パッソ&ブーンはなぜパッとしないのか? 売れているのに地味すぎる?


 軽自動車より大きく、ヤリスやフィットよりひとまわり小さい登録車のエントリーカー! トヨタ パッソ/ダイハツ ブーンは、人気の割に陰の薄い存在だ。

 しかし、昨年パッソは販売台数ランキングで22位の4万980台、ブーンもベスト50に近い8616台と、2台を合計すると月4000台以上と結構売れている。

 当記事ではパッソ&ブーンが売れている割にパッとしない理由を考察してみた。

文:永田恵一、写真:トヨタ、ダイハツ、ホンダ

【画像ギャラリー】パッソ/ブーンの歴代車をみる


パッソ&ブーンの歴史を振り返る

 現行型で3代目モデルとなるパッソ&ブーンを簡単に紹介すると、初代モデルはダイハツのシャレード、トヨタでもデュエットの車名で販売されたストーリアを引き継ぐダイハツ主導で開発されたリッターカーとして2004年に登場。

 初代モデルのパワートレーンは現行型も同じものを使う1リッター3気筒+4速ATと1.3リッター4気筒+4速ATがメインで、プラットホームは軽自動車の拡大版だ。

初代ブーン

 初代パッソ&ブーンのコンセプトは「使いやすい、運転しやすいコンパクトカー」というもので、これは現行型まで一貫している。

 初代パッソには1.3リッター4気筒エンジンにMTを組み合わせた、ちょっとスポーティな「TRD Mスポーツ」、初代ブーンにはストーリアにもあった競技ベースの「X4」(競技のレギュレーションに合せた936ccの4気筒ターボ+4WD、クルマ自体は改造前提のホントのベース車)が2006年に追加されたこともあり、クルマ好きや自動車メディアにも若干は注目されるモデルだった。

 しかし2010年登場の2代目モデル以降スポーツモデルは完全になくなり、プラットホームも現行モデルまで三世代変わらず、二代目モデルで4速ATがCVTになるなどの最低限のアップデートだけを盛り込むくらいで、空気のような存在になりながら現在に至る。

パッソ特別仕様車 MODA“Charm”(2020年4月7日発売)

パッソ&ブーンはどのくらい売れている?

 現行モデルになった2016年以降で統計が見つかった2台の販売台数は以下の通りである。

パッソとブーンの販売台数比較(販売台数ランキング上位50位まで掲載分)

 トヨタにはハイエースやプロボックスのように「普段意識することは少ないけど、よく見ると驚くほど売れている」というクルマがあるが、パッソ&ブーンもハイエースやプロボックスとは意味合いは違うものの、販売は堅調だ。

パッソ2020年販売台数

次ページは : 売れている割になぜパッとしないのか?

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ