クルマにとって過酷な灼熱の夏 塗装を長持ちさせるためにすべきこと 

 クルマは屋根付きの駐車場に保管していても、チリやホコリは付着するし、走れば直射日光にもさらされたり、突然の雨にやられることもある。

 それが屋根なしの駐車場の場合は雨ざらしにもなるし、ギラギラ照りつく太陽にさらされることも日常茶飯事とコンディションはシビアになる。

 そんなことを考えていたらクルマなんて乗れないが、できるだけピカピカのきれいなクルマに乗りたい、と考えるなら『クルマの塗装の敵』について知っておく必要がある。

 本企画ではイオンデポジット、ウォータースポット、水アカといった水に由来する塗装の敵について見ていく。

写真:奥隅圭之、平野学、池之平昌信、ベストカーWeb編集部、ベストカー編集部、Adobe Stock

【画像ギャラリー】手強いイオンデポジット、ウォータースポット、雨ジミから愛車の塗装を守る10箇条


塗装は大きく進化しているが敵は存在する

 塗料、塗装技術の進化は目覚ましく、日本車のクォリティが飛躍的に向上した1990年代と比べても雲泥の差です。かつては退色することの多かったソリッドの赤系を筆頭に濃色系も耐久性が大幅アップしています。

 今ではナチュラルマットカラーのクルマを見ることも少ないと思います。

塗料、塗装技術の進化は目覚ましく、光沢、艶もすばらしいが、耐久性が大きく向上し、赤系をはじめとする濃色の退色の心配が激減

 しかし、クルマの塗装の耐久性が向上している現代でも、塗装の敵は存在します。いろいろな敵が存在しますが、最も身近な存在である水に着目し、いろいろなケースについて考察していきます。

洗車時の水道水が悪さをする!?

 今ではよく耳にするようになったイオンデポジットですが、最大の原因となるのが洗車時の水です。

 一般的に洗車をする場合、個人であろうが洗車機を使うにしても水道水を使うと思います。しかしこの水道水が曲者なのです。

洗車する場合は基本的に水道水を使用するが、その水道水に含まれるミネラル成分が塗装面に残ることでイオンデポジットとなる

 実は水道水にはいろいろなミネラル成分が含まれています。そのほか消毒のための塩素(カルキ)、不純物なども入っています。カルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分、混入物が悪さをするわけです。

 ちなみに、水道水は場所によっても成分が大きく違いますが、イオン濃度(数値が大きいほどミネラル成分が多い)を測定する純水が0ppmなのに対し50ppm前後となっています。

ボディ表面で球状の水滴となる撥水系コーティングなどの場合、この状態で放置しておくと水分が蒸発した時にイオンデポジット形成される

 具体的に言うと、洗車をした時にしっかりと拭き取らなかったり、水分が一気に蒸発したりした場合、水分だけが抜けて塗装面にミネラル成分や不純物が残り固着します。

 白っぽい水垢のようなもので、当然白系よりは濃色車のほうがわかりやすいのですが、裏を返せば白系のクルマはイオンデポジットに気づきにくいため注意が必要になってきます。

白いうろこ状の汚れのような形で付着しているのがイオンデポジット。写真の場合かなりの広範囲にわたりイオンデポジットができている

 そのほかではウィンドウウォッシャー液がボディに付着して、その成分がイオンデポジット形成の要因になることもありますので、ウィンドウウォッシャー液を使用した時は、洗車が必要になります。

 あと、ミネラルと言えば塩分(塩化ナトリウム)。そう海です。海辺に行くだけでカラダが塩っぽくなるのと同様に、クルマには多くの塩分が付着します。

 夏場は海に行く機会も増えますが、これを放置しておくと、イオンデポジットの要因になりますので洗車をお忘れなく。

 このイオンデポジットは水分が乾く前に、きれいな水で流し水を拭き取ることによって発生を最小限にとどめることができますが、気づかないうちに堆積してくると塗装に大きなダメージを与えます。

 このイオンデポジットは、塗装面だけでなく、ウィンドウ類にも付着しますので、ウィンドウのケアもしっかりするようにしましょう。

海水浴などに行かなくても、海沿いの道を長時間走行したり、駐車しておくとクルマの塗装には塩分が付着して、イオンデポジットの要因となる

ボディに付着した雨粒にも要注意

 いっぽう、雨水はどうなのでしょうか?

 雨水のイオン濃度は純水に近いレベルであることがわかっています。水道水に比べるとイオンデポジットができにくいのは事実ですが、安心はできません。

 雨水にミネラル成分が少ないのは、蒸発した水が降ってくるからですが、降ってくる途中にチリ、ホコリ、油分、鉄分などの不純物が混入します。

 そして、それがクルマに水滴として付着したまま水分だけが蒸発することで雨ジミとなります。白っぽいイオンデポジットとは対照的に、黒っぽい汚れとしてミラーの後ろなどから垂れた状態で付着しているケースがよく見られます。

雨粒には空気中のチリ、ホコリ、鉄分、油分などが混入しているため、雨が降って後に放置しておくと写真のような雨ジミができてしまう

 この雨ジミも洗車によって早期対処しないと固着して取れなくなってしまいます。

 注意しなければいけないのは、雨が止んだ後に、水滴を残さないためにクルマを拭く人がいますがこれは絶対にやってはいけません。

 前述のとおり、雨にはいろいろな不純物が含まれているため、拭き取る時に塗装を傷つけてしまいます。洗車をするか、最低でも必ず水を流した後に拭き取るようにしてください。

 雨が降った後は、できるだけ早期に洗車をする習慣をつけることで、雨ジミの発生なども防ぐことができます。

雨自体にはイオンデポジットの要因となるミネラル成分はほとんど含まれていないが、塗装に悪影響であることには変わりはない

放置すると手痛いことになる

 イオンデポジットが塗装面に付着したままの状態で放置しておくと、塗装のクリアコートを侵食し、凹みができてしまいます。

 これがウォータースポットと呼ばれるものです。最悪のケースはクリア層を突き抜けて塗装面まで侵食していきます。

イオンデポジットも初期のライトなものならシャンプーなどで洗い落とすことが可能。レベルによって削ったり、溶かしたりして除去する

 一度ウォータースポットができると、そこに水が溜まりやすくなり、イオンデポジットができやすくなります。まさに負のスパイラルです。

 しかも、イオンデポジットは早期ならカーシャンプー、ある程度堆積すると削ったり溶かしたりすることで消すことができますが(けっこう手間)、凹みができてしまうとクリアの再塗装など非常に手間とお金がかかることになってしまいます。

 ヘアスクラッチや小傷などを自己修復する画期的塗装である日産のスクラッチシールド、トヨタ&レクサスのセルフリストアリングコートは、クリア層が柔らかいため、分子間レベルで見た時に雨粒によりウォータースポットができやすいという報告もあるようです。

 せっかくの先進塗装もウォータースポットができると台無しになります。

新型ハリアーは新たにセルフリストアリングコートを採用。美しさを保つためにもウォータースポットには気を付けたいところだ

まとめ

 これまで水ジミについて見てきましたが、諸悪の元凶であるイオンデポジットを作らない、塗装を守るために注意すべき点について触れておきます。

■炎天下で洗車はしない(水分が蒸発しやすい)
■洗車をした時はすぐに拭き取る(ミネラル成分を残さない)
■ミネラル分の多い水での洗車は避ける(キャンプ地などでの井戸水洗車は要注意)
■雨が降った後はできるだけ早く洗車をする
■雨粒は拭き取ってはいけない
■ウィンドウウォッシャー液を使用した後は洗い流す

 必要以上に恐れる必要はありませんが、一見きれいに見える塗装は常に痛めつけられる環境にあることを理解しておく必要があります。

真夏の炎天下ではボンネットの表面温度は80度以上にもなる。こんな状態で洗車すれば、拭き取る前に水分が蒸発し、イオンデポジットができやすくなる

【画像ギャラリー】手強いイオンデポジット、ウォータースポット、雨ジミから愛車の塗装を守る10箇条

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ