中古格安MINI購入奮闘記 授業料25万円で整備点検記録簿の重要さを痛感!


 中古車ライター歴20年の萩原文博氏が、「中古車価格50万円のMINI」を本気で選んで自腹で買って、ちゃんと乗れるか、壊れないか、満足できるかをガチで試す本企画。しっかり選んで購入したものの、整備点検記録簿は真っ白。

 そこで知り合いに頼んでいろいろチェックしてもらったところ、どうやらあちこちに不具合が…。やっぱり50万円で買うMINIは危ないのか? だとしたら気を付けるところは?? 身をもって学ぶから切実度がハンパない自腹購入企画、いよいよ佳境に入ってまいりました。

格安50万円中古MINI購入奮闘記シリーズはこちら

文/萩原文博
写真/萩原文博

【画像ギャラリー】中古MINIガチ購入企画! 整備点検記録の重要さを画像でチェック(11枚)画像ギャラリー

■クルマの信頼性に繋がる装備点検記録簿

 今回の50万円MINIに限らず、「中古車を購入する際にはそのクルマの履歴書またはカルテといえる“整備点検記録簿”があるクルマを購入するべき」。と書いてきた。その理由は、新車と違って中古車は前オーナーの使い方やメンテンスの頻度によってコンディションが大きく異なってくる。

 どれくらいの走行距離でオイルやブレーキといった消耗品を交換したこと。そして24カ月点検といったクルマの健康診断をキチンと受けているのかがわかるだけで、そのクルマの信頼性が上がる。

プロによる厳しい診断が下った

 走行距離や年式が進んだ低価格車であれば、これまでの履歴によって今後どんなパーツを交換しなければならないか、どれくらい費用が掛かるかが予想できる。できるだけお金を掛けたくない!というのであれば、24カ月点検や車検を行ったばかりで、タイミングチェーンやベルトといった走行距離に応じて行うメンテナンスを行っているクルマを狙うのがベストだ。その手がかりとなるのが“整備点検記録簿”なのだ。

 “整備点検記録簿”は法律で常時携行が義務づけられているが、罰則はない。

 しかし、“整備点検記録簿”がないクルマというのは、まず何かあるのではないか?と疑ったほうがいいし、購入を避けたほうが良いだろう。

 また、今回購入したMINIクーパーSのように“整備点検記録簿”はあるものの、キレイに真っ白!というのはこれまでの履歴がわからないので、ないのも同じだ。

 実際、購入して1カ月も経たないうちにタイミングチェーンのガイドが破損していて、約25万円の出費を伴った。

■出費は痛いが廃車は免れた…

 今回整備してもらったガレージカメイの成田氏によると、この世代のMINIはだいたい6万kmがタイミングチェーンの交換のタイミングで、オイル管理の悪いクルマは3万kmでもタイミングチェーンの交換した経験があるというのだ。

新品のタイミングチェーンキット

 我がMINIの走行距離は約11万kmだが、ガイドの汚れを見るとこれまでタイミングチェーンを交換していないとのこと。今回ヘッドカバーを外して、タイミングチェーンのガイド破損を発見できなかったら、年内にもエンジンは壊れていただろうという。

装着されていたタイミングチェーン

 MINIマイスターの竹岡氏の駆動系の振動が気になるという言葉とコンピューターを繋いだときにバルブタイミングにエラーがあったということを知らなければ、このタイミングチェーン破損を見逃して、あわや3カ月で50万円MINIはエンジンブローで終わりとなっていたかもしれないのだ。

 しかし約25万円という痛い出費は伴ったが、MINIは廃車にならずに済んだ。これは不幸中の幸いと思うべきだろう。

次ページは : ■中古車購入の際には整備点検記録簿を重視しよう