今あったら絶対買い!! 復活したら思わず買っちゃいそうな名車5選

今あったら絶対買い!! 復活したら思わず買っちゃいそうな名車5選

 アナタにとって復活してほしいクルマは? 願っても叶っても決して実現しない、ちょっと儚い望みだけれど考えるだけでワクワクしてしまうのはクルマ好きの悲しい性。今だったら買えそう! 今だったらヒットしそう! ここではそう思わずにはいられない、スポーツカー以外のカテゴリーから5台をピックアップしてみた。読者の皆さんと意見が一致するかどうかは定かではないけれど、たまにはこんな妄想をしてみるのもいとをかし!?

文/FK、写真/スズキ、ホンダ、三菱自動車、FavCars.com

【画像ギャラリー】先見の明がありすぎた!? 復活してほしいクルマたち(21枚)画像ギャラリー

トヨタが作っていたとは到底思えない超異端児「トヨタ セラ」

今あったら絶対買い!! 復活したら思わず買っちゃいそうな名車5選
サイノスの派生モデルとして登場したセラ。バタフライドアは、ガルウィングドアと異なり、開口部地上高が一般のドアと同等なので乗降性に優れるというのがウリだった

 1987年の東京モーターショーに出展されたコンセプトカー「AXV-Ⅱ」の量産モデルとして、1990年3月に登場したセラ。

 その最たる特徴はあらゆる天候下でオープン感覚の体験を実現するために採用されたグラッシーキャビン、3次元曲面ガラスに覆われたパノラミックハッチ、そしてドアを開いた際に蝶が羽を広げた姿に似ていることからバタフライドアと称された跳ね上げ式ガルウイングドアだろう。

 そんな特異なエクステリアもさることながら、インテリアも高いホールド性と優美な形状を両立したヘッドレスト一体のビオラフォルムシートの採用や雰囲気ある音揚を再現したデジタルシグナルプロセッサーを搭載したセラスーパーライブサウンドシステムをオプション設定するなど充実。

 200万円を切る車両本体価格も今振り返ればリーズナブルで走行性能も決して低くはなかったが、ハイスペックを誇った当時のライバルに比べるともの足りなかったことは否めず、販売台数も低調に推移し1995年に生産終了。多様性が求められる今ならヒットしそうな気もするが?

街の遊撃手「いすゞ ジェミニ」は5ナンバーの4ドアセダンにして走りもグッド!

1985年に登場した2代目ジェミニは販売台数20万台超の大ヒットを記録。セダンの他に、ハッチバックも販売された
1985年に登場した2代目ジェミニは販売台数20万台超の大ヒットを記録。セダンの他に、ハッチバックも販売された

 2002年に乗用車販売から完全撤退したいすゞ。ベレット、117クーペ、ピアッツァなど日本の自動車史に名を残す名車は多いが、ベレットの後継車としてGM社と共同開発した小型乗用車のジェミニも日本はもとより豪州や米国などに輸出され、高い評価を獲得した一台だった。

 1974年から2000年の26年に渡って販売されたジェミニ。そのなかでも、クルマ好きに大きなインパクトを与えたのは“街の遊撃手”のキャッチコピーでパリの街並みを2台のジェミニが疾走するテレビコマーシャルが話題をさらった2代目だろう。

 ジウジアーロ率いるイタルデザインによる直線を基調としたスポーティなフォルムが印象的だった2代目。後に、ドイツのイルムシャー社が手掛けた仕様やロータスとの提携によって実現した“ハンドリングbyロータス”とったスポーツモデルも登場。昭和の走り屋にとっては鮮烈な印象を残した1台でもあった。

 いまや絶滅の危機に瀕した4ドアセダンで、しかもスポーツテイスト満点とくれば……復活すれば欲しいと思う人も少なくないハズ!?

次ページは : 直線的なデザインが三菱らしさ満点だった「三菱 ギャランΣハードトップ」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ