86やランクルはどうなる? トヨタ 電動車過半数でも“ハイブリッド主流”が続く理由


 2017年12月にトヨタが「2030年には電動車の販売を1年間で550万台以上、EV(電気自動車)、FCV(燃料電池車)は100万台以上をめざす」と発表した。

 2016年のトヨタの世界販売台数は1017万台だから、12年後にはトヨタ車の過半数が「電動車」になるわけだ。「電動車」というとEV、PHVをイメージする。では、ハイブリッドはどうなるのか。

 「電動車」の定義にこそ、発表の実現度を占う鍵がある。

文:渡辺陽一郎/写真:TOYOTA


トヨタが掲げる“電動車”の大半は「ハイブリッド車」

 今回トヨタが発表した「電動車」の内訳は、EVとFCVを合計して100万台としているから、残りの450万台がHV(ハイブリッド)とPHV(プラグインハイブリッド)になる。

 ちなみに、現在のトヨタの電動車は1年間に約150万台が販売され、この大多数をHVが占める。

 今後12~13年で、HVの販売台数を3倍の450万台に増やし、これにEVとFCVの100万台も加えるから、トヨタ車の品ぞろえを変革させないと実現不可能にも思える。

トヨタ車の過半数が電動車は日本ではほぼ実現済み

世界で最も売れているトヨタ車は今でもカローラ。だが、日本仕様のカローラとは別物の車だ
世界で最も売れているトヨタ車は今でもカローラ。だが、日本仕様のカローラとは別物の車だ

 計画の行方を知る手段のひとつが国内の販売状況だ。2016年のトヨタは世界販売台数の83%を海外で売って国内比率は17%。「日本はオマケの市場」になりつつある。

 ところがHVを始めとする電動車では、国内比率が意外なほど高い。トヨタは2016年に世界で140万台のHVを販売し、この内の約68万台、つまり49%は日本で売ったからだ。

 これは先進的な商品開発に関しては、トヨタにとって今でも日本が大切な市場であることを示している。『日本で試して、自信を付けたら海外でも売る』パターンだ。

 つまり「トヨタ車の過半数が電動車」という目標は、日本国内ではほぼ実現されている。この手法を海外に当てはめて「世界の過半数」をめざすのが今後の課題だ。

次ページは : 『日本から海外へ』トヨタが過去にも採った戦略