マグナイト、BR-V…売ってないけど日本に適した海外専売車5選


■東南アジア圏で販売のホンダ BR-Vは価格次第で日本でも人気車となるか!?

東南アジア圏で販売されるSUV、ホンダ BR-V。価格設定次第では日本でも人気車となる可能性もある

 BR-Vは東南アジア圏で販売される3列シートとなる、全長4453mm×全幅1735mm×全高1666mmというコンパクトクラスとしては長い全長を持つSUVだ。

 全長が長いだけにまずまず使える3列シートを持ち、インテリアの雰囲気も明るいなど、雰囲気も楽しげだ。パワートレーンは1.5L直4・NAエンジン+CVTが基本で、国によってはMTも設定される。

 今後ほどほどのサイズの3列シート車は新型コロナウイルスの影響もあり、公共交通機関を避けた家族などでの移動を考える人が増えると、さらに需要が増加する可能性は充分ある。また、BR-Vは家族が持つ人を含めた若年層にも似合うクルマでもある。

 こうしたことを総合すると、BR-Vは登場が2016年のため日本導入があるとすれば次期モデルからというタイミングになりそうだが、日本でも200万円程度の価格で販売されれば、人気車になる可能性は小さくないのではないだろうか。

■東南アジア圏販売の三菱 エクスパンダーは日産との共同国内販売に期待

東南アジア圏で販売される三菱エクスパンダー。アライアンスを結ぶ日産との販路共有で国内販売も可能か?

 東南アジア圏で販売される点や3列シートで全長4475mm×全幅1750mm×全高1700mmというボディサイズ、トランスミッションこそ4速ATながら1.5L直4エンジン搭載することなど、エクスパンダーもBR-Vに近いモデルだが、エクスパンダーはミニバンに軸足を置いたモデルだ。

 しかし、エクスパンダーは標準車でも最低地上高が205mmとSUV並に高く、クロスオーバー化したクロスになると225mmとクロカンSUV級となるのが面白い。

 エクスパンダーもBR-V同様の魅力を持つモデルだ。日本だと三菱自動車だけで売るのは厳しいとしても、アライアンスを結ぶ日産でも売れば相当の販売が期待できる予感もする。

 200万円程度の価格で販売できれば、両社の国内販売においてもそれなりの戦力になるのではないだろうか。

次ページは : ■インドで販売のスズキ エスプレッソはクオリティ面で厳しいか?