ヤリスクロスで状況一新!? 車種縮小とSUV過多の矛盾はどうなる!? トヨタSUV戦略を斬る!!

 SUV販売が絶好調なトヨタ。2019年末発売の小型SUV「ライズ」が、2020年上半期の登録車販売で一位を記録。2020年6月発売のハリアーは、既に年内納車が難しいといわれるほど。さらに新たな小型SUV「ヤリスクロス」の9月発売を予告するなど、トヨタは攻めの姿勢を見せる。

 その一方で、既に将来的な既存車種の半減と販社統合を進める半版戦略の見直しを図っている。新型車を続々と投入しながらも、車種の減少に違和感を覚える人もいるだろう。トヨタの車種統合の予想とSUV戦略の今を分析する。

文:大音安弘/写真:TOYOTA

【画像ギャラリー】トヨタ戦略の今!! 車種縮小とSUV大量投入で売れ線車と消えゆく車を画像で見る!!


■9車種まで拡大されるSUV

2016年末のC-HR投入以降、続々と新型車を投入しているトヨタ。2020年9月国内投入予定のヤリスクロスを含めると全9車種にもおよぶ

 2016年末のコンパクトクロスオーバーSUV「C-HR」の投入以降、続々と新型車を投入。そのすべてがヒットとなっているトヨタ。2020年9月国内投入予定のヤリスクロスを含めると、全9車種にまで拡大。

 本格SUVの「ランドクルーザー プラド」と「ランドクルーザー」以外は、ここ数年に投入された新型車のみと、フレッシュな顔ぶれだ。トヨタの中でも、セダンに次ぐ車種の多さを誇るが、セダンは、アリオンとプレミオという姉妹車を含めて10車種なので、トヨタの中で最も多彩なラインアップがSUVといえる。

 そのラインアップは、エントリーコンパクトの「ライズ」、スペシャルティなコンパクトの「C-HR」、タフなミッドサイズの「RAV4」とそのPHV「RAV4 PHV」。

 さらに上級の都市型ミッドサイズ「ハリアー」、ミッドサイズ本格派「ランドクルーザー プラド」、フラグシップのラージサイズの本格派「ランドクルーザー」と、下から上までしっかりとカバーする。9月発売予定のヤリスクロスは、「ライズ」と「C-HR」の間を埋めることになる。

■ライバル不在か!? ヤリスクロス

ライバルとなりそうな日産キックスやマツダCX-3よりもコンパクトなヤリスクロス。日本のSUV市場の薄い層を攻めてきたという印象だ

 ヤリスクロスは、日本のSUV市場の薄い層を攻めてきたという印象だ。ライバルとなりそうな日産キックスやマツダCX-3よりも、コンパクト。ヤリス譲りの機動性の良さに加え、サイズアップによる積載性の向上が期待でき、コンパクトカーで十分だが、キャビンの広さも重視するユーザーに受けそうだ。

 ハイブリッドに加え、4WDの設定も強みとなるだろう。この手のサイズのクロスオーバーは、欧州車の方が得意。ただ日本だと、価格面が厳しい。ヤリスクロスがお得感を打ち出せば、一人勝ちも十分あり得る。それだけに、既存のラインアップに割り込むように導入を決めたのだろう。

■2025年までに30車種程度とするが……

人気のSUV市場へ続々と新車を送り込むトヨタだが、マークXやエスティマなどのビッグネームは廃止の動きを見せている

 人気のSUV市場へ続々と新車を送り込むなど好戦的な姿勢で挑むトヨタだが、その一方で、将来的な国内での新車販売の落ち込みを懸念し、ディーラーの再編による全店舗全車種取り扱いや2025年までに現状のおよそ半分といえる30車種にまで車種を削減する方針も打ち出している。

 この流れは、東京地区のメーカー直系の新車ディーラーを統合した「モビリティ東京」の誕生や東京地区を除く、全国ディーラーでの全車種扱い、そしてマークXやエスティマなどのビッグネームの廃止などの具体的な動きを見せている。

 新車ディーラーの統合によって、姉妹車が不要になることから、ラージミニバンのアルファードとヴェルファイアや小型ミニバンであるノア3兄弟の統合は必須。

 もちろん、今後、廃止が決定する車種もあると見られ、まず旧型プリウスベースのワゴン「プリウスα」、個性派コンパクトトールワゴン「ポルテ/スペイド」はそう遠くないタイミングで生産を終えるだろう。

ほかにも旧型プリウスベースのプリウスαなどは、そう遠くないタイミングで生産を終えるだろう

 またビジネスカーとして延命されたカローラのセダン「アクシオ」とワゴン「フィールダー」も、販売状況を見て決断が下されるはずだ。ただビジネス向けセダンは、法人や官公庁向けのニーズも高いので、「アクシオ」「アリオン」「プレミオ」の一本化も考えられる。

 それでも半減には、まだまだハードルがあるため、さらなる近いポジションの車種への統合、ビッグネームの消滅、章男社長肝いりの「GR」シリーズでもリストラがあり得るだろう。もちろん、GRは不人気車に限定されるだろうが……。

■拡大のブレーキは縮小が強まる国内専売車か

拡大路線と思われるSUVだが、国内専売車はライズのみ。国内専売車は全カテゴリーで厳選された車種へと限定されていくだろう

 拡大路線と思われるSUVだが、既に国内専売車は、ダイハツとの共同開発車「ライズ」のみ。先代が国内専用車であった新型ハリアーも、ヴェンザの名で北米へ進出が決定。登場目前となったヤリスクロスも世界戦略車である。

 若返りが話題となった新型カローラも、国内向けカスタマイズを加えるものの、基本的な部分は世界共通開発されたもの。今後の車種の多彩さは、グローバル戦略に掛かっているといっても過言ではないのだ。

 将来的には、全カテゴリーで国内専売車は、ダイハツとの共同開発車に加え、より厳選された車種へと限定されていくだろう。

■さらなる車種増は!?

SUV人気の裏には、セダンやミニバンなど他のカテゴリーの販売減がある。プリウスやアクアといった人気車種でさえ新たな局面に立たされるだろう

 ほぼフルライン化を達成したトヨタSUVだが、その人気の裏には、セダンやミニバンなど他のカテゴリーモデルの販売減が当然ある。

 また電動車の戦略を見ても、EVでも過剰な特別感よりも、ユーザーの意識的な敷居を下げるために、エンジン車との差別化を限定化する流れも見受けられる。この結果、プリウスなどハイブリッド専用車も新たな局面に立たされる。

 現に、プリウスやアクアといった人気車でさえ、その未来については、様々な見方がある。

 SUVに限定すれば、目下の注目は、ヤリスクロスと近いタイミングで発表されたカローラクロスの存在だろう。この2台はサイズだけでなく、プラットフォームも一クラス異なる。

世界ではライバルとなるGクラスも大幅アップデートを受けただけに、ランドクルーザーシリーズがどう攻めるかも興味深いところだ

 ただヤリスクロスが、日本に引き続き、2021年半ばの欧州展開が予定される一方、カローラクロスは、タイを皮切りに、新興国を中心に展開される様だ。このため、サイズ的には、日本でも需要はあると思われるが、顧客のターゲット層が異なるため、日本への導入はないと見てもいい。

 今後の展開としては、世界的な本格クロカン人気を受けて、ランドクルーザーシリーズがどう攻めるかだろう。世界ではライバルとなるGクラスも、大幅アップデートを受けただけに、この機になるところだ。

 全体では、既存モデルのフルモデルチェンジや派生車の投入が中心となり、全車種扱いの動きから、車種の統廃合が進むため、全体的には減少させていくだろう。

 コロナ下でも、揺るがない経営状況を示したトヨタ。流行りとはいえ、SUV市場に果敢に挑めるのは、その母体の強さが故。まさにトヨタの底力を見せつけられたという思いだ。

【画像ギャラリー】トヨタ戦略の今!! 車種縮小とSUV大量投入で売れ線車と消えゆく車を画像で見る!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ