『頭文字D』名勝負列伝08 超名車の同車種バトルと恋の行方 RX-7対RX-7編


 クルママンガの金字塔『頭文字D』(しげの秀一著)の「名勝負」を振り返る本連載。今回はいよいよ第8回。前回(第7回)のバトルで、ついにプロのレーシングドライバーに(なんとかギリギリで)勝利した藤原拓海とプロジェクトDの仲間たち。今回は、埼玉エリアに乗り込み、ヒルクライム担当の高橋啓介が女性ドライバーと対決をすることに。しかし、その娘が啓介に惚れてしまって、バトルは思わぬ展開に?
(第22巻 Vol.272「恭子の純愛モチベーション」~Vol.280「せつない決着」より)。
文:安藤修也 マンガ:しげの秀一

■連載第1回 激闘の「vs.RX-7(FD3S)編
■連載第2回 ハンデ戦「vs.シビック(EG6)編」
■連載第3回 至高の存在「vs.RX-7(FC3D)編」
■連載第4回 因縁の「vs.ランエボIV編」
■連載第5回 高橋涼介大活躍 「RX-7対ランエボIII編」
■連載第6回 エンジン載せ替え対決「ハチロク対ハチロク編」
■連載第7回 ついに拓海がプロと対決「vs.シビックR編」

【登場車種】

■先行:マツダ・RX-7(FD3S型)
→ドライバーは岩瀬恭子。カー用品店に勤めながら、「大好きなFDに負けないくらいのかっこいい人といつかは絶対出会えると信じてる」と夢見る少女。愛車がロールバー&フルエアロのFDということだけでも、ビューティーな容姿の裏に潜むヤンチャさが伝わってくる。

■後追い:マツダ・RX-7(FD3S型)
→ドライバーは高橋啓介。『プロジェクトD』のエースのひとりで、ヒルクライム(上り)担当。日頃からつっぱった態度をとっているが、今回のバトル中も終始、考えながら走っており、実は結構、理知的な男である。女性に対しても同じで、思慮深く優しい。そらモテるわけだ。

【バトルまでのあらすじ】

 遠征の下見に埼玉へ来た啓介と、同コース上で携帯を落として探していた恭子。奇しくも2人が出会うことが、今回のバトル(と恋愛)のきっかけだ。世の中には、女性ライバルとの勝負で勝利して、その女性の心をも奪ってしまうというストーリーが少なからずあるものだが、今回、イケメン啓介は、なんとバトル前から女性ライバル(恭子)のハートを撃ち抜いてしまう。このフォーマットにハマっていない恋愛ストーリーが、今回の意外性のあるバトルを象徴している。

「イナズマに打たれたみたいな気分」と、啓介に一目惚れした恭子。チームのエースで、埼玉エリアでは名の知れた存在であった彼女だが、次のバトルの相手が啓介だと知り、戸惑いを見せる。この段階で、啓介の勝利は決まったようなものだったが、友人から「運転うまいとこ見せれば、むこうだって恭子に興味持つはずだよ」と言われたことで、恭子は逆にモチベーションを高めてバトルに打ち込むことになった。

 そしていざ、バトルへ! ……と思いきや、バトル前にトラブル発生。練習中、コース上で恭子のFDがエンスト。たまたま通りがかった啓介が、「マシンのメンテもしねえで勝てると思われてるとしたら心外だぜ。がっかりなんだよ」と捨て台詞をはいて立ち去る。落ち込みまくる恭子。しかし、啓介はすぐにプロジェクトDのライトバン(機材車)に乗って引き返してきた。さらに、自らの手を汚しながら、チームスタッフとともに恭子のFDを修理する……。最後に「気持ちは走りで返してくれ」と啓介。ツンデレの極地である。そら、恭子はさらに惚れてまうやろー!(笑)

次ページは : 【バトル考察】