エクシーガ、オーリス…不人気だったからこそ今が買い!! 不死鳥の中古車5選

不人気だったからこそ今が買い! 見直したい不死鳥の中古車5選

 中古車購入の決め手は人それぞれだけど、好コンディション&高年式にもかかわらずお手頃なのが不人気車であることは誰もが知るところ……って不人気車とひと口に言っても、それはあくまでも世間の評価。むしろ、それが個性だと思えるようなポジティブ・シンキングな人がいたら、ここで紹介する5モデルの中古車購入を検討してみてはいかが?

文/FK、写真/スズキ、スバル、トヨタ、三菱、FavCars.com

【画像ギャラリー】不人気だったことが信じられない、今買いの中古車をチェック!(26枚)画像ギャラリー

スズキ スプラッシュ(2008年10月発売、中古車平均価格:30万円前後)

不人気だったからこそ今が買い! 見直したい不死鳥の中古車5選
2代目スイフトと同じ1.2リッターDOHCエンジンを搭載。低速トルクを重視型のエンジンとCVTとの組み合わせで、ストレスのないスムーズな走りを実現。街走りには好適だ

 スプラッシュはハンガリーの製造子会社であるマジャールスズキ社で生産し、日本に輸入販売されたスズキブランドの輸入車として2008年10月にデビュー。

 スイフトのプラットフォームをベースにヨーロッパで徹底した走り込みによって車両開発を行うとともに、日本市場投入にあたっては安全性能の充実、優れた燃費の実現、力強く滑らかな走りを両立するCVTの採用などが行われた。車体は全長3715×全幅1680×全高1590mmのコンパクトサイズながら背の高さを活かしたゆとりの室内空間に加え、乗りやすさ・扱いやすさ・使い勝手の良さも特筆すべきポイントとなった。

 130万円を切る車両本体価格も大きな魅力だったが、ライバルひしめく日本のコンパクトカー市場では苦戦を強いられ、また同じスズキのなかでスイフトやSX4といった兄弟車が存在したことも仇となって販売は低迷し、2014年8月に国内販売終了。

 現在の中古車市場においてもタマ数は決して多いほうではないが、走行距離が少ないコンディション良好の車両が多く、平均価格も30万円前後とお手頃。コストパフォーマンスの高さという点においてはピカイチと言える一台だ。

三菱自動車 ミラージュ(2012年8月発売(6代目)、中古車平均価格:50万円前後)

不人気だったからこそ今が買い! 見直したい不死鳥の中古車5選
2014年からは1.2リッターの新グレード「1.2G」が追加。2度目のマイナーチェンジとなった2020年では、フロントフェイスに「ダイナミックシールド」が採用されるなど、エクステリアデザインに大幅な変更が加えられた

 2000年5月に一度は販売が終了になったものの2012年に復活し、現在は6代目の販売が継続されているミラージュ。とはいえ、復活した当時も今も日本のコンパクトカー市場は群雄割拠の戦国時代、ミラージュの存在感は薄く、人気も決して高くはない……が、それゆえに中古車市場ではコンディションが良い高年式が比較的低価格で購入することができる。

 そんな6代目ミラージュの特長のひとつに挙げられるのが燃費性能。軽量&高剛性ボディに1.0リッター3気筒MIVECエンジンと副変速機付CVTを搭載し、空気抵抗と走行抵抗の徹底した低減によって27.2km/Lを実現。

 また、コンパクトカーではクラストップとなる最小回転半径4.4mはもとより、前方の車両感覚がつかみやすく、良好な視界を提供することで取り回しやすさや運転のしやすさも追求されている。

 外観デザインは賛否両論分かれるところだが、2020年4月の大幅改良で三菱のフロントデザインコンセプトであるダイナミックシールドを採用してシャープなデザインに一新。今なお地味な印象は拭えないが、街中ですれ違うことも決して多くないクルマなだけに、ちょっとした優越感に浸れるかも!?
(なお本稿登場車種で唯一、新車で購入可能。まだがんばってます!!)

次ページは : スバル エクシーガ(2008年6月発売、中古車平均価格:50万円前後)

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ