1兆ドル越えグループの仲間入り! テスラは10年以内に日本でふつうになる日は来る!?

1兆ドル越えグループの仲間入り! テスラは10年以内に日本でふつうになる日は来る!?

 アメリカのEVメーカー、テスラの時価総額がアメリカ現地時間2021年10月25日に、1兆ドル(1ドル113円換算で113兆円)の大台を超えた。この数字が、自動車業界に対して、また社会全体に対して、いったい何を意味するのか? 米国での事情をよく知る筆者が分析する。

文/桃田健史、写真/ベストカー編集部ほか

【画像ギャラリー】テスラ時価総額爆上げの背景とは? 販売予定も含めた6車種とともにギャラリーでチェック(7枚)画像ギャラリー

■ITジャイアンツに新たに加わったテスラだが……

 今や巨大企業となったテスラが、日本では10年後にメルセデスベンツ、BMW、フォルクスワーゲンなどの定番輸入車を大きく引き離し、トヨタ、ホンダ、日産と肩を並べる、またはそれ以上に日本での販売を増やして、日本中がテスラだらけになるという時代がやってくるのだろうか?

 2021年11月上旬時点で、アメリカの1兆ドル超え企業はアップル、アルファベット(グーグルの親会社)、アマゾン、マイクロソフト、そしてテスラの5社で、1兆ドルをやや下回るところにフェイスブック(すでに社名をメタに改名したことを発表ずみ)がある。

 一般的には、彼らは「ITジャイアンツ」と呼ばれ、各社の頭文字を取ってGAFA(ガーファ)やGAFAM(ガファム)と呼ばれてきたが、ここにテスラが加わった。

 だが、多くの人はテスラがこうしたITジャイアンツと同列化されることを、不思議に思うのではないだろうか? 表現を少し変えると、違和感すら覚えているのではないだろうか?

巨大企業となったテスラは「ITジャイアンツ」と呼ばれるGAFAMに加わった。しかし、違和感を覚える人も多いのではないだろうか
巨大企業となったテスラは「ITジャイアンツ」と呼ばれるGAFAMに加わった。しかし、違和感を覚える人も多いのではないだろうか

■モデルラインナップは4モデルだけなのに、時価総額はトヨタの3倍

 なぜならば、GAFAMは中国など一部を除いた世界の国や地域で、所得階層にさほど影響を受けず、多くの人たちが日常的に使うサービスや小型ハードウェアを提供している企業であるのに対して、テスラはいわゆる富裕層、またはそこまでの資産がないにしてもある程度お金に余裕がある人たちが中心に購入している趣味性の高い高価なハードウェアに過ぎないからだ。

 また、自動車産業での観点でも、テスラの時価総額1兆ドルは不思議だ。

 なぜならば、テスラに次いで自動車産業界で時価総額が高い企業はトヨタだが、その額は約33兆円とテスラの1/3程度に留まっているのに対し、トヨタの販売総数は約1000万台規模で、テスラの今期で予想される約100万台とは10倍近い開きがあるからだ。

 ホンダ(時価総額6.2兆円)や日産(同2.5兆円)と比べても、時価総額でテスラとは大差がある。

 また、モデルラインナップだけで見ると、テスラはモデルS、X、3、Yというたった4モデルしかない小規模メーカーと感じる。日系メーカーのなかではスバルのモデルラインナップ数が少ないが、時価総額で1.7兆円と堅調であるとはいえ、テスラとの差はあまりにも大きい。

次ページは : ■ESG投資という史上空前のマジック

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!