三菱アウトランダーが中古で狙い目に!! いま買い得感が急上昇!!

 2020年6月にデビューしたトヨタ「RAV4 PHV」は、販売開始直後バッテリーの生産能力を上回る受注となった結果、受注中止となった。納期は約7カ月と発表されており、現在発注しても納車は2021年3月~4月となり、トヨタ車のなかで最も長い納期となっている。

 プラグインハイブリッドのSUVのパイオニアといえば、三菱「アウトランダーPHEV」だ。国産PHVのなかで最も販売台数が多いと言われている車種で、苦戦する三菱車のなかでスマッシュヒットとしているモデルだ。

 そこで、今回は「アウトランダー/アウトランダーPHEV」の最新中古車事情をチェックし、RAV4 PHVの登場でどのような影響があったのか、そしてなかったのか、現在の値動きなどを紹介する。

文/萩原文博
写真/MITSUBISHI、編集部

【画像ギャラリー】三菱渾身の実力SUVアウトランダー画像を全部見る


■非常時にも活躍するPHEV 着実な進化でその魅力を大幅に向上

 現行型アウトランダー/アウトランダーPHEVは、まず2012年10月にガソリン車のアウトランダーが販売開始された。ミドルサイズながら7人乗りの3列シートをレイアウトしている。

 搭載するエンジンは2WD車が2L直列4気筒ガソリンエンジン、4WD車は2.4L直列4気筒ガソリンエンジンと駆動方式によって搭載するエンジンが異なっている。

 そして2012年12月に2Lガソリンエンジンを採用したプラグインハイブリッドEVシステムを搭載したアウトランダーPHEVを発売。プラグインハイブリッド車で初めてV2H(Vehicle to Home)に対応。

2013年登場時のアウトランダーPHEV。SUVの本格PHEVとしてパイオニアといえる存在だ

 低燃費と快適走行を両立するため、モーター駆動のみで走行する「EVモード」、エンジンを発電機として稼働し、発電した電力も使ってモーター駆動する「シリーズハイブリッドモード」、エンジン駆動をメインとし、必要に応じてモーター駆動によるアシストを行う「パラレルハイブリッドモード」の3つのモードを走行状況やバッテリー残量に応じて自動切換し、日常の走行ではほぼEVのみで走行することが可能となった。

 加えて前輪はエンジンとモーター、後輪はモーターでそれぞれ独立駆動する「ツインモーター4WD」に三菱が培った車両運動統合制御システム「S-AWC」を組み合わせて車両の走行安定性を高めているのが特長だ。

 2012年に販売開始後から改良が重ねられているが、トピックスと言えるのはまず2015年6月のマイナーチェンジ。内外装が変更され、フロントマスクは三菱の新フロントデザインコンセプトである「ダイナミックシールド」を採用した。

EVをベースとし、家庭への給電も視野に入れるアウトランダーPHEV。V2Hに対応しているため、非常時の電源としても活躍してくれる

 インテリアでは、シート表皮やデザインを変更している。加えて、サスペンションの取付部の合成を向上やリアのショックアブソーバーのシリンダーの大径化などによって乗り心地を向上させている。

 そして、2018年8月に行われたPHEVのマイナーチェンジ(ガソリン車は一部改良)。プラグインハイブリッドEVシステムの中心となるエンジンの排気量を従来の2Lから2.4Lへ排気量拡大。同時に駆動用バッテリー容量の増大、最高出力の向上、リアモーター出力とジェネレーター出力のアップによってEV走行の渡航距離が延長された。

2018年改良型のアウトランダーPHEV。この改良で駆動用バッテリー容量を12.0kWhから13.8kWhに増大し、最高出力を10%向上。さらにリアモーター出力を約12%アップ

 併せて、車両運動統合制御システム「S-AWC」においては、氷雪路などの滑りやすい路面で安定性とコントロールを高める走行を行う「SNOW」モードと、乾燥舗装路などでアクセルレスポンスと旋回性を高める「SPORT」モードが追加され、「LOCK」モードはより荒れた路面に特化した制御に変更された。

ランエボ譲りのS-AWCで、SUVながらハンドリングもスポーティに激変する「SPORTモード」

 この2つのトピックスを踏まえて、最新のアウトランダー/アウトランダーPHEVの最新の中古車相場を見ていきたい。

■中古市場でも注目はPHEV マイチェン直後のモデルがいま狙い目!

 まずはガソリン車のアウトランダーから。現行型アウトランダーの中古車の流通台数は約120台とかなり少なめ。3カ月前の2020年5月時点でも約170台なので減少傾向となっているし、そもそもの流通台数も少なめだ。中古車の平均走行距離は3カ月前の時点が約3.3万kmで、現在は約3.7万kmに延びているものの、平均価格は3カ月前の約185万円から約192万円へと値上がり基調となっている。

 一方の、アウトランダーPHEVの中古車の流通台数は3カ月前の時点で約660台だったが、2020年8月は約580台まで減少しているものの、ガソリン車の3倍以上の流通台数を誇っており、アウトランダーの主力モデルはPHEVということが明らかだ。中古車の平均走行距離は3カ月前の約2.7万kmから約2.3万kmへと減少しているものの、平均価格の推移は3カ月前そして8月ともに約280万円と横ばいで推移している。

ベストカー厳選!! ガソリン仕様の「アウトランダー」の最新中古車情報はコチラ!

 続いて価格帯やグレード構成などをチェックする。ガソリン車のアウトランダーの中古車の価格帯は約68万~約291万円で、2015年に行われたマイナーチェンジ後のモデルでも約115万円から購入可能となっている。

 グレード構成は、「2.4Gナビパッケージ」と「セーフティパッケージ」が約32台で並び、標準車の「2.4G」が約26台で続き、4WD車が中心だ。運転支援システム「e-Assist」に改良が加えられた2017年2月の一部改良後のモデルでも約178万円から購入できるので、バリュー感は高い。

熟成を経て完成度を高めてきたアウトランダーPHEV。2018年のマイナーチェンジではエンジンの2.4L化のみならず、構造用接着剤の塗布範囲を広げるなど地道な改善を行い質感も大幅アップ

 一方のアウトランダーPHEVの中古車の価格帯は約98万~約469万円とかなり幅広いのが特長。わずか3台ながら100万円以下のプライスを付けた中古車が出回り始めた。

 2015年にフェイスリフトしたマイナーチェンジが行われているが、マイナーチェンジ前の2014~2015年式の平均価格は約173万円。マイナーチェンジ後の2015年~2017年式の平均価格は約254万円と約81万円の価格差となっている。それ以上に注目はマイナーチェンジ後の平均価格は横ばいに対して、マイナーチェンジ前は値落ちと値動きが分かれているのだ。

ベストカー厳選!! PHEVの先駆者「アウトランダーPHEV」の最新中古車情報はコチラ!

 アウトランダーPHEVの中古車のグレード構成は、最も多いのが約154台で「2.0Gナビパッケージ4WD」。続いて約125台の「2.0Gセーフティパッケージ4WD」。そして約97台で「2.4G 4WD」が続いている。

 最も多い「2.0Gナビパッケージ4WD」で2015年のマイナーチェンジ後モデルの価格帯は約185万~約345万円。プラグインハイブリッドEVシステムのエンジンが変更された、2018年のマイナーチェンジ後で最も多い「2.4G 4WD」の価格帯は約322万~約431万円とまだ割高。したがって、アウトランダーPEHVの狙い目は2015年のマイナーチェンジ後のモデルと言える。

 予算300万円以下で約350台もあり、走行距離も少ない中古車が多いのでオススメだ。ボディカラーは白、黒、シルバーに混じって赤が多いのもアウトランダーPHEVの中古車の特長となっている。

【画像ギャラリー】三菱渾身の実力SUVアウトランダー画像を全部見る

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ