【RAV4 ロッキー GT-Rも絶版後にカムバック!!】復活を遂げた国産車 7選の通信簿

「RAV4」や「ロッキー」などかつて消滅した国産車の復活がトレンドに! 復活を遂げた最新モデルの気になる評価は?

 最近、一度日本市場から消えながら“再投入”され、復活を果たしたクルマが続々と現われている。

 2016年に日本市場では一旦、絶版となったRAV4は2019年4月に新型を発売。復活後、SUV販売台数No.1を記録するなど話題となっている。

 だが、そんな復活車たちが再投入された意味は果たしてあったのかどうか、本稿ではそんな7台の復活車に対する“通信簿”を付けていきたい。

文:国沢光宏、永田恵一
写真:編集部、HONDA、TOYOTA
ベストカー 2020年3月10日号

【画像ギャラリー】本稿登場!! 全復活車のカムバック前の姿は??


【1】トヨタ RAV4/2019年4月発売

RAV4/2016年絶版→2019年復活、2020年1月販売台数:5549台

 新型RAV4の売れゆきは驚くばかり! 驚くべきことに米国じゃ毎月4万台以上売れており、2019年のベストセラーカーになってしまった! 日本でも発売と同時に大量のバックオーダー入って絶好調! トヨタにとって10年ぶりの日本カーオブザイヤーを獲得したほど。

 この流れは日米に留まらない。欧州や中国でも高い評価を受けており、トヨタにとって久しぶりの大ホームランとなった感じ。

 なぜRAV4は高い評価を受けているのだろう? こらもう簡単。2000cc、2500ccのベースエンジンもハイブリッドも、ライバル車と比べて圧倒的に燃費良く、世界中の燃費規制をクリア可能。

 SUVにとって重要な悪路性能も、このカテゴリーのベンチマークになっているフォレスターに勝るとも劣らず。それでいて価格は決して高くない。売れるクルマの要素をすべて持っていると言ってよかろう。

 ということで評価は「たいへんよくできました」。

【国沢光宏】

【2】ダイハツ ロッキー/2019年11月発売

ロッキー/1997年絶版→2019年復活、2020年1月販売台数:3153台

 初代ロッキーはスズキ エスクードの対抗馬だった。当時、日本でクロカンブームが始まり、どのメーカーもパジェロのようなクルマを作った。

 ただ、ダイハツにクロカンのイメージはまったくなかったうえ、当時は「2匹目のドジョウ」などと言われたものである。実際、クルマの出来もイマイチで、売れゆきは伸び悩んだ。

 一方、復活したロッキーを見ると、良い狙い目である。そもそもダイハツの単独開発じゃなく、最初からトヨタで販売することが前提。

 そのため初代ロッキーのような「ドロナワ感」もなく、私のようなクルマにウルサイ爺さんが乗っても、一世代前の自動ブレーキ性能を除けば「こらいいね!」。

 自動ブレーキさえホンダや日産の軽自動車と同じレベルになったら、まったく不満なし。ということで「たいへんよくできました」をあげたいところながら、自動ブレーキに足を引っ張られ「よくできました」。

【国沢光宏】

【3】スズキ アルトワークス/2015年12月発売

アルトワークス/2000年絶版→2015年復活、2020年1月販売台数:5636台 ※アルト全体の台数

 初代アルトワークスは、自動車業界に激震を与えた。私ですら初めて試乗した際「なんじゃこりゃああああぁぁ!」とぶったまげましたね!

 軽自動車と思えないほど速いだけじゃなく、楽しくてコントローラブルでした。当時、日本の至るところに存在した「ワインディングロードのようなテストコース」で全開走行を楽しんだものです。

 翻って「帰ってきたアルトワークス」に乗ったらガックリ! そもそもターボ積んだふつうの軽から一歩も出ていない。せっかくのレカロシートはそう思えないほど高い位置にセットされているためインパクト薄め。

 重心だって高いのだろう。コーナーで攻めると初代と違ってトリッキーな挙動になる。日本のクルマ好きは慧眼だ。復活直後こそ話題になったアルトワークスながら、今やメディアにも取り上げられず、忘れ去られた存在になりつつあります。

 評価は「がんばりましょう」。

【国沢光宏】

【4】日産 GT-R/2007年12月発売

GT-R/2002年絶版→2007年復活、2020年1月販売台数:73台

 改めて説明するまでもなく現行GT-Rは、ゴーン元日産代表が日産復活のため水野和敏さんに“ほぼ”無制限の小切手を渡して開発させたモデルである。

 日産の歴史を、いや、日本車の歴史を見ても、GT-Rほど「販売台数のわりにお金かけたモデル」などない。こらもう歴代GT-Rと比べたって圧倒的だ。高く評価されているR32型スカイラインGT-Rですら、現行GT-Rと比べたらふつうのクルマに感じてしまうほど。

 しかも2007年の発売以来、水野さんと田村さんが丹念に磨き続けた。特に田村さんにバトンタッチした時から、GT-R本来のポテンシャルは輝き始めたと思う。最新のGT-Rに乗ると、もはや「素晴らしい!」としか言えません。

 残念ながら素晴らしい仕上がりになったGT-Rも燃費や騒音規制で絶版になってしまう。最後の恐竜を楽しみたいならぜひ乗っておくことを薦めたい。

 評価は「たいへんよくできました」。私も本気で購入を考えています。

【国沢光宏】

【5】ホンダ シビック/2017年9月発売

シビック/2010年絶版→2017年復活、2020年1月販売台数:329台

 現行シビックは開発にあたり日本市場のことなどまったく考えていない。

 ひと昔前までホンダも「米国と欧州で作り分ける」(日本はヨーロッパに近い)ということをしていたけれど、もはや米国以外の販売台数が激しくシュリンクしてしまったため、どうでもよくなったのだろう。

 現行モデルになってから、いちだんと米国頼みのクルマになったように思う。

 もちろん、「シビックはホンダの原点。日本でも売る」という主張についちゃ「ごもっとも」である。

 だったら高いコストかけて日本に生産ライン作らず、イギリス工場からの輸入でよかった。欧州らしい乗り味を持つシビックを一部のホンダファンを対象として丁寧に売る、という戦略です。

 現行モデル、ふつうの人からすればカッコ悪くて高いのみ。案の定、販売は伸び悩んでいる。同じコストをかけるなら、ほかのモデルを導入すればよかった。

 評価は「がんばりましょう」しかありません。

【国沢光宏】

【6】トヨタ シエンタ/2015年7月発売

シエンタ/2010年絶版→2011年復活→2015年FMC、2020年1月販売台数:6831台

 2003年にスライドドアを持つコンパクトミニバンとして初代モデルが登場したシエンタは好調に売れたものの、パッソセッテを後継車に姿を消す予定だった。

 しかし、ヒンジドアやスペースの狭さでパッソセッテが失敗に終わったため2010年に一時絶版となった後、2011年にマイナーチェンジされ復活。2015年7月に現行型2代目モデルに移行した。

 現行シエンタは自動ブレーキの性能とアダプティブクルーズコントロールなどの運転支援機能がない点は不満だ。

 しかし、それ以外に関してはコンパクトながら3列目もシッカリ使えるスペースを確保し、動力性能は充分、乗り心地もまずまず、2列シート仕様などのバリエーションも完備と文句ない。

 よくできたクルマではあるが、それにしても驚くほど2019年夏から急に販売が伸び始め、8月と9月には販売台数トップに浮上。2019年の販売台数では2018年の5位から3位に躍進した。

【永田恵一】

【7】ホンダ CR-V/2018年8月発売

CR-V/2016年絶版→2018年復活、2020年1月販売台数:504台

 CR-Vは1995年登場の初代モデルがライトなキャラクターや広いキャビンとラゲッジスペース、低価格を理由に大ヒット。初代オデッセイなどとともにホンダの業績回復に大いに貢献した。

 が、2代目以降は世界的にはホンダの基幹車種に成長したが、日本では存在感が薄くなり、2016年7月に4代目モデルで絶版に。

 だがSUVブームのなか、ホンダにミドルクラスSUVがなかったこともあり、2018年8月に復活。復活したCR-Vは面白みこそないが、1.5Lターボエンジン車には3列シートがあるなど、クルマ自体は及第点以上の仕上がり。

 カーナビが標準装備とはいえ全体的に適価に対し、20万〜30万円高い価格がすべてをブチ壊しており、販売台数は直接的なライバルとなるRAV4の10分の1以下に低迷。せっかく復活したのだから価格だけは考え直してほしい。

【永田恵一】

【画像ギャラリー】本稿登場!! 全復活車のカムバック前の姿は??