ダイハツ内の喰い合い!? 新規獲得!? 好調タフトはどんな人が買っているのか?


 2020年6月にダイハツのブランニュー軽自動車がタフトがデビューを果たした。

 東京モーターショー2019で公開したWakuWakuをベースにしたSUVタイプ軽自動車で、その後東京オートサロン2020でほぼ市販状態のタフトコンセプトを公開、デビュー2カ月前に公式ホームページで先行公開するなど積極的なアピールを展開してきた。

 販売好調のハスラーの対抗馬であること、かつて存在したダイハツのSUVのタフトの名前が復活したことなどもありデビュー前から話題性充分だった。

 それが奏功して、目標を大きく上回る初期受注も入りブランニューモデルとして幸先のいいスタートを切っている。

 タフトはどんな人が購入しているのか? ライバルのハスラーに対する魅力は? などについて渡辺陽一郎氏が考察する。

文:渡辺陽一郎/写真:DAIHATSU、池之平昌信、佐藤正勝、平野学、中里慎一郎

【画像ギャラリー】今大人気のSUVタイプ軽自動車で遊びの達人になる!! ダイハツタフト&スズキハスラーを徹底比較


発売後1カ月で1万8000台を受注 

 ダイハツの新型車、タフトの売れ行きが話題になっている。発売から1カ月後の2020年7月10日時点で「月販目標の4.5倍となる1万8000台を受注」とダイハツが発表したからだ。

 この受注台数には、複数の見方が成り立つ。まず「発売から1カ月」だが、 ダイハツは2019年12月23日、東京オートサロン2020(2020年1月開催)に「タフトコンセプト」を出展すると発表した。

メッキグリルが似合っているタフト。発売前にホームページで公開するなど、ダイハツのマーケティング戦略はいつになく積極的だった

 外観やスカイフィールトップ(大型ガラスルーフ)も明らかにされたから、この時点でタフトを購入の候補に含めたユーザーもいただろう。

 そして販売店では2020年5月上旬に、価格を明らかにして予約受注を開始した。従って短く捉えても、実質2か月間は受注を行っていた。

「月販目標の4.5倍となる1万8000台」にも注釈が必要だ。タフトは月販目標、つまり1カ月の販売目標を4000台としているが、この台数は控え目だ。

写真は東京モーターショー2019で初公開されたWakuWaku(ワクワク)。タフトがこのイメージに忠実に市販化されたのがよくわかる

タフトの月販目標はやや控えめ!?

 コロナ禍の影響を受けていない2019年(暦年)の販売実績を見ると、モデル末期だった先代スズキハスラーも、1カ月平均で4820台を販売していたからだ。新型ハスラーの月販目標は6000台に達する。

 タフトはユーザーから見ればハスラーのライバル車で、月販目標が4000台では腰が引けている。目標台数が少ないために「月販目標の4.5倍」に達したという見方も成り立つ。

 発売から1カ月で1万8000台の受注実績も、売れ筋カテゴリーの軽自動車としては驚く台数ではない。

タフで遊べる軽SUVのタフトは、SUVブームということもあり売れて当然。手軽にアウトドアを楽しむのに最適(写真はイメージカラーのフォレストカーキ)

 現行タントは売れ行きが伸び悩み傾向で、販売の主力車種では珍しく、発売後早々に割安な特別仕様車を追加した。それでも発売後1カ月の受注台数は、3万7000台と発表されていた。

 同様にムーヴキャンバスとミライースも、発売後1カ月で2万台を受注している。今では売れ行きが低調なミラトコットも、発売後1カ月の時点では受注が9000台と発表された。

 今は新車として売られるクルマの37%が軽自動車で、SUV比率も15%前後になる。タフトは2つの売れ筋カテゴリーに含まれるから、好調に売れて当然だ。

次ページは : 軽自動車で重要なのは初期受注ではない

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ