「ステージア」の魅力に迫る ワゴンブームの徒花は名車? それとも迷車??


まとめ

ステージアはいいクルマだったのか? 

 筆者は昔、日産の栃木工場のオーバルコースでやっていた同乗体験会で、ステージアに同乗したことがある。その際、180km/hのスピードメーターを振り切って、バンクを全開走行するステージアに感動した経験がある。

 「ステージアはスカイラインのシャシーを使っているので、ポテンシャルが相当に高いんです」とテストドライバーの方がお話してくれた。「ステージアは凄い!」これは間違いなくいえることだ。

 残念ながらステージアは、クルマ自体は名車だったと思うが、売る場所や売り方が迷車だったと考えられる。

 日本市場では「ステーションワゴンは、セダンよりちょっとおしゃれなクルマ」といった考え方になっているのは、とても残念なことだ。

【画像ギャラリー】1990年代に人気だったステージア、レガシィツーリングワゴン、アコードワゴンをみる