ヤリスクロスで状況一新!? トヨタ車種縮小とSUV過多の矛盾はどうなる!?


 SUV販売が絶好調なトヨタ。2019年末発売の小型SUV「ライズ」が、2020年上半期の登録車販売で一位を記録。2020年6月発売のハリアーは、既に年内納車が難しいといわれるほど。さらに新たな小型SUV「ヤリスクロス」の9月発売を予告するなど、トヨタは攻めの姿勢を見せる。

 その一方で、既に将来的な既存車種の半減と販社統合を進める半版戦略の見直しを図っている。新型車を続々と投入しながらも、車種の減少に違和感を覚える人もいるだろう。トヨタの車種統合の予想とSUV戦略の今を分析する。

文:大音安弘/写真:TOYOTA

【画像ギャラリー】トヨタ戦略の今!! 車種縮小とSUV大量投入で売れ線車と消えゆく車を画像で見る!!


■9車種まで拡大されるSUV

2016年末のC-HR投入以降、続々と新型車を投入しているトヨタ。2020年9月国内投入予定のヤリスクロスを含めると全9車種にもおよぶ

 2016年末のコンパクトクロスオーバーSUV「C-HR」の投入以降、続々と新型車を投入。そのすべてがヒットとなっているトヨタ。2020年9月国内投入予定のヤリスクロスを含めると、全9車種にまで拡大。

 本格SUVの「ランドクルーザー プラド」と「ランドクルーザー」以外は、ここ数年に投入された新型車のみと、フレッシュな顔ぶれだ。トヨタの中でも、セダンに次ぐ車種の多さを誇るが、セダンは、アリオンとプレミオという姉妹車を含めて10車種なので、トヨタの中で最も多彩なラインアップがSUVといえる。

 そのラインアップは、エントリーコンパクトの「ライズ」、スペシャルティなコンパクトの「C-HR」、タフなミッドサイズの「RAV4」とそのPHV「RAV4 PHV」。

 さらに上級の都市型ミッドサイズ「ハリアー」、ミッドサイズ本格派「ランドクルーザー プラド」、フラグシップのラージサイズの本格派「ランドクルーザー」と、下から上までしっかりとカバーする。9月発売予定のヤリスクロスは、「ライズ」と「C-HR」の間を埋めることになる。

■ライバル不在か!? ヤリスクロス

ライバルとなりそうな日産キックスやマツダCX-3よりもコンパクトなヤリスクロス。日本のSUV市場の薄い層を攻めてきたという印象だ

 ヤリスクロスは、日本のSUV市場の薄い層を攻めてきたという印象だ。ライバルとなりそうな日産キックスやマツダCX-3よりも、コンパクト。ヤリス譲りの機動性の良さに加え、サイズアップによる積載性の向上が期待でき、コンパクトカーで十分だが、キャビンの広さも重視するユーザーに受けそうだ。

 ハイブリッドに加え、4WDの設定も強みとなるだろう。この手のサイズのクロスオーバーは、欧州車の方が得意。ただ日本だと、価格面が厳しい。ヤリスクロスがお得感を打ち出せば、一人勝ちも十分あり得る。それだけに、既存のラインアップに割り込むように導入を決めたのだろう。

次ページは : ■2025年までに30車種程度とするが……

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ