全飼い主は要チェック 真夏を乗りきれペットとドライブ時の最注意点

全飼い主は要チェック 真夏を乗りきれペットとドライブ時の最注意点

 2020年6月14日に東北地方も梅雨入りしたが、夏を前にしてすでに日中の最高気温は30度を超える日もある。緊急事態宣言も解除され、これからドライブに行こうと計画している人もいるだろうが、その時に気になるのが熱中症だ。

 人間でも厳しい暑さだが、人間はまだ症状が出ていることを話すことができる。しかし、ペットはそうはいかない。きちんと予防するための対策が必要になるのだ。

 ペットを家族と思う人も多くいるが、そんなペットを快適にドライブに連れ出すために、車内外での暑さ対策についてモータージャーナリスト兼ドッグライフプロデューサーの青山尚暉氏に詳しく解説してもらう。

文/青山尚暉
写真/Adobe Stock(Anna Belova@Adobe Stock)、青山尚暉

【画像ギャラリー】ペットを快適に移動させられる後席分割&後席エアコン吹き出し口を備えた現行SUV


■犬との快適なお出かけはまずプランニングから

 緊急事態宣言、都道府県をまたぐ移動が解除され、これまで自粛していた、愛犬連れのドライブ旅行を計画している愛犬家も多いと思う。実際、ラブラドールレトリーバーとジャックラッセルと暮らすわが家でも、さっそく、自粛ストレス解消!? のためのドライブ旅行に出かけることになった。

 が、モータージャーナリスト兼ドッグライフプロデューサーとして活動しているボクの持論は、愛犬連れのドライブ旅行は気候の安定した春、秋、特例として、犬が大好きな雪を目指す冬のシーズンを薦めている。逆に言えば、夏は避けたほうがいい。犬は1年中、毛皮を着ていて、発汗を足の裏からしかできず、暑さや湿気が苦手。暑さによって熱中症にもなりやすく、それが命取りになる危険性さえあるのだから注意が必要だ。

 そこで、わが家も実践している、これからの季節、梅雨から真夏にかけての愛犬連れドライブの注意点を紹介したい。

 まずはプラニングが最重要。目的地が、別荘や実家を除く観光地の場合、できれば軽井沢に代表される、標高の高い、比較的涼しく湿度の低い避暑地がお薦めだ。

 2019年の真夏、東京の気温が34度の日でも、軽井沢は26度だったというデータがあり、なるほど、昔ほどは涼しくないものの、アスファルトジャングルの都会よりはずっと過ごしやすいのである。無論、灼熱の海辺などは、わが家は絶対に行かない。人間が、毛皮を着て真夏の海に行くなど、ありえないのと同じことだと思っている。

夏は犬とっては人間以上に暑い。出かけるのであれば、木陰の多く気温の低い避暑地がお薦めだ。人間は靴があるからわからないが、素足(肉球)で歩く犬には、真夏の65度近くにもなるアスファルトは厳禁だ

 目的地が高地、避暑地だとしても、都会からの移動では、道中はやはり暑い。もし、目的地が別荘、実家ならば、まだ涼しい早朝、夜に移動するといい。日差しがなく、車内温度がまるで違ってくる。

 では、目的地が観光地、愛犬同伴型リゾートホテルだとすれば、どうするか。早朝の出発なら、移動は快適だが、着いてからホテルのチェックインまでの時間、都会と比べれば涼しくても、犬にとっては春や秋とくらべ暑い環境の中、連れ歩くのはよくない。そこで、プラニングの重要性がポイントとなる。

 涼しいうちに現地についたあと、涼しい環境の場所や(軽井沢なら白糸の滝とか)、エアコンの効いた店内愛犬同伴OKのカフェやレストラン、施設をあらかじめピックアップしておけば(開店時間、定休日、店内OK、テラス席のみOKの確認を)、日中も安心である。安全に水遊びができる渓流や湖畔で遊ばせるのも、水を怖がらない犬なら適切だろう(犬用バスローブがあるとあとが楽)。

次ページは : ■飼い主が寒いくらいが適温 愛犬ファーストで車内温度を調整

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します