ロッキーよりライズがバカ売れ!! それでも“本家”ダイハツにメリットはあるのか

 2019年の東京モーターショーで公開後、11月に発売されたダイハツ ロッキーとトヨタ ライズの5ナンバーSUVは、発売同月にライズがいきなり月販台数4位に着ける7484台を売った。ロッキーも、4294台で16位の成績である。

 特にライズは、同じトヨタのSUVであるC-HR(13位)とRAV4(14位)の1.5倍に及ぶ11月の販売台数であり、SUV人気の市場のなかでも、国内において5ナンバー車への期待が大きいことを示している。

 しかもライズは、その後12月に2位、年が明け1~2月はカローラを抜いて1位の販売成績で、その勢いはなお衰えずベスト10を下ることはなく、新型コロナウィルスの影響で販売の落ち込んだ5月にも、ヤリスに次ぐ2位となっている。

 年間を通じた総数では11月からの5か月間と不利であるものの、昨年4月から今年3月までの2019年度実績でさえ、ライズはC-HRに続く17位という猛烈な人気である。

2019年11月~2020年5月のロッキー&ライズの販売台数(日本自動車販売協会連合会データをもとに作成)

 ダイハツのロッキーも負けておらず、2019年度で38位に着けたが、販売台数ではライズの19年度4万8809台に対し、その4割弱の1万9383台にとどまる。

 ただ、トヨタの販売店数が4900店舗に及ぶのに対し、ダイハツは720店舗ほど(代理店を含めると約8300)であるので、販売網の差も考慮する必要があるだろう。

 とはいえ、いずれにしても5ナンバーSUVのロッキー/ライズの好調は、ひときわ目に着く。

文:御堀直嗣、写真:ダイハツ、トヨタ

【画像ギャラリー】ロッキーのオリジナルアクセサリーパッケージをみる


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ