がLEDを採用して、「G」と「Gターボ」にはアダプティブドライビングビームも装着した。

 ハイビームで走行中に対向車などを検知すると、ハイビームの視界を保ちながら、必要に応じて複数備わるLEDを部分的に消灯する。そのために良好な視界を損なわずに、相手車両の眩惑を抑えられる。

 運転支援機能は、両車とも車間距離を自動制御しながら、設定速度の範囲内で先行車に追従走行する機能を採用した。タフトはパーキングブレーキが電動式だから、停車するまで追従を保ち、停車時間が長引いた時にはパーキングブレーキを自動的に作動させる。

 ハスラーも全車速追従式だが、パーキングブレーキは足踏み式だから、長時間の追従停車はできない。停車後約2秒を経過すると再発進してしまう。

 より細やかに運転を支援するタフトの勝利!

快適装備比較

タフトは全車にガラスルーフを装備。これだけでタフトに軍配をあげたくなる爽快感だ

 タフトは全車にガラスルーフのスカイフィールトップを標準装着した。LEDヘッドランプや電動パーキングブレーキも全車に標準装着して、価格が最も安い2WD「X」は135万3000円だ。

 ハスラーで最も安価な2WD「ハイブリッドG」は、ヘッドランプはハロゲンでパーキングブレーキも足踏み式、ガラスルーフは装着されないが価格は136万5100円だ。タフトは各種の装備を充実させながら価格を割安に抑えた。

 爽快感を味わえるガラスルーフは魅力だ。タフトの勝ち!

燃費性能比較

 両車のWLTCモード燃費を2WDで比べると、タフトのノーマルエンジンは20.5km/L、ターボは20.2km/Lだ。ターボには、CVT(無段変速AT)の変速幅をワイド化したD-CVTが採用され、燃費数値はほぼ同じになる。

 ハスラーはノーマルエンジンが25km/L、ターボは22.6km/Lだ。マイルドハイブリッドの採用もあり、ハスラーは燃費数値が優れている。

 ここは王者の風格といったところか。ハスラーの勝利!

■外観の似た軽SUV同士だがそれぞれに優劣あり! ニーズによって選ぶのが得策か

総合評価/どちらが買い得か

開放感のあるガラスルーフと充実の運転支援機能がタフトの魅力だろう

 タフトとハスラーは外観の似通ったライバル同士だが、優劣のポイントは異なる。

 タフトは開放感が伴うスカイフィールトップ、運転支援機能の効果を高める電動パーキングブレーキ、ハイビーム状態を保ちながら対向車の眩惑を抑える機能など、各種の装備を充実させた。

後席のシートアレンジや優れた燃費、4WDに組み合わせられる悪路走破力などがハスラーの魅力だ

 一方、ハスラーのメリットは、後席の多彩なシートアレンジ、マイルドハイブリッドの採用に基づく優れた燃費と静かなアイドリングストップ、4WDに組み合わせられる悪路走破力を高める機能などだ。

 タフトは便利に楽しく使える装備、ハスラーは基本性能に力を入れて開発された。ニーズに応じて選び分けられる「軽自動車×SUV」のラインナップを整えている。

【画像ギャラリー】どちらを選ぶ!? 軽SUVの新星タフトと王者ハスラー! 両車の魅力を写真でチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ