スイフトが貫いたスズキ流本格派コンパクトの矜持 ブレずに今年で20周年!!


 ヴィッツがヤリスへ、デミオもマツダ2に……。国産コンパクトカーが車名やコンセプトを変えるなか、地道に、ブレずに、進化を遂げてきたスズキ スイフトが、今年で20周年! 欧州流とも評される本格派コンパクトが体現する“クルマ”の本質とは?

文:御堀直嗣
写真:SUZUKI、編集部

【画像ギャラリー】実は3ドアもあった!? 歴代全スイフト&スイフトスポーツを写真でプレイバック!!


 スズキのコンパクトカーである「スイフト」は、2000年に誕生した。

 ただし、前身である「カルタス」というコンパクトカーが1980~1990年代にかけてあって、海外ではスイフトと呼ばれていた。

 また、初代スイフトは、海外では「イグニス」と呼ばれており、2016年に発売された現行のイグニスとは別のクルマであったが、クロスオーバー的な位置づけは同じともいえる。

 したがってスズキの資料によれば、現在のスイフトに至る歴史は、2004年の2代目からと記されている。

 とはいえ、国内外の車名や車種の位置づけの違いは別として、国内でスイフトとして販売されたのは2000年からで、そこから数えると今年で20年の歴史を積み上げたことになる。

販売台数が示すスイフトの確かな商品力

2016年12月登場の現行型スイフト。通算4代目のモデルとして、歴代初のターボエンジン車やハイブリッド車も設定

 現行のスイフトは、2000年の初代から数えると4代目であり、2016年12月にフルモデルチェンジをしてから3年半になろうとしている。

 現在の販売動向はというと、自動車販売協会連合会の統計である乗用車ブランド通称名別順位によれば、新型コロナウィルス(COVID‐19)による非常事態宣言が出された4月においても、1406台の販売で26位に着けている。

 台数的には少ないが、スズキのなかではコンパクトミニバンのソリオに次いで2番目で、昨今人気のコンパクトSUVであるクロスビーより多い台数となっている。

 この販売傾向は、実は年間を通じても変わらず、2019年4月から2020年3月までの2019年度販売実績において、スイフトは3万2293台で24位という成績だ。

 対前年比で86.5%であり、減ってはいるものの80%超えの台数は、フルモデルチェンジから3年を超える車種としては堅調な数字といえるのではないだろうか。そしてやはりソリオに次ぐ2番目の人気であり、クロスビーを上回る状況にある。

 2019年度の販売台数トップ10に食い込んでいるトヨタ アクアやホンダ フィットとは比べものにならないとはいえ、日産 マーチの姿はベスト50になく、マツダ デミオ(現マツダ2)の約2.3倍も売れているスイフトは、確かな商品という消費者の信頼を得ているといえるのではないだろうか。

軽から派生したといわれるスイフトの「源流」

2000年に誕生した初代スイフト。海外では「イグニス」の車名でも販売された

 初代スイフトは、2代目以降のハッチバック型のコンパクトカーではなく、クロスオーバー的な車種だった。

 少し前の1998年に、Kei(ケイ)という名の軽自動車のクロスオーバー車が誕生しており、そのサイドパネルやドアを活用しているともいわれた。それまでのカルタスとは違う新しい価値観の車種として市場に打って出た記憶がある。

 だが、前年にトヨタから発売されたファンカーゴと比べると、空間の活用の仕方や外観の造形などに目新しさがなく、実用車として不足はなくても、やや印象に残りにくかったといえなくもない。それでも6年間販売され続けた。

 そして2代目で、スイフトはコンパクトハッチバック車へ転換をはかり、欧州市場で大衆車の位置づけにある重要な戦略車として生まれ変わった。

 このため、スズキでは今日のスイフトの原点が2代目にあるとするのだろう。初代スイフト的な価値は、その後のSX-4へ受け継がれたといえるのではないか。

次ページは : 今に至る「スイフト」を確立した2代目

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ