「世界」を変えた初代 ユーノスロードスターが登場した衝撃


 今振り返ってみると「伝説の名車」と呼ばれ、それ以降の多くの新型車に強い影響を与えたモデルがある。そうしたクルマは登場時から「これで自動車界が変わる」と受け止められていたのだろうか。「そのこと」がわかっていた人はたくさんいたのか。

 また、大きく世界を変えただけに、登場や普及には紆余曲折があったのではないか。

 そんな、伝説級の名車が登場した際の世の中の反応と背景を、当時を知るジャーナリストに振り返っていただきます。

文/片岡英明 写真/マツダ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】今見ても…いや今だからこそ美しい初代ロードスターの艶姿画像集


■開発陣がこだわったのは「金がなくても…」

 マツダのロードスターはユーノス・チャネルのイメージリーダーとして1989年夏に鮮烈なデビューを飾った。

 が、実際のデビューは2月のシカゴオートショーで、このときの最終プロトタイプは海外向けのMX-5 Miataの名を使っている。このスポーツカーが注目を集めたのは、そのころ絶滅の危機にあったオープン2シーターだったからである。

「世界」を変えた初代 ユーノスロードスターが登場した衝撃
初代 MX-5 ミアータ(海外仕様)

 しかも後輪駆動のFR方式を採用したライトウエイト・スポーツだった。だから会場に足を運んだ人は驚きの声をあげている。

 ロードスターの開発が始まったのは1986年の初頭だ。

 商品企画開発推進本部の平井敏彦さんが指揮をとり、夢に向かって動き出した。開発陣は、どこにでもある、当たり前のクルマでは売れないだろう、と思ったようだ。だから大胆な発想でクルマ好きの夢を実現しようと考え、開発をすすめた。

 もっとも重視したのは、「運転して楽しいこと」だ。そこでFF車が全盛の時代に、あえて古典的な後輪駆動のFR方式を選んだのである。当然、平井敏彦主査は、企画を出したときから、軽量なオープンカーしか考えていなかった。

 マツダにはロータリーエンジンを積んだRX-7という名スポーツカーがある。だから社内ではロータリーエンジンの搭載を望む人が多かったし、高性能なスポーツカーになることを期待した。

 だが、開発陣はカネがないスポーツモデル好きの若者でも気持ちいい走りを楽しめるクルマを出したかったのである。ハンドリングに関しては妥協しなかったが、流用できる部品は積極的に使って生産コストを低く抑えた。

■北米市場中心とした工夫とこだわりのデザイン

 開発を進めたときは、アメリカを中心に安全基準が大幅に強化された時期である。アメリカは世界でもっとも厳しい安全基準を設定し、FMVSS(米国連邦自動車安全基準)は衝突したときだけでなく、横転したときの安全性についても細かい規定を設けていた。

 マツダの(当時はユーノス)ロードスターはソフトトップ付きのオープンカーを予定していたから、多くの人は海外では販売できないのでは、と心配したのである。

 だが、細かく調査してみると例外規定があることが分かった。そこで、この規定を上手に使い、大きな修正なしに爽快なオープンカーを実現している。

 また、販売は北米市場が中心になるから、保険料のランクを左右するパフォーマンスを意識して抑え、バンパーなどの補修費も安く抑えられるようにさまざまな工夫を凝らし、量産化した。

 エクステリアは古典芸能の能面をイメージしたフォルムだった。

 ノーズ部分には重量増加を承知でリトラクタブル式ヘッドライトを組み込んでいる。これはRX-7に始まるマツダのアイデンティティだったから、デザイナーはこだわった。

「世界」を変えた初代 ユーノスロードスターが登場した衝撃
初代ユーノスロードスター。能面をイメージしたエクステリアと茶室イメージの内装デザイン

 インテリアは日本の伝統的な茶室の作りをイメージしてデザインし、ソフトトップの開閉機構についても何度も検討を重ねている。オープンにしたときの快適性や機能性の追求に加え、盗難防止対策にも力を入れた。2人乗りだが、トランク容量にもこだわっている。

次ページは : ■最大の魅力は「意のままに走れる気持ちよさ」

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ