アウディ、BMW、テスラ…速そうに見えなくて実は速い狼なクルマ 5選


 フェラーリやポルシェのような派手さがなく、地味な外観なのに、異様に速いクルマが世の中には存在する。

 大排気量のエンジンを、大人しく見えるボディの中に隠し持っている「ヒツジの皮をかぶった狼」に心奪われる方は、クルマ好き諸氏の中には多いはず。

 現在、国内で販売されている中にも、中身は只ならぬパフォーマンスを持ったクルマがある。

 本記事では、日本国内向けに新車発売されている4枚ドアのクルマに絞り「ヒツジの皮をかぶった狼」なクルマをご紹介していく。

文:吉川賢一、写真:レクサス、アウディ、メルセデスベンツ、BMW、テスラ

【画像ギャラリー】「ヒツジの皮をかぶった狼」なクルマたち


レクサス GS-F

レクサス GS-F

 見た目は、お金持ちの紳士が乗るような高級セダンだが、その中身は別物だ。477psの5リッターV8エンジンを搭載し、ひとたびアクセルを踏み込めば、クルマを包んでいた静寂感は、太いトルク感へと変化する

 シフトレバーをMポジションに入れると、8速MTのように機能する点も面白い。

 2速から8速まで全域ロックアップを行うため、変速レスポンスが高まり、エンジンとトランスミッションがメカニカルに直結されるダイレクト感を味わえる。

 しかもこのパフォーマンスに対して後輪駆動のみ、という設定にも遊び心が感じられる。レクサスが特にこだわったのが、サウンドチューニングだ。

 低速域から高速域へと変化していく音程をチューニングしたことで、アクセルを踏み込むほどに音程が高まっていく昂揚感を味わえる。

 今後、大排気量エンジンは燃費規制で絶滅していくだろう。こうしたV8 NAサウンドが聞けるのも、あと数年かもしれない。

レクサス GS-F 主要諸元

  • エンジン:V型8気筒 自然吸気エンジン
  • 排気量:4968cc
  • エンジン最高出力:351kW(477ps)/7100rpm
  • 最大トルク:530Nm(54.0kgm)/4800-5600rpm
  • 駆動方式:後輪駆動
  • トランスミッション:8-Speed SPDS (電子制御8速オートマチック)
  • タイヤサイズ:255/35 R19(前)・275/35/ R19(後)
  • 価格:1144万円~

アウディ RS 5 スポーツバック

アウディ RS 5 スポーツバック

 アウディといえば、スタイリッシュで都会的なデザインを持つイメージであろう。

 しかしこの「RSシリーズ」は、アウディがレースで培った技術から生まれたハイパフォーマンスモデルであり、得意のクアトロ技術と、圧倒的なパフォーマンスのエンジンをもつクルマたちだ。

 エンジンは2.9リッターのV6ツインターボ。わずか3.9秒で100km/hに達する加速力と、280km/hの最高速を達成。

 圧倒的なトルクと、どこまでも伸びるようなパンチ力のある加速フィールで、暴力的ともいえる動力性能を実現しているクルマだ。

 アウディならではの質の高いインテリアも魅力的。先進的で整ったアウディのインテリアを見ながら、涼しい顔をしてさっそうと街を駆け抜けるのも、実に気持ちが良い。

アウディ RS 5 スポーツバック 主要諸元

  • エンジン:V型6気筒ツインターボ
  • 排気量:2893cc
  • エンジン最高出力:331kW(450ps)/5700-6700rpm
  • 最大トルク:600Nm(61.1kgm)/1900-5000rpm
  • トランスミッション:8速 ティプトロニック
  • タイヤサイズ:前後 275/30 ZR20
  • 価格:1302万円~

次ページは : メルセデスAMG C63 S

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ