百家争鳴!! この使い方はあり? なし?? ハザードランプの正しい使い方


 自動車関連記事ではたびたび話題になるハザードランプの使い方。

 前方に渋滞を発見したら後方への合図として使うのはあり? 駐車場で「ここに停めますよ」という合図で点灯するのはあり??合流で入れてくれたら後ろのクルマに「ありがとう」の意味で点灯するのは……なし???

 道交法はどうなっているのでしょうか?? 喧々囂々、侃々諤々、議論百出、百家争鳴、「ハザードランプの正しい使い方」を、安全運転講習会のインストラクターなどをたびたび務める自動車ジャーナリストの諸星陽一氏に伺いました。

文/諸星陽一 写真/Adobe Stock(メイン写真=jipen@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】ハザードランプあなたはどう使う? 写真でチェック


■道路交通法によるハザードランプ使用の基準

 ネット上はもとより、雑誌などのメディアでもときどき取り上げられ、さらには単行本まで出版されている「サンキューハザード」について、筆者も何度か執筆し、そして反対意見も多数いただいておりますが、今回もう一度この問題について検証して行きたいと思います。

 ハザードランプは道路運送車両の保安基準では「非常点滅表示灯」という名前で呼ばれています。

百家争鳴!! この使い方はあり? なし?? ハザードランプの正しい使い方
ハザードランプは道路運送車両の保安基準では「非常点滅表示灯」と呼ばれている(hanack@AdobeStock)

 そして、道路交通法ではハザードランプを使うときの規準は、
「夜間に駐停車するとき(道路交通法施行令第18条2項)」と、
「通園・通学バスが停車し幼児や小学生が乗降しているとき(道路交通法施行令第26条の3の2項)」
とされています。

 それ以外のときに使ってはいけないかと言えば、そうではないでしょう。非常点滅表示灯ですから、非常なときには使っていいものだと思います。また、さらにそこから解釈を広げていくこともありだと思います。

■渋滞末尾のハザードランプ使用

 まず高速道路などで渋滞末尾に追いついたときに、ハザードランプを使うのはどうでしょう。

 法規に書かれていませんが、最低速度が設けられていて、駐停車が禁止されている高速道路で渋滞により止まっているクルマがいるのは「非常時」ですし、ハザード(危険)でもありますので、使っていいもの、いや使うべき事例だと私は考えます。

 これが高速道路でなくても、一般道であっても突然の渋滞で後方から追突される恐れがあるときなどはやはり使うべきでしょう。

百家争鳴!! この使い方はあり? なし?? ハザードランプの正しい使い方
警察庁交通企画部が作成した資料によると、渋滞末尾でハザードランプを点灯することは推奨されている

 最近では緊急制動表示装置(エマージェンシ・ストップ・シグナル)という装置も備えられていて、急ブレーキを踏むと自動的にハザードランプが点滅(通常のハザードランプの2倍の早さ)するようにもなっています。

 また、後方から救急車や消防車、パトカーなどの緊急車両が接近し道を譲る際も使うべきでしょう。緊急車両側から見て、譲ろうとするクルマが停止していることが明確にわかると安全性が増すからです。

次ページは : ■駐車場でのハザードランプ使用

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ