日産GT-Rはどんな存在だったのか? 日本の至宝も発売から12年超…どこへゆくのか?


 日産GT-Rの「次期型開発中」という情報が入ってこない。

 現行型であるR35GT-Rのデビューは2007年12月。登場時に日産が公言したように毎年すこしずつ進化を重ねてきたとはいえ、もう発売から12年半。

 世界最高峰の実力を持つとはいえ、さすがにその設計思想に世界中のライバルは追いついてきており、ある種の「古さ」を隠しきれなくなってきた。

 それは工業製品の宿命ではあるが、しかしだからこそモデルチェンジ、代替わりが重要なのであるが、しかし、通常では伝えられてしかるべき時期であるにも関わらず、次期型GT-Rの開発に関する情報はいっさい伝わってこない。

 これはどういうことなのか? もしかして「GT-R」というブランドは役目を終えたのだろうか? だとしたら日産にとって、日本にとって、自動車界にとって、GT-Rとはどのような存在だったのか?

「次期GT-Rはどのような存在であるか」も含めて、考察してもらった。

文:御堀直嗣、写真:日産、ポルシェ、テスラ

動画:日産公式YouTubechannelより

【画像ギャラリー】世界最高峰の実力を持つ歴代GT-Rをみる


GT-Rの歴史はここから始まった

 クルマ好きの間で「R35」と親しまれるニッサンGT-Rが、2007年に誕生してから13年目に入った。

 日産自動車にGT-Rが登場したのは、1969年のことだ。ハコスカスカイラインの時代である。初代は、4年で2代目へモデルチェンジした。

初代スカイライン2000GT-R

 2代目は、ケンメリスカイラインとして親しまれたが、GT-Rの販売は1973年の1年のみであった。理由は、排出ガス規制への対応である。

 1970年に米国でいわゆるマスキー法案が提出され、大幅な排出ガス浄化が求められた。ホンダが独創のCVCC(複合渦流調整燃焼方式)により世界で初めて基準を達成したのが73年である。

その時点で、トヨタにせよゼネラルモーターズ(GM)にせよ、もちろん日産自動車も、いかに排出ガス規制を達成するかに集中せざるをえなかったのである。

2代目スカイライン2000GT-Rは、排出ガス規制への対応で1年という短さで販売終了。

 今日、100年に一度の変革期といわれるが、50年前の70年代も、クルマに大変革が求められ、ケンメリスカイラインのGT-Rはその影響を受けずにはいられなかったのであった。

1989年についに復活へ

 1989年にGT-Rは復活を遂げる。いわゆる「R32GT-R」の誕生だ。

R32スカイランGT-R

 ちょうど日本のバブル経済が後押しをしたが、同時に、レースで負けられない「技術の日産」の意地もあったはずだ。

 1985年からグル-プA規定による全日本ツーリングカーツーリングカー選手権がはじまり、R30スカイラインRSで日産は参戦したが、ときにカロ-ラやシビックにも負ける始末で、また海外からの輸入車にも善戦はしたが、かつて60年代のGT-Rのような圧倒的強さは発揮できずにいた。

 次のR31でGTS-Rへ発展したが、それでも大きな変化はなかった。

 レースで圧倒的強さを発揮できるGT-Rへの期待は、ここにきて醸成されたのである。満を持して登場したのが、R32スカイラインGT-Rだ。

1992年全日本ツーリングカー選手権参戦時

 エンジンは新開発の直列6気筒DOHC4バルブでツインターボを装着している。車体をあえて前型に比べ小型化し、その姿はまさにレースのためのベース車両であった。

 レース結果は常勝GT-Rの名に恥じぬものであり、国内初戦では競合する輸入車を周回遅れにする圧倒的勝利を果たした。

 海外においても、GT-Rの強さは他を圧倒し、それによってグループA規定によるレースが終焉を迎えることにさえなる。

R33スカイラインGT-R

 R33のスカイラインGT-Rは、上級車種としての車体寸法拡大や、使い勝手が与えられた。

 それでもレースには積極的に関リーフランスで開かれているル・マン24時間レースへの参戦も行った。R34時代も国内のGTレースでタイトルを獲得する強みを発揮した。

 R34までのGT-Rは、スカイラインの一車種として存在しので、それぞれの販売期間は4年前後である。現行の13年というのは、GT-Rの歴史においても異例の長さだ。

R34スカイラインGT-R

次ページは : R35GT-Rが誕生のきっかけは?

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ