新型ヤリスクロスは小型SUVで一番買いか? 大物続々登場で超激戦区へ

 いま、世界中の自動車メーカーが注目しているカテゴリは、何といっても「コンパクトSUV」であろう。日本国内では、なかでも、ホンダ ヴェゼル、ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズなどが活躍する、BセグメントのコンパクトSUVの競争が熾烈化している。

 もともとこのジャンルは、ヴェゼルやマツダ CX-3がパイオニアとして存在していたが、2016年にトヨタ C-HRが登場し、ヴェゼルとC-HRの販売競争が激化。

 さらにそこへ昨年2019年11月、ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズが投入されると、瞬く間に王座にのぼり詰めた。さらに6月、日産 キックスが登場し、ヤリスクロスも今秋参戦、と、まさに混戦状態だ。

 果たして、後発となるヤリスクロスは、これらのライバルと比べて「買いの一台」といえるのだろうか。今回は、他社車である「CX-3」「ヴェゼル」「キックス」の3台と、「ヤリスクロス」を比較していく。

文:吉川賢一/写真:池之平昌信、ホンダ、日産自動車、MAZDA、TOYOTA

【画像ギャラリー】小型SUV市場がアツい!! キックス、ヤリスクロス、新型続々登場の激戦区を写真でチェック!!


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ