「憧れ」から「もう永遠に手に入らない…」になる前に! ポルシェ ボクスター&ケイマンのエンジン車を中古で狙う!!!

「憧れ」から「もう永遠に手に入らない…」になる前に! ポルシェ ボクスター&ケイマンを中古で狙う!!!

 ポルシェ ボクスター&ケイマンは2025年にEVになることが決まっている。これはつまり現行型が最後のエンジン車となる、ということでもある。

 ガソリンエンジンのボクスター&ケイマンを買えるのは今! とはいえ新車は現実味ある値段じゃねーわ、という人も多いだろう(企画担当ももちろんそうだ!!!)。そこで今回は中古で手に入るボクスター&ケイマンをご紹介!

※本稿は2022年4月のものです
文/伊達軍曹、写真/PORSCHE
初出:『ベストカー』2022年5月26日号

【画像ギャラリー】歴代ボクスター&ケイマンの違いが一気にわかる!! 初代~現行型までをギャラリーでチェック!(21枚)画像ギャラリー

■ガソリンエンジンのボクスター&ケイマンを格安で買う!

「911以上の本格派」と見ることもできるポルシェ ボクスター&ケイマン。

 だが現行718シリーズは2025年までにEV化されることが決まり、現行世代が「最後のエンジン車」になることが決定した。

 ガソリンエンジンのボクスター&ケイマンを手に入れるなら「今がラストチャンス」なわけだが、よく考えたらポルシェの新車など、普通はそうそう買えるものでもない。

 だが我々には“中古車”という大変便利なモノがある。

 ここでは歴代ポルシェ ボクスター&ケイマンを中古車として手に入れるための、実践的な情報をお届けしよう!

■986型 初代ボクスター(1996~2004年)

1996年に登場した初代ボクスターは204psの2.5Lエンジンを搭載

 ポルシェ ボクスターは水冷水平対向エンジンをミドに搭載するオープン2シーター。

 こちら初代ボクスターは1996年に2.5Lエンジンを積んで登場し、2000年モデルからは2.7Lに拡大するとともに3.2Lの「ボクスターS」も追加した。

 相場は90万〜290万円といったところで、流通量はまずまず。

 しかし格安予算でも狙える初期年式は中古車として荒れてしまっているものが多い。

 短期的にひやかしで乗るのではなくきちんと長く付き合いたいなら、狙い目は車両価格200万円以上を目安とする後期型がお薦めとなる。

 2000年モデルとして2.7Lに排気量が拡大され、さらに2002年9月にリアウィンドウが樹脂製のスクリーンからガラス製に変更された世代だ。購入時は、エンジンから妙なうなり音が発生していないかどうかをチェックしたい。

●ポルシェ 986型初代ボクスター(1996~2004年)
・中古相場:約90万~330万円
・新車時価格:550.0万〜770.0万円
・流通量:★★☆☆☆

■987型 2代目ボクスター(2004年~2012年)

 初代の後を受けて2004年12月から2012年5月まで販売された2代目のボクスター。

 当初は2.7Lと3.2Lの水平対向6気筒エンジンを搭載したが、2006年途中にボクスターSは3.4Lとなり、ベースグレードも2008年11月からは2.9Lに排気量を拡大。

 中古車相場は170万円からと比較的手頃で、流通量もシリーズ最多であるため探しやすい。

 だが、満足できるコンディションの個体は車両価格300万円以上のゾーンである場合が多いだろう。

 380万円前後で後期型を狙えばほぼ問題のない買い物ができるはずだが、より手頃な予算で探したい場合は250万円前後のゾーンで、内外装の状態と整備履歴が良好な一台を、なるべく多くの個体を見比べながら見つけ出すのが得策となるはず。

●ポルシェ 987型2代目ボクスター(2004年~2012年)
・中古相場:約170万〜480万円
・新車時価格:568.0万〜1056.0万円
・流通量:★★★★☆

次ページは : ■981型 3代目ボクスター(2012~2016年)

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ