脚光を浴び続けたカローラと脇役的存在だったスプリンターの明と暗

脚光を浴び続けたカローラと脇役的存在だったスプリンターの明と暗

 カローラといえばトヨタを代表するモデルのひとつ。そんなカローラよりもスポーティなイメージを持った姉妹車がスプリンターだ。一時期は若者から支持を受けたものの、カローラの陰の存在というイメージは拭えず……。そして、時代の移り変わりとともにその人気は衰退し、姿を消してしまった。今回は、そんなスプリンターの盛隆から衰退までの歴史を振り返ってみよう。

文/入江凱、写真/トヨタ、FavCars.com

【画像ギャラリー】兄を超えられなかった……悲劇の名車、スプリンターの歴史を辿る(16枚)画像ギャラリー

カローラのスポーティバージョン、カローラ スプリンターの誕生

悲しき兄弟格差!! カローラとスプリンターの明と暗
「カローラ」の発売から約1年半後の1968年5月に発売されたカローラスプリンター。日産のダットサンサニー クーペと販売台数を競い合った

 初代カローラが誕生したのは1966年。国民的大衆車として幅広い層に受け入れられ人気を博した。

 カローラのヒットのおかげでクルマが庶民にとって手の届く存在になり、それとともに、ユーザーのニーズも多様化。それに応えるかのように1968年に登場したのが、ファストバックスタイルを採用したスポーティな姉妹車、カローラ スプリンターだ。

 ベースとなるカローラよりも全高を35㎜低くし、グレード別設定にはなるものの木目調の3本スポークステアリングホイールやシフトノブが採用された”ホンモノ”志向の強いユーザーに向けたモデルだった。

 グレードは標準となるスプリンター、デラックス、SLの3種類が用意され、トランスミッションは4速フロアシフト、コラムシフト、トヨグライドと呼ばれる2速半自動ATの3種類から選ぶことができた。

 当時のライバル車であったサニーよりも100㏄多い1100㏄の排気量のエンジンや、日本製乗用車で初となるマクファーソンストラット式フロントサスペンションを採用した初代カローラのアイデンティティを活かしつつ、異なる個性を持ったクルマとしてカローラ スプリンターは注目を集めた。

 また、発売に合わせて設立されたトヨタオート店という新たな販売チャンネルでの専売とするなど、カローラとの差別化が図られた。

カローラ スプリンターから「スプリンター」へ

悲しき兄弟格差!! カローラとスプリンターの明と暗
1970年のフルモデルチェンジにともない「カローラ」の名が外され「トヨタ スプリンター」シリーズとして独立を果たした2代目スプリンター。当初は排気量1200㏄のみの設定だったが、後のマイナーチェンジで1400、1600㏄も追加された

 1965年に名神高速道路が、1969年には東名高速道路が開通するなど、高速道路の整備も進み、ドライブが一大レジャーに。そういった社会事情を背景にして、高速安定性があり、かつファッショナブルなクーペタイプのスポーティなクルマの需要は増していった。

 時代に後押しされるかたちで好調な販売を続けたカローラ スプリンターは1970年のフルモデルチェンジで2代目へ。それにともない、名称が「トヨタ スプリンター」へ変更された。

 同時にカローラにもクーペモデルが設定され、スプリンターにもマイナーチェンジで4ドアセダンが追加されたことで、カローラとスプリンターはともに4ドアセダンと2ドアクーペモデルを持つことに。内外観に若干の違いはあったものの、エンジンラインナップもほぼ同じで、ユーザーにとっては違いがイマイチわからないといった状況になった。

次ページは : スプリンター トレノが誕生! 通好みの一台だったが……

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します