格安中古MINIガチ購入体験記 「買ってよかったと」で人生は上向く!!【最終回】


 中古車ライター歴20年の筆者が、50万円の中古MINIを自腹で購入し、選び方や使い勝手、故障の有無などをレポートする本連載。これまでしっかり故障し、修復し、痛い目を見ながら学んできた本企画もいよいよ最終回。復調したMINIで(犬と)ロングドライブを敢行。これぞ「カーライフ」の醍醐味…といった点を紹介していただきます。

格安50万円中古MINI購入奮闘記シリーズはこちら

文/萩原文博
写真/萩原文博(メイン写真はイクラとタツロウ)

【画像ギャラリー】復調した50万円の激安中古MINIとのロングドライブを画像でチェック(17枚)画像ギャラリー

■メンテナンスを終えてロングドライブへ

 50万円で購入した2008年式のMINIクーパーS。ナビゲーションそしてドラレコの装着。車内リフレッシュそして、予想外のタイミングチェーン交換。さらにタイヤ交換を行い、大体購入時の2倍となる100万円を費やした。

 だったらそもそも100万円のMINIを購入したほうが良いのでは…と思う人もいるはず。

50万円で購入した2008年式のMINIクーパーS。大体購入時の2倍となる100万円を費やした

 気持ちはわかる。しかし、たとえ100万円のMINIを購入していたとしても、タイミングチェーンやタイヤの交換は避けられたかどうかわからない。したがって、輸入車の激安中古車を購入する場合は、予算ギリギリで購入するのではなく修理費用などバッファをもって探したほうが良いだろう。

 そんなわけで、バージョンアップやリフレッシュした結果、MINIクーパーSは本来のポテンシャルを発揮し、ゴーカートフィリングの鋭い走りを取り戻した。そこで、今回はMINIが映える景色を求めたロングドライブに繰り出した。

 MINIでのドライブなので、MINI繋がりで知り合いのライターが飼っているミニチュアダックスフンドの「イクラ」と「タツロウ」と一緒に出掛けた。MINIが映える景色として今回訪れたのは石川県羽咋市にある千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイと滋賀県高島市マキノ高原にあるメタセコイア並木と2カ所だ。

千里浜なぎさドライブウェイは全長約8kmの日本で唯一クルマが走行できる砂浜の道路。クルマだけでなくオートバイや自転車でも走行できる

 千里浜なぎさドライブウェイは全長約8kmの日本で唯一クルマが走行できる砂浜の道路だ。ココはクルマだけでなくオートバイや自転車でも走行できる砂浜。夏には海水浴客も多く訪れる場所。訪れたのは日曜日だったが、我々と同じように砂浜にクルマを停めて、記念写真を撮影する人は非常に多かった。水平線に沈む夕日を見たかったが、あまりノンビリしていると、ホテルの夕飯に間に合わなくなるので記念写真を撮影したら、足早に立ち去った。注意書きにも書いてあるが、波打ち際と陸側の乾いた砂の部分は走行する時に注意が必要。実際にスタックして困っているクルマも見掛けた。

■高速走行でも非常にスムーズでパワフル! 

 翌日はあいにくの雨となったが、滋賀県高島市マキノ高原にあるメタセコイア並木へ。

 ここは「新・日本の街路樹百景」に選定されている場所。この並木は1981年に学童農園「マキノ土に学ぶ里」整備事情の一環としてマキノ町果樹生産組合が植えたのがはじまり。現在は、延長2.4kmにわたってメタセコイア約500本が植えられて、マキノ高原、マキノスキー場へのアプローチ道として素晴らしい景観を形成している。

「新・日本の街路樹百景」に選定されている場所。延長2.4kmにわたってメタセコイア約500本が植えられて、マキノ高原、マキノスキー場へのアプローチ道として素晴らしい景観を形成している

 雨で緑が増したメタセコイアのトンネルの中を走ると、本当に気分爽快。あまりにも気持ちが良いので、並木道を3往復もしてしまった。四季折々の顔を見せてくれ、冬は雪の積もった白いトンネルに変わる。

 並木道を走行するMINIを撮影していたら、行ったことはないが、まるでMINIの母国であるイギリスにいるかのような錯覚を覚えた。

 東京から関越道、上信越道、北陸道そして名神高速、新東名・東名高速を走行し約1200kmを1泊2日で走行した。これまではタイヤに亀裂が入っていたため、一般道中心の走行だったが、タイヤを交換したため初めて高速道路を走行した。最高出力175psを発生する1.6L直列4気筒ターボ本来のパワフルさを感じることができ、高速走行も非常にスムーズ。

 勾配のキツイ区間でもパワフルに加速していく。

 これまであった振動もほぼなくなり、ステアリング操作に対してもリニアに反応してくれるので、操る楽しさを存分に味わえる。この走行パフォーマンスは決して国産の100万円以下で手に入る中古車では味わえるものではないだろう。走行距離10万kmを超えていても、これだけ高いパフォーマンスを発揮できるのは、ボディがしっかりしているからだ。

走行距離10万kmを超えていても、操る楽しさを存分に味わえる。高いパフォーマンスを発揮できるのは、ボディがしっかりしているからだ

 ボディがやれていないので、エンジンとタイヤをリフレッシュしただけで、本来のポテンシャルを発揮できるようになるのだ。手を掛けたぶんだけクルマが良くなるのがわかると、もっと愛でたくなる。

 こういうふうに接することができるクルマが「愛車」と呼べる存在なのだろう。今回激安な中古MINIを購入し、改めてこのような気持ちを思い出すことができた。

次ページは : ■ロングドライブ中のトラブルも激安中古車の醍醐味