2022年春発売「日産+三菱の新型軽EV」は日本のクルマ社会を変えるか


 今の日産と三菱は、合弁会社のNMKVを設立して、軽自動車を開発している。日産のデイズやルークス、三菱のeKシリーズは、いずれもNMKVによって造られた。

 そして2022年度初頭(2022年4~5月)には、両社で軽自動車サイズのEV(電気自動車)を発売すると発表。ボディサイズは全長3395mm、全幅1475mmで、全高は日産仕様が1655mm、三菱仕様は1670mmと公表された。両車ともに20kWhの駆動用電池を搭載して、価格は補助金を差し引いた実質額が200万円からになるという。

 現在、日本の自家用車のうち約4割が軽自動車となっている。もし軽自動車にEVが登場し、しかもそれが安価で普及すれば、充電環境も整い、住宅事情や道路事情にも変化が起きるだろう。日産と三菱が発売する「軽EV」は、日本のクルマ社会を変える力があるのか。渡辺陽一郎氏に伺った。

文/渡辺陽一郎
写真/日産、三菱自動車

【画像ギャラリー】軽自動車クラスなのに新開発のEVプラットフォームを採用している「ニッサン IMk」を画像でチェック(15枚)画像ギャラリー

■軽自動車EVが今後普及するかは価格次第!?

 今回日産と三菱が発売を計画する「軽EV」、搭載する駆動用電池の容量は前述のとおり20kWhだが、日産リーフは40kWhと62kWhを設定する。先行して発売したホンダeとマツダMX-30のEVモデルは35.5kWhだ。駆動用電池の容量に余裕があると、1回の充電で走行できる航続可能距離を長くできるが、価格も高めてしまう。そこで日産と三菱の軽EVは(あえて?)20kWhに抑えている。

 両社の発表によると、ベーシックグレードの価格が前述の200万円だから、中級は220万円、上級は240万円というあたりの価格水準だろう。そうなるとアクアの価格に近い。アクアはXが209万円、Gは223万円、Zは240万円だ。つまり軽EVの価格は、コンパクトカーのハイブリッドと同等になる。

2019年秋に開催された東京モーターショーに出品された日産IMk。この市販型が2022年春に市販される

 微妙な線だが、この価格では軽EVを大量に売るのは難しい。今の軽乗用車では、全高が1700mmを超えるスライドドアを備えたスーパーハイトワゴンの人気が高く、販売面では軽乗用車全体の50%以上を占める。価格も売れ筋グレードが150~180万円に達するが、軽EVはこの1.3倍だ。

 ただしEVは走行段階では排出ガスを発生させず、その一方で大容量の駆動用電池を搭載しない限り、長距離を連続して走るのは不得意だ。この長所と短所を考えると、EVは街中の移動手段に適するから、軽自動車との親和性も高い。

 従って価格が軽自動車として不満なく購入できる水準まで下がると、軽EVが急速に普及する可能性もある。

トヨタは2021年9月7日に行われた「電池・カーボンニュートラルに関する説明会」において、2020年代後半までにEVの電池コストを1台当たり50%低減する方針を打ち出した。一般的にリチウムイオン電池の大幅なコスト低減は難しいとされるが、今後の動向次第では、軽EVの価格が下がって売れ行きを伸ばす可能性もある。

■EVと軽自動車はさまざまな相乗効果を得やすい

 最近は、ハイブリッド車の普及などによってクルマの燃料消費量が減った結果、給油所(ガソリンスタンド)の拠点数も減っている。給油所の数は1994年には6万箇所に達したが、今は3万箇所を下まわり、約30年間で半減した。

 公共の交通機関が未発達な地域では、1人に1台の所有を含めて軽自動車が普及したが、自宅付近の給油所が激減している地域もある。

その点で、EVなら自宅で充電できるから、遠方の給油所まで出かける手間を省ける。軽EVは利便性が高く、1人に1台の割合で軽自動車が普及している地域には、都市部と違って一戸建てが多いために充電設備も設置しやすい。

 このようにEVと軽自動車は、いろいろな相乗効果を得やすいから、普及は価格の引き下げに掛かっている。

 軽EVの当面の売れ方は、購入予算に余裕のある一戸建て世帯のセカンドカー需要が中心になるだろう。都市部ではマンションが多く、充電設備を設置しにくい。それでも日産の販売店は、急速充電器の設置を進め、今では設置可能な大半の店舗に行き渡っている。

 そこで課題になるのが、急速充電器の頻繁な利用に基づく駆動用電池の劣化だ。従来は急速充電器を頻繁に使うと駆動用電池の劣化が急速に進むため、自宅における充電が不可欠とされていた。急速充電器は緊急用という考え方も根強かった。

 ところがアリアの開発者は「アリアでは駆動用電池の冷却方式を刷新して、温度管理を確実に行う。従って急速充電器を頻繁に使っても、劣化を心配する必要はない」という。駆動用電池の冷却方式が進化して、急速充電器の使用に対する耐久性が向上すれば、都市部のマンションに住むユーザーも販売店の急速充電器を使って軽EVを所有することが可能だ。

三菱i-MiEVイメージ写真

 そして軽EVでは、ブランドイメージの構築や内外装のデザインも大切になる。前述の通り軽自動車でもEVになると価格は補助金を差し引いて実質200~240万円に達するため、例えばノートオーラのような「小さな高級車」的なプレミアム感覚、付加価値が求められる。EVや軽自動車の本質から外れる話だが、軽EVを都会的で先進的な移動のツールとして根付かせるには不可欠だ。

 運転感覚も大切で、モーター駆動による滑らかさと静かさに磨きを掛け、乗り心地や内外装の質も高めたい。乗員を心地よく感じさせるクルマに仕上げることが大切だ。

次ページは : ■今後も軽自動車を使い続けるためには規格を見直す必要がある