時代に媚びない挑戦者!! ホンダスピリットを感じずにいられない名車列伝


 最近はすっかり保守的なイメージが染みついていて、軽自動車とファミリーカーが得意なメーカー……という印象のホンダだが、古いクルマ好きにとってホンダといえば、日本自動車史を変える立役者として何度もムーブメントを起こして市場のトレンドを牽引してきた改革者であった。

 創業者である本田宗一郎の「チャレンジして失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ」という言葉どおり、チャレンジ精神あふれるクルマをたびたび輩出してきた。もちろん、時には大きな失敗もあるが、それもホンダの大きな魅力。

 今回は、ホンダスピリットあふれるモデルをピックアップしていこう。

文/藤原鉄二、写真/ホンダ

【画像ギャラリー】ホンダ魂が宿る! 珠玉の名車たち


採算度外視して理想を追求! 初代インサイト(1999~2006年)

時代に媚びないチャレンジャー! ホンダスピリットを感じずにはいられない名車列伝
空力と軽さにこだわったインサイトは、ある意味、ピュアスポーツにカテゴライズされてもいいクルマだったのかもしれない

 セールス的には決して成功したとは言えないものの、技術のホンダのプライドを強烈に感じさせる一台がインサイトだろう。

 当初、ホンダ独自の小型・普通乗用車用ハイブリッドシステム「Honda IMAシステム」が注目されたものの、蓋を開けたら燃費はライバルのプリウスのハイブリッドシステム「THS II」には及ばず……。

 ではインサイトはどこがスゴいのか? それは良くも悪くも「頑固なまでのこだわり」だ。

 とにかく軽くすることにこだわり、原価割れと言われたアルミボディを採用。車両本体価格の高いNSXならまだしも、インサイトは210万円……。結果、「売れれば売れるほど赤字になる」と揶揄されることに。

 さらに空力にも徹底的こだわり、Cd値は初代プリウスが0.3だったのに対し、0.25を達成した。

 そして乗車定員は2名、オプションも、ホンダナビゲーションシステム+4スピーカー、リアワイパーのみときわめて貧弱……と、実用性に関しては最小限とも思われる設定に。低燃費、低環境負荷を謳いつつ実用性は維持したプリウスに対し、インサイトは採算性、実用性を切り捨ててまで環境性能を追求したのだ。

 セールス的には惨敗だったものの、「妥協はしない」という技術者魂を具現化した初代インサイトは、ホンダスピリットを感じずにはいられない名車なのだ。

ワンボックス敬遠組の心を虜にした! 初代オデッセイ(1994~1999年)

時代に媚びないチャレンジャー! ホンダスピリットを感じずにはいられない名車列伝
セダン感覚で運転できるボディサイズであるにもかかわらず、室内スペースはワンボックス並み。売れる要素満載のクルマだった

 「えっ、あのホンダが!?」と、ホンダファンのみならず、日本中のクルマ好きを驚かせたのがオデッセイだ。発売当時はF1撤退後直後だったこともあり、ホンダの大幅路線変更かと大きな話題になった一台だ。

 オデッセイの最大の功績は、日本において「ミニバン」というジャンルを定着させたことだろう。とにかく、オデッセイは既存のミニバンのイメージを一新する斬新なクルマだった。

 オデッセイの革新性の源は、プラットフォームを乗用車であるアコードと共有したことにある。その結果、走りはセダン、居住性はワンボックスカーと、両車の良いとこ取りをしたクルマが誕生したのだ。見た目のスマートさとは裏腹に、自由に席を移動できるセンターウォークスルーを採用するなど、居住空間はワンボックス並み。室内空間は広いに越したことはないが、ワンボックスカーに乗ることには抵抗があるというユーザーの心をたちまちわしづかみに! 

 ミニバンが乗用車のプラットフォームを使用するなど、どのメーカーも当時は考えつかなかったことだったはずだ。実は業績不振による開発費の削減のための苦肉の策だったのだが、それが功を奏し、新車登録台数の累計台数43万3028台というメガヒット。排気量2リッター以上の普通乗用車クラスの絶対王者だったクラウンを抜くほどの販売台数を記録した。

 ちなみに、当時大ヒットしたハリウッド映画の「アダムスファミリー」の出演者が総出演するという超豪華なテレビCMもオデッセイ人気のテコ入れに貢献したことは間違いないだろう。

次ページは : 「コンパクトカーは狭い」のイメージを払拭 初代フィット(2001~2007年)