販売好転! キャラ激変!! 小さい予算で大きな成果 大当たりマイナーチェンジ 5選

フルよりマイナー? マイナーチェンジが大当たりだったクルマ5選

 クルマ好きなら誰でもワクワクするのがフルモデルチェンジだが、世の中にはフルモデルチェンジ以上にマイナーチェンジが大当たりしたモデルも多数存在する。そこで、ここではマイナーチェンジが奏功した3メーカー4台と今後のセールスに期待したい1台をピックアップ。

 マイナーと言ってもビッグマイナーというケースも多々あるが、それはさておき……マイナーチェンジでも販売台数は伸びるという好例を紹介していこう。

文/FK、写真/トヨタ、日産、三菱

【画像ギャラリー】フルモデルチェンジよりも実はマイチェンのほうがアンパイ!?(23枚)画像ギャラリー

苦境に立たされた現行スカイラインを救ったのは日産エンブレムの復活だった!?

フルよりマイナー? マイナーチェンジが大当たりだったクルマ
400ps を発揮する3.0リッターV6ツインターボエンジン(VR30DDTT)を搭載した400R。プレミアムスポーツセダンの名にふさわしい走りを実現

 2014年2月に発売された13代目スカイラインのV37型。デビュー当時はインフィニティのエンブレムが採用されたことも大きな話題になった。

 インフィニティエンブレムの採用は日産が世界に誇る高級車“インフィニティ”の開発で培った高い技術力とデザインの知見を傾注した1台がV37型であることを世に示すことに加え、日本でインフィニティブランドの認知を高めることが主たる目的だったが……。

 日産の象徴であるスカイラインの方向転換とも捉えられるフルモデルチェンジは裏目に出て、V37型の販売状況は悪化の一途を辿った。

 しかし、2019年7月のビッグマイナーチェンジで状況は一変する。

 世界初の先進運転支援技術であるプロパイロット 2.0、圧倒的なパフォーマンスを誇る3.0リッターV6ツインターボのVR30DDTTエンジン、日産ブランドの象徴であるVモーショングリルの採用をはじめ、スカイライン史上最高の400psを実現した400Rの追加ラインナップなどによって商品力は大幅にアップ。 日産エンブレムの復活も功を奏して、受注台数は発表から1カ月半で販売計画の約9倍に近い1760台を突破。マイナーチェンジで華麗なる復活を遂げた。

マイナーチェンジ後も好調なルーミーはヤリスに続くトヨタのドル箱的存在

フルよりマイナー? マイナーチェンジが大当たりだったクルマ
2020年9月のマイチェンでスマートアシストを全車標準装備に。これが奏功してか、セールスは絶好調。155万6500円~209万円という価格帯も魅力

 ミニバンの魅力をコンパクトカーに凝縮したトール2BOXのリッターカーとして、2016年11月にデビューしたルーミー。1.5リッター相当のパワーを誇る1.0リッターターボのゆとりある走りや威風堂々たる迫力あるエクステリアデザイン、コンパクトながら広くて快適な室内空間、使い勝手の良い荷室など魅力溢れるパッケージが人気を集めて、発売から1カ月後の受注台数は3750台の月販目標台数に対して約1万8300台を記録した。

 そして、2020年9月には内外装のデザイン変更、進化した予防安全機能“スマートアシスト”の全車標準装備、ウェルカムパワースライドドアやスマートフォンなどの充電用USB端子を標準装備するなどのマイナーチェンジを実施。

 日本自動車販売販売協会連合会発表の乗用車ブランド通称名別順位では、2020年1~12月が8万7242台の6位(1位はヤリスの15万1766台)だったものの、2021年1~6月は7万7492台の2位(1位はヤリスの11万9112台)、2021年4~9月も6万6887台の2位(1位はヤリスの10万5943台)とマイナーチェンジ後も好調なセールスを記録。トヨタではヤリスに続くドル箱的存在となっている。

次ページは : e-POWERの採用で3年連続コンパクトカー販売台数No.1を獲得したノート

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ