「生産終了宣言」したら売れそうなクルマ


 3月12日にホンダは、S660の’22年3月での生産終了と、最後の特別仕様車『モデューロX バージョンZ』の発売を発表した。しかし、3月30日にホームページに受注終了の文字が……。わずか3週間弱で1年分の受注が入ったことになる。このように普段はあまり販売が芳しくなくても、生産終了宣言をしたら、販売が激増したケースは多々ある。
 そこで左上の条件に当てはめて、現行モデルで生産終了宣言すると売れそうなクルマについて見ていく。

※ベストカー2021年5月26日号より転載

【画像ギャラリー】“生産終了宣言しても……”なクルマも含め計20枚を公開!!


【生産終了宣言で効果を発揮する条件】
(1)マニアックで希少性がある
(2)将来的に価値が出てきそう
(3)伝統や思い入れが強いクルマである
(4)次期モデルが存在しない
(5)ほかにない個性を持っている
(6)今後登場する可能性が低い

ホンダS660は3月12日に’22年3月で生産終了することを発表。同時に最後の特別仕様車としてモデューロX バージョンZが発表されたが、バージョンZだけでなくすべてのカタログモデルの生産枠が2週間弱で埋まり完売