【RAV4 ロッキー GT-Rも絶版後にカムバック!!】復活を遂げた国産車 7選の通信簿


「RAV4」や「ロッキー」などかつて消滅した国産車の復活がトレンドに! 復活を遂げた最新モデルの気になる評価は?

 最近、一度日本市場から消えながら“再投入”され、復活を果たしたクルマが続々と現われている。

 2016年に日本市場では一旦、絶版となったRAV4は2019年4月に新型を発売。復活後、SUV販売台数No.1を記録するなど話題となっている。

 だが、そんな復活車たちが再投入された意味は果たしてあったのかどうか、本稿ではそんな7台の復活車に対する“通信簿”を付けていきたい。

文:国沢光宏、永田恵一
写真:編集部、HONDA、TOYOTA
ベストカー 2020年3月10日号

【画像ギャラリー】本稿登場!! 全復活車のカムバック前の姿は??


【1】トヨタ RAV4/2019年4月発売

RAV4/2016年絶版→2019年復活、2020年1月販売台数:5549台

 新型RAV4の売れゆきは驚くばかり! 驚くべきことに米国じゃ毎月4万台以上売れており、2019年のベストセラーカーになってしまった! 日本でも発売と同時に大量のバックオーダー入って絶好調! トヨタにとって10年ぶりの日本カーオブザイヤーを獲得したほど。

 この流れは日米に留まらない。欧州や中国でも高い評価を受けており、トヨタにとって久しぶりの大ホームランとなった感じ。

 なぜRAV4は高い評価を受けているのだろう? こらもう簡単。2000cc、2500ccのベースエンジンもハイブリッドも、ライバル車と比べて圧倒的に燃費良く、世界中の燃費規制をクリア可能。

 SUVにとって重要な悪路性能も、このカテゴリーのベンチマークになっているフォレスターに勝るとも劣らず。それでいて価格は決して高くない。売れるクルマの要素をすべて持っていると言ってよかろう。

 ということで評価は「たいへんよくできました」。

【国沢光宏】

【2】ダイハツ ロッキー/2019年11月発売

ロッキー/1997年絶版→2019年復活、2020年1月販売台数:3153台

 初代ロッキーはスズキ エスクードの対抗馬だった。当時、日本でクロカンブームが始まり、どのメーカーもパジェロのようなクルマを作った。

 ただ、ダイハツにクロカンのイメージはまったくなかったうえ、当時は「2匹目のドジョウ」などと言われたものである。実際、クルマの出来もイマイチで、売れゆきは伸び悩んだ。

 一方、復活したロッキーを見ると、良い狙い目である。そもそもダイハツの単独開発じゃなく、最初からトヨタで販売することが前提。

 そのため初代ロッキーのような「ドロナワ感」もなく、私のようなクルマにウルサイ爺さんが乗っても、一世代前の自動ブレーキ性能を除けば「こらいいね!」。

 自動ブレーキさえホンダや日産の軽自動車と同じレベルになったら、まったく不満なし。ということで「たいへんよくできました」をあげたいところながら、自動ブレーキに足を引っ張られ「よくできました」。

【国沢光宏】

次ページは : 【3】スズキ アルトワークス/2015年12月発売

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ