道交法だけ知っていればいいわけではない…? 新時代のドライバーの役割と必要知識


 東京・池袋の暴走事故で9月17日午前0時をもって禁錮5年の実刑判決が確定した。痛ましいこの事故から学ぶべき教訓は、便利=安全ではないということ。その一方で技術の進歩により以前は不可能であったことが、誰でもできるようになる希望もある。自動車の専門メディアとして、コロナ禍を経たこれからの時代に求められるドライバーの役割とは何かについて発信したい。

文/照井資規(元陸上自衛隊衛生官)
写真、スライド/照井資規、Adobestock(メイン=miya227@AdobeStock)

【画像ギャラリー】便利になる世の中に伴う新時代のドライバーが身につけるべきことを画像でチェック(10枚)画像ギャラリー

■世の中が便利になることで人は進化を求められる

 便利になることは、何かを失うことである。その恩恵を享受するために人は進化しなければならない。ほとんどの自動車がオートマチック車になることで、アクセルとブレーキの踏み間違い、バックでの急発進による痛ましい事故が相次ぐようになった。これらはクラッチを繋ぐ動作が必要なマニュアル車では起こりえない事故である。

 平均寿命が延びた現在では、膝関節が硬くなった高齢者ドライバーにとってクラッチ操作が不要なオートマチック車は生活必需品でもある。その一方でシフトレバーの操作1つで後進してしまうため、後進状態であること知らせる警報音が設けられるようになった。

 アクセルとブレーキの踏み間違いについては、踏み間違い加速抑制装置などが取り付けられるようになったが、普及はしておらず、小さな移動物にはセンサーが機能しないおそれもあり、当面のところドライバー自身が注意する他に有効な事故防止策がない。

近年相次いで起こる踏み間違い事故については、当面のところドライバー自身が注意する他に有効な事故防止策がない(Panumas@AdobeStock)

 自動車の乗員保護機能の向上、ASV(先進安全自動車)の普及により、交通事故死者数は統計開始以来最小を更新し3000人を下まわるようになった。しかし、センサー類の反応で判断し、自動車の実状況で危険を認知しようとしないドライバーもまた増えている。

 自動車に限らず、便利になることでその分の失うものを補えるだけの進化を人に求めることは社会構造そのものと言える。携帯電話が普及することで、いつでも連絡が取れるようになると、自分で考えて判断する、連絡がつかない時の予備策を講じるなどをしない社会人が増えてきた。また、上司が部下に仕事を任せないことが散見されるようにもなった。

 一度享受した便利さを人は手放すことはできないし、進化していく方向以外に選択肢はない。しかし便利さを享受できるだけ進化したならば、人の能力は前世紀の何倍も高めることができる。便利さがもたらした事故から学び、安全なクルマ社会を実現させる希望もここにある。

■技術の進歩とドライバーの役割

 技術が進歩することで自動車の価値が変化した。価値の変化に伴い、それを扱う人であるドライバーの役割も変化している。最も顕著なものはドライブレコーダー映像の警察や報道への提供である。位置情報と共に映像を記録でき、携帯電話によりいつでも連絡できる自動車は今や「移動する防犯カメラ」という地域の安全を守る役割を担うようになった。

ドライバー自身の自覚が安全な社会の実現に大いに役立つ

 役割の変化がもたらすドライバー自身の自覚が、安全運転の確行、安全な社会の実現に大いに役立つものと考える。技術の進歩がもたらすドライバーの役割の変化とは図「新しい時代のドライバーの役割」のようになる。

 カーナビ(GPS)により現在位置が判る、携帯電話などのINTにより、いつでも連絡ができ、情報を共有できる環境要素の上に、ドライバーは救命、地域の安全、災害救助の役割を担うことができるようになった。

米軍の街頭に設置されるAEDと止血用資材

 救命の面では2004年7月以降、一般人がAEDを使用した心肺蘇生を行えるようになり、現在までに市街地の500m四方に1台のAEDが設置されているほど普及したことで、日本人の突然死の原因のうち約95%を占める心停止に誰もが対応できるようになった。2005年には救命用止血帯が開発され、海外では写真のように「Stop the Bleed Set」としてAEDに併設されるようになった。

 地域の安全では先述のドライブレコーダーの普及が大いに役だっている。小さなペンライトでも強力な光を照射できるようになったことは、犯罪者による攻撃を離れた位置から抑制することを可能にした。強い光は薬物中毒者にも有効に作用するため、高輝度ライトは車内に1本は備えておきたい。

ドライブレコーダーの普及は地域の安全に大いに役立っている(Masaharu Shirosuna@AdobeStock)

 災害救助では、蓄圧式消火器は破裂のおそれが極めて少なく、圧力計により使用可能状態を一目で確認できる上、軽い力でレバーを操作でき、消火剤の噴出も制御可能になった。レスキューツールにより窓ガラスを誰でも破砕できるようになり、新素材によるパラシュートコードは直径約4mmの細さながらも550ポンド(約250kg)の重量に耐える。ペットボトルも溺水者の救助など実に多くの使い道がある。

 事故や災害による外傷、外傷ではない心肺停止の救命において救命の鍵となるのは図「救命の尺度」にあるように時間である。人は車と違って生き物だからだ。

救命の尺度

 東京マラソンでは現在までに発生したランナーの11例の心肺停止において100%の社会復帰を達成している。これは3分以内に治療を開始しているためで、早く救命の手を差し伸べることが傷病者の運命を決定づけるほど重要だ。

 「早い」とは「1全員ができる」「2適切な道具を備える」「3制度を整える」ことで実現できる。災害対応においても表『災害対策「自助、共助、公助」SABACA “サバカ”の重要度の割合』のように、自分ができることが最も重要で、これはコロナ禍により顕著になった。新型コロナウイルスの感染拡大がもたらした変化は、自分の行動により他人を感染させないように心がけるように求める「誰もが他人の命に責任を持つ時代」の到来だ。

災害対応においても自分ができることが最も重要。「誰もが他人の命に責任を持つ時代」の到来だ

次ページは : ■発見した「全ての人」が虐待死を防ぐ「最後の砦」