愛犬家要注意! 犬を載せる時にやりがちな重大な交通違反とは?

 近年ショッピングモールや、観光地に向かう高速道路のSA/PAでも、愛犬を連れたのクルマをよく見かけるようになった。

 高速道路のSA/PAでは、ドッグランやペット用のごみ箱や水飲み場が設置されるなど、愛犬を連れてクルマで移動することがより快適になっている。

 しかし、愛犬家にとって犬は家族。クルマに載せる際に「シートに縛り付けるなんてかわいそうでできない!」なんて人もいる。だが、その誤った判断で、運転者が逮捕されたり、愛犬が危険にさらされる恐れがあることを、きちんと知ってもらいたい。

 今回は、ドッグライフプロデューサーとしても活動する自動車評論家の青山尚暉氏に、愛犬家が知らずにやってしまいがちな違反や、愛犬の正しい載せ方について詳しく解説してもらう。

文/青山尚暉
写真/Adobe Stock(anon@Adobe Stock)、HONDA、VOLVO

【画像ギャラリー】愛犬と安全に快適にドライブを楽しみたい! そんなアナタにお薦めするペット用アクセサリー


■誤った愛犬の載せ方で逮捕される事案も発生

 2020年のゴールデンウィーク中、愛犬とドライブをするのが大好きな愛犬家がドキッとするようにニュースがあった。

 それは、5月2日、「札幌市で運転席側の窓から顔を出す犬を発見した警察官が、停車指示を出したものの逃亡しようとしたために逮捕」というものだ。2012年3月にも「山口県周南市内で、小型犬のトイプードルを膝の上に乗せて運転していたことから、運転手の男性を現行犯逮捕」というニュースがあった。

 今では、犬は家族の一員、どこへ行くにも一緒……という愛犬家が、わが家を含めて増えている。高速道路のSA/PAにドッグランがあったり、ペット用のごみ箱があったり、さらには愛犬同伴型リゾートホテルが日本の有名リゾート地に林立し、ペットと店内で食事ができる高級レストランだって珍しくはない時代であり、日本でもペットとお出かけする環境が、ヨーロッパほどではないにしても急激に整いつつあるのである。

 わが家はこれまで(新型コロナウィルスによる緊急事態宣言以前)、毎日のように近所の駐車場付きドッグランを訪れ、毎月のようにラブラドールレトリーバーとジャックラッセルの愛犬とともにあちこちへドライブしてきたのだが、ペットを正しくクルマに乗せている愛犬家は、実はごく少数だったりする。

 本来は、後席やラゲッジルームに設置した、ベルトで固定した強固なクレートの中に乗せるか、チャイルドシート用のISOFIXアンカーとシートベルトを利用した犬用シートベルトを装着させるなどして、安全に移動させるのが、正しく安心できるペットの乗せ方だ。

 が、先のニュースにあるように、愛犬を膝の上に乗せて運転していたり、後席にそのまま載せていたり、万一の際、エアバッグの展開でダメージを受ける可能性のある助手席に乗せていたりする危険な光景をよく見かける。

運転席と助手席を行ったり来たりしているワンちゃんを載せているクルマも見かけるが、可愛いからと安易な判断をすることは、重大な危険、事故の要因となりかねない(maru54@Adobe Stock)

 理由(言い訳)はさまざまだろう。小型犬で寂しがり屋だから、飼い主と離れて乗せると吠えるから……など。とはいえ、愛犬を膝の上に乗せて運転すれば、前方視界を遮ることはもちろん、運転に集中できず、急ブレーキを踏んだ時にフロアに飛び落ちてペダル操作に支障をきたすなど、極めて危険な行為になる。それは事故を誘発しかねない。

 では、ニュースにあった逮捕は、どんな根拠で行われたのだろうか。それは、道路交通法第55条2項である。

 そこには、「車両の運転者は、運転者の視野若しくはハンドルその他の装置の操作を妨げ ~中略~ 車両の安定を害することができないこととなるような乗車をさせ、又は積載をして車両を運転してはならない」と明記されている。

 愛犬を膝の上に乗せ(窓から顔を出させる)ているのは、まさしく「運転者の視野若しくはハンドルその他の装置の操作を妨げる行為」に該当する。もし警察官に現認された場合、逮捕もありうるということを知っていただきたい。

 いや、逮捕されるだけで済まないケースもある。以前、知り合いが愛犬を膝の上に乗せ、窓の外に顔を出させて運転中、後方からトラックに勢いよく追突され、その衝撃で犬が窓から外に放り出され、別の後続車に轢かれて命を落とした……という悲惨極まりない事態もありうるのである。

■愛犬だけでなく飼い主も守ることになる正しい載せ方

 そこで、どうしても寂しがり屋の小型犬を、飼い主である運転手の近くにいさせたいというなら、モータ―ジャーナリストにして、ドッグライフプロデューサーとしても活動しているボクの知る限り、世界でほぼ唯一と言える、助手席に安全に小型犬を乗せられるアイテムがある。

 それは、Honda Dogという多くの愛犬家のバイブルともなっているウェブサイトを展開している、ホンダの純正ドッグアクセサリー、Honda Dogシリーズのひとつ「ペットシートプラスわん」だ。以前はブルー一色の展開だったのだが、今ではシックで高級車の室内にもフィットするシックなグレーも用意している。

こちらがホンダが純正アクセサリーとして販売している「ペットシートプラスわん」。小型犬に限られるが、助手席エアバッグとの干渉もなく安全に愛犬を載せることができる

 助手席になんの拘束装置もなしに犬を乗せてはいけないのは、運転手の注意が散漫になるだけでなく、すでに述べたように、万一、エアバッグが展開した時に、犬がダメージを負う危険があるからだ。

 しかし、シートバックとヘッドレストの2カ所でしっかりと固定でき、底の内側2カ所に飛び出し防止用のリードフックを備えている「ペットシートプラスわん」は、エアバッグの展開を避けられる、前側がスラントした形状、デザインになっているのが肝(後席でも使用可能)。

 また、前部、上部、左右にはメッシュの窓があり、風通しがいいだけでなく、愛犬と飼い主のアイコンタクトも容易になる。寂しがり屋の犬でも、不安なく、快適で安全にドライブが楽しめるよう工夫されているのだ。

 中・大型犬の場合は後席、ワゴン、SUV、ミニバンであれば後席だけでなく、ラゲッジルームにも乗せることが可能だが(暑い時期は熱中症の心配があり薦められない)、いずれも、人間であればシートベルトに相当する何らかの拘束装置を使うことが鉄則である。

 ペット先進国、北欧のボルボの一部エステート(ワゴン)、SUVには、純正のドッグゲートなるラゲッジルームに工場装着する、強固なスチールパイプ製のアイテムがあり、また、ボルボ純正ドッグアクセサリーとしてドッグハーネス(シートベルト)も用意されている。

こちらはボルボが設定しているペットアクセサリー「ドッグハーネス」。このハーネスと同時使用する大型犬もOKな「リアシート・ペットカバー(BOXタイプ)」も設定されるなど、ペット先進国のメーカーらしさを感じさせる

 近々、ボクがプロデュース、デザインした、後席に設置するドッグベッドもボルボ純正ドッグアクセサリーとして加わる予定だ。ちなみに、ドッグシートベルトが手に入らない、というなら、犬に胴輪を着用させ、それに短いリードをつなげ、後席ヘッドレストにつないでおくなどの安全対策も考えられる。

 いずれにしても、愛犬をなんの拘束装置も付けずにクルマに乗せるのは危険極まりなく、愛犬を運転手の膝の上に乗せ、窓から大きく顔を出させるような行為は、それこそ道路交通法違反で即、逮捕……というシャレにならない事態を招くので、絶対にやめていただきたい。

 飼い主が逮捕され、いちばん困るのは、飼い主を頼り切っている愛犬!! ということも、お忘れなく!!

【画像ギャラリー】愛犬と安全に快適にドライブを楽しみたい! そんなアナタにお薦めするペット用アクセサリー

最新号

ベストカー最新号

【スクープ!】新型ランクルプラド&ランクル300に新情報|ベストカー12月26日号

ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、ランドクルーザープラドとランドクルーザー300の最新情報をお届け。

カタログ