【XV インプレッサ アウトバック…人気車の長短所】スバル車の「推せるところ」と「惜しいところ」


■スバル XV(220万~292万6000円)

スバルを支えるクルマ、XV。2017年に3代目が登場し、2018年にマイルドハイブリッドのe-BOXERが追加。そして2019年10月にも改良が行われ、2Lモデルはすべてe-BOXER車となった

(TEXT/国沢光宏)

●スバル XVのココがイイ!!!……手頃な価格で買えるカッコよいクロスオーバーということもあり、今やアメリカで大人気モデルになっている。実際、本格的なクロカンモデルに匹敵する最低地上高を持つため、深雪から悪路まで軽々と走破します。日本のユーザーって慧眼。インプレッサシリーズの販売台数の大半がXVとなっている。私のおすすめ車です。

●スバル XVのココが惜しい!!!……超残念なのがパワーユニット。ベースグレードに搭載される1600ccはパワーなくて燃費イマイチ。2000ccハイブリッドになると若干燃費よくなるものの(性能はイマイチ)、290万円スタート! 見積り取ったら350万円近くなってしまう。XVにそんな金額出さない。リーズナブルで魅力的なパワーユニットあればと思う。

●スペック(2.0e-L EyeSight):全長×全幅×全高=4465mm×1800mm×1550mm、ホイールベース=2670mm、最低地上高=200mm、車両重量=1530kg、水平対向4気筒2L+モーター、最高出力=145ps/6000rpm、最大トルク=19.2kgm/4000rpm

■スバル フォレスター(286万~315万7000円)

スバルで一番売れてるクルマ、フォレスター。2018年に登場した現行型は5代目となる。2Lターボエンジンが設定されていないことが物議を醸した。かわりにe-BOXERが設定された

(TEXT/国沢光宏)

●スバル フォレスターのココがイイ!!!……乗用車のプラットフォーム使うSUVとして評価すると、悪路や雪道走破性は素晴らしく高い。フォレスターが走りきれない路面は、どのクルマを持ってきてもダメだと思う。また、インプレッサシリーズと同じ新世代のシャシーを使っており、走りの質感は素晴らしい! 素直なハンドリングとコントロール性能の高さはSUVトップだと考えます。

●スバル フォレスターのココが惜しい!!!……すべてにおいて個性が薄い。歴代フォレスターに存在したハイパワーモデルを作らなかった時点でフォレスターのブランドイメージは半減。いや3分の1になってしまった。RAV4などのライバル車がラインナップする「速くて燃費のいいパワーユニット」を持っていないのも厳しい。フォレスターの簡易式ハイブリッド、もはや時代遅れ。

●スペック(X-BREAK):全長×全幅×全高=4625mm×1815mm×1730mm、ホイールベース=2670mm、最低地上高=220mm、車両重量=1530kg、水平対向4気筒2L DOHC、最高出力=184ps/5800rpm、最大トルク=24.4kgm/4400rpm

次ページは : ■スバル WRX STI(393万8000~413万6000円)